WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界必見|管理職の仕事内容と求められるスキルとは?

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界必見|管理職の仕事内容と求められるスキルとは?

アパレルショップで販売員として働く方のなかには、ショップマネージャー(店長)などの管理職を目指してキャリアアップを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。またはすでに店長として仕事をしていて、その経験を活かして他ブランドへ転職したい方もいらっしゃるかもしれません。アパレル業界では、ショップマネージャーやエリアマネージャーというように、「マネージャー」とつく立場の人が活躍しています。そもそもマネージャーという言葉には、支配人、管理者という意味合いがあり、マネージャーはスタッフや店舗を指揮する立場にあります。アパレル業界の管理職として代表的なショップマネージャーとエリアマネージャーの仕事について、またキャリアアップの方法についてもご紹介します。

アパレル業界のマネージャー(管理職)の代表的な仕事内容を解説

アパレル管理職no.1|アパレルショップマネージャー(店長)の仕事

ショップマネージャーとは店長のことであり、店舗を統括するのが役割です。店長は、自分の店舗を管理し売上を伸ばすという大きな役割を担っています。

具体的な業務内容は、売上の管理やスタッフ育成、販促イベントの企画、本社とのやり取りなど。自ら店頭に立ちながら接客もします。またお客さまからのクレーム対応など、最終的な判断は店長に任されます。

店長の最も重要な仕事の一つが、売り上げの管理です。月ごと、シーズンごとの売り上げを細かく分析し、売り上げを伸ばす方法を考えていきます。お客様の来店を促すイベントの企画や商品の見せ方、お店の雰囲気作りが売り上げを左右します。このような日々の工夫が売り上げに繋がることは、店長のやりがいと言えるのではないでしょうか。

お店を運営していくために、新人スタッフの教育はもちろん、副店長や次期店長となる人材を育成することも店長の大事な役目です。店長は店舗で起こるあらゆる事柄を判断する必要があり、時にはスタッフ間の人間関係を調整する大変な仕事です。しかし、売上が達成できた時の喜びは大きいですし、仕事を通してリーダーシップや経営感覚といったスキルを磨けるでしょう。店長としての経験や実績を積むと、エリアマネージャーや本社勤務の職種へキャリアアップしたり、より魅力のあるブランドへ転職することも可能です。

アパレル管理職no.2|エリアマネージャーの仕事

エリアマネージャーは、担当地域内の複数店舗を指揮する職種で、本社と店舗をつなぐパイプの役割を果たしています。エリアマネージャーの最終的な目標は担当店舗の売上を上げることにあり、そのために綿密なマーケティングを行ったり、販売員に接客の指導をしたりします。また、複数の店舗を同時進行で指揮する高い能力が求められます。

その中でもマーケティングは、シーズンごとにトレンドが移り変わるアパレル業界において大変重要な項目です。エリアマネージャーは、担当エリアの売り上げ目標達成のために、現在の売上や店舗の状況、業界の最新情報を随時チェックします。その後は店長などと打ち合わせを行い、店舗の改善点を探り、販売促進のための戦略を練っていきます。

売上の確認や利益・原価の計算を行うエリアマネージャーには、数字を読み取り管理する能力も求められます。スタッフとのやり取りではコミュニケーション能力やリーダーシップも必要ですし、接客や小売の知識も当然必要になってきます。このように、エリアマネージャーには多くの知識や能力が求められるため、未経験可の求人はほぼないと考えて良いでしょう。エリアマネージャーになるには、店長として実績を積んでステップアップするのが一般的です。

スキル解説|店長・エリアマネージャーに求められるもの

1, マネジメント力

メンバーそれぞれの長所を活かしつつ、チーム全体をまとめて結果につなげるマネジメント力は必須です。販売で培ってきたお客様の心をつかむコミュニケーション力で、メンバーの心もつかみましょう。自身で培った接客・販売スキルをもとにスタッフに指導し、スタッフの力を伸ばす人材育成スキルや、スタッフたちをまとめるリーダーシップがないと店長は務まりません。 

2, コミュニケーション力

店長にとってコミュニケーション力は重要です。店舗スタッフと信頼関係を築くのはもちろん、本社と店とのパイプ役として日々多くの人と関わるからです。また、百貨店やファッションビルなどに入っている店舗の場合、その担当者との信頼関係が、店舗運営を円滑に進めるために重要になるでしょう。

3,数字管理能力

売上や在庫、納期を管理し、責任を持つのもマネージャーとしての役割です。とくに売上においては、お店の予算や個人予算、客数や客単価、顧客(リピーター)売り上げ目標など、いろいろな視点から達成率や数値を検証する力が必要です。

4, 問題解決力

店舗運営をしているとたくさんの問題を店長が引き受け、解決策を見出すことが必要になります。売り上げの伸び悩みやお客様からのクレームなど、日々さまざまな問題が発生するため、店長には素早い決断力と優先順位を考えて問題を解決する力が求められます。

アパレル店長のキャリア

マネージャーになるには

ショップマネージャー(店長)になるために、まず販売スタッフとして、接客と販売スキルをしっかり磨くことが大切です。アパレル販売は、未経験からでもスタートすることができます。またアパレル販売員の仕事は、アパレル業界の入り口であると同時に、消費者であるお客様の声を直接聞くことができる重要な職種でもあるのです。日々の接客や仕事からしっかり学び、接客マナーやコミュニケーションスキル、ファッションセンスや色彩感覚なども磨いておきましょう。店舗での実績を作ることで、副店長や店長、本社スタッフに仕事に対する前向きな姿勢をアピールすることができるでしょう。

また、チームワークの大切さを意識することも大切です。店長になると、スタッフの育成も重要な業務のうちの一つだからです。ショップスタッフのうちからチームワークを意識し、個人としてだけでなく店全体の売り上げ達成のためにできることを考える、そして実行できるようにしておくと自身のキャリアアップにも繋がるでしょう。また売り上げの実績を作り、後輩指導の経験が認められれば昇進のチャンスをつかむこともできるでしょう。

店長として実績を積むと、エリアマネージャーへの道もひらけます。店長経験を活かし、次のステップへ進むことができるのです。さらに店長やエリアマネージャーから本社勤務へとキャリアアップしていく方もいます。

アパレル管理職の転職情報はウィルワークス!

アパレル業界でマネージャーを目指すには、店舗での接客や日々の仕事の積み重ねが大切ですが、経験を積むことで転職によるステップアップも可能な業界です。またアパレル業界での仕事が未経験であっても、他業種でマネージャー経験がある方の求人は豊富にあります。

ご自身のキャリアに悩んでいる方、アパレル業界に興味がある方は、アパレル業界の転職支援を専門とするウィルワークスにご相談ください。ウィルワークスのキャリアカウンセラーが、希望や適性、経験に合った転職先をご提案いたします。

InfomationFF通信 最新コンテンツ