WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレルの事務職として働きたい!職種と必要なスキルとは|転職

アパレルの事務職として働きたい!職種と必要なスキルとは|転職

アパレル業界で転職をお考えの方の中には、「販売ではなく事務職として働いてみたい」「事務職に必要なスキルを知りたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、アパレル・ファッション業界の事務系職種について、業務内容や求められるスキル、求人事情などを詳しくご紹介します。

アパレル業界の主な事務系職種と必要なスキル|転職

まず、アパレル事務系職種の業務内容や求められるスキルについてみていきましょう。

アパレルの事務職①営業事務

倉庫や店舗の商品在庫を管理し、効果的にお客様に届けるためのサポートをする仕事です。ブランド事業部などの営業部門に属し、商品の発注・仕入管理や、店舗や倉庫の在庫管理などを行います。

具体的には、店舗ごとの売れ行きや在庫をチェックして、倉庫から出荷したり、店舗間での在庫移動の指示を行ったりします。さまざまな業務が同時に発生することが多く、繁忙期には店舗ヘルプに出ることも多いため、臨機応変な対応力が求められます。

アパレルの事務職②EC運営

EC運営とは、オンラインショップ運営スタッフのことで、店舗運営に近い業務内容です。 近年ではオンラインショッピングが一般化してきたため、実店舗以上の売上を立てている企業もあり、注目されている部門の一つです。

実店舗と同じく商品の販売や、在庫・売上の管理を行うだけでなく、商品の撮影や消費者からの問い合わせ対応、自社ブログの更新など、さまざまな運営サポートを行います。
パソコンスキルはある方が優遇されますが、ない場合でも商品を販売する部門のため、販売経験がある方が有利な場合があります。

アパレルの事務職③生産・貿易事務

〈生産事務〉
商品をスケジュール通りに納品させ、店舗へ届けるサポートをする仕事です。営業や企画職と、製造部である工場との間に入り、商品を作る際に生じる様々な事務手続きを請け負います。

具体的には、商品を作る工場に対して、納期の設定、品質や原価はどうするかといった指示をおこない、製造ラインが効率的に動くためのサポートを行います。

〈貿易事務〉
海外の商品を扱う貿易部門において、以下のような業務を請け負います。

・倉庫など指定された場所へ商品が届くよう、海運業者や運送業者などへ連絡するなど、輸送手段の確保。

・輸出入を行う際に必要な、輸出・輸入の申請など、通関に関わる業務。

・商品の数や納期等入力作業、自社工場の在庫チェックなどの商品管理。

・商品発注やスケジュール調整、出荷依頼の在庫管理。

・国内外の業者との電話・メール対応。

正確かつ迅速に対応できる事務処理能力と、社内外の人と頻繁に連絡を取り合う仕事のため、コミュニケーション力が求められます。

また、貿易事務の場合、通関などで扱う書類は基本的に英文が多いため、英語(あるいは取引先が多い中国語)などの語学力も求められます。

アパレルの事務職④経理・総務・人事

会社で働く社員たちが、安心して働くための土台を作るのが経理・総務・人事の仕事です。それぞれの業務は以下のようになります。

〈総務〉
会社を運営していくうえで欠かせない業務でありながら、「担当部署がない業務」のすべてが総務の担当領域となります。会社によって業務内容は大きく異なりますが、会社組織に関する業務全般を担当するオールラウンダーです。 備品や建物メンテナンスの管理をはじめ、名刺の発注や社内行事の運営など、他部署とのやり取りの多い部門のため、コミュニケーション力の高さやサービス精神が求められます。

〈経理〉
会社の「お金」に関する業務を担当する部門です。
数字を扱う部門のため、アパレル業界の経験よりも、経理としての職務経験があったり、簿記の資格を持っていたりするほうが有利です。 また、銀行などお堅い企業との取引の多い部門のため、きちんとした電話応対や来客応対が求められます。

〈人事〉
会社の「人」に関する業務を担当する部門です。
採用だけでなく、社内の評価制度や労務・教育関連の業務も行います。
総務同様、他部署や社外の人とのやり取りが多いため、高いコミュニケーション力が求められます。

これらの部門は、商品や売上げに直接関わる機会は少ないですが、自社商品を消費者に届けるための大きなサポート役になっています。他の業界と共通する業務も多いため、アパレル業界未経験の場合でも、事務経験があると有利といえます。

転職でアパレルの事務職として働くには?|求人情報

ここまでご紹介したアパレル事務ですが、実は求人数が他職種に比べてとても少ないのが実情です。というのも社内で事務職を希望する販売員も多いため、社内異動などで埋まってしまうことが少なくないからです。特にアパレル企業の本部は少数精鋭で動いていることが多く、即戦力を求めているため、経験者を希望する場合が多いのも現実です。もし販売経験がある場合は、一度販売員として応募し、その後キャリアチェンジを図るべく会社に相談してみるという道もあります。

なかでもEC運営関連の仕事は、各企業が規模を拡大しており、求人も増えているため狙いめです。近年では、ネットショップの運営を行うEC運営関連の求人が増えています。EC運営とは、『インターネット通販サイト』の運営のことです。商品撮影などEC運営ならではの業務もありますが、在庫管理や売り上げ管理、お客様対応など実店舗の運営と共通している仕事内容も多いです。


アパレル事務は未経験者可能な求人もありますが、転職の場合は事務職の経験者やアパレル業界の経験者が優遇されます。特に経理や人事などは、応募資格に“実務経験者”と定めている傾向があります。未経験で転職される場合は、事務職の仕事内容を考慮してエクセルやワードなど最低限のPCスキルを習得しておきましょう。応募する際は、その企業について理解を深め、仕事内容を把握するなど事前に準備しておくと、面接にも落ち着いて臨めるでしょう。

アパレルの事務職として働きたい!転職エージェントに登録

アパレル業界の事務職は、公開求人よりも非公開求人の方が多く出ている可能性が高いので、転職エージェントを利用して本格的に探してみることをおすすめします。アパレル業界に特化したエージェントに登録することで、希望や適性に合った転職先探しがスムーズに進むでしょう。また、求人の提案はもちろん、キャリア相談や転職先企業の情報提供、待遇面の交渉や面談調整などを代理で調整してくれるなど、転職経験がない方や忙しい方にとっても、心強いサポーター的存在と言えます。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」

情報が溢れる今の時代、たくさんのアパレル求人の中からご自身に合う企業をどう探したら良いか、困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。「事務職として働きたい」などの希望や、「自分に合った企業を教えてほしい」といった質問など、ウィルワークスのコンサルタントにぜひご相談ください。アパレル業界の転職に精通したコンサルタントが、丁寧に対応いたします。(入社までのサポートはすべて無料です。)ウィルワークスでは、それぞれのブランドが大事にしていることや、求める人物像を詳細に把握しています。相談者の経験、強み、めざすキャリアをふまえ、最適と考えられる企業やブランドを提案させていただきます。またウィルワークスでは、多くの非公開求人情報もご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案し、転職活動をサポートいたします。

WILLWORKSウィルワークス 無料転職相談は右上のメニューボタンから!

WILLWORKS0186

関連記事の新着