WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル・ファッション業界・職種別適性チェック【販売職編】

Articleファッション仕事NEWS

アパレル・ファッション業界・職種別適性チェック【販売職編】

アパレル・ファッション業界には、さまざまな職種があります。転職という大きな決断をする前に、自分に適性があるのか、どのようなスキルが求められるのかをチェックしておきたいですね。この記事では、ショップ店員や店長といった販売系のお仕事の適性についてご紹介します。

販売職とは?

アパレルショップの店頭に立ち、お客様の相談に乗りながら、服やカバンといったファッションアイテムを売る仕事。企業の売上の最前線として活躍します。

どのようなスキルが求められる?

身近なショップ店員ですが、さまざまなスキルが必要です。ポイント別に、詳しく見ていきましょう。

ファッションが好き!

販売職に限らず、アパレル・ファッション業界で活躍するなら、絶対に必要な要素です。お客様に購入してもらうためには、まず自分が商品を好きになり、興味を持つことが大事。その気持ちががあれば、自然に商品知識が身に付き、接客時のトークも説得力が増してきます。

ファッションセンスがある

多くのブランドでは、店員が自社の服を身に着けて接客します。つまり、お客様にとって最も身近なファッションの見本は、店員です。旬のアイテムを素敵に着こなしていたり、流行に合わせたコーディネートをしていたりすると、お客様から「この店員さんから買いたい!」と思ってもらえます。

体形や背の高さを気にして、販売職への一歩を踏み出せない人も多くいますが、大事なのは清潔感と基本的な身だしなみです。さらに、自分が弱点だと思っている部分を、ファッションの力でカバーするコツやコーディネートを紹介できたりすると、弱みが強みに変わります。同じような悩みをお持ちのお客様に喜ばれる接客ができるでしょう。

また、店内の目立つところに配置されているマネキン。このコーディネートも、店員が行うのが一般的です。流行をふまえつつ、ブランドの魅力を最大限活かしたコーディネートをすることで、売上につながります。

ファッションセンスに自信がない方でも、流行を敏感に感じ取り、センスを磨き続ける努力があれば問題なし。経験を積めば、自然にファッションセンスが身についていきます。また、入社後に先輩からポイントを教えてもらうのもいいでしょう。

コミュニケーション力が高い

店舗によって差がありますが、常連客よりも初めてのお客様に声をかける機会の方が多いはずです。「どんなお客様でも、気軽に笑顔で話しかけられる」「人と話すのが好き」という方は販売員の適性があります。

また、お客様の購入スタイルもさまざまです。店員と相談しながら決めたい人もいれば、じっくり自分で考えたい人もいます。店員としては、積極的に声をかけたいところですが、望まない接客をするのはNG。それぞれのお客様の様子を観察し、柔軟に対応する高いコミュニケーション力が求められます。

記憶力がいい

以前来店した方の購入したアイテムやお話の内容を覚えていて、その後の着心地はいかがですか?と聞いたり、関連したアイテムを提案したりできると、お客様からの信頼度はぐんとアップ。常連のお客様になっていただける可能性が高まります。

最近はインターネット上での口コミも重要です。いい評判が増えれば、初めてのお客様に足を運んでもらえるようになり、店舗の売上もアップします。記憶力に自信がない場合でも、接客した内容をこまめにメモするなどの努力でカバーしたいものです。

切り替えが早い

毎日、多くのお客様に対応していると、全てが気持ちのいい接客とは限りません。中にはどうしても苦手な方や、難しいことをオーダーする方もいらっしゃいます。店舗の不手際でお客様に謝罪をしなければいけない場合もあるでしょう。

しかしこれらは、次のお客様には関係ないことですので、いつまでもネガティブな感情を引きずっていてはいけません。反省し次に活かすことを考えつつ、すぐに笑顔で接客できる切り替えの早さが求められます。

視野が広い

店内で困っているお客様がいないか、店員がいないスペースがないか、陳列が乱れていないか、など常に店内を見渡す視野の広さも求められます。将来的に店長をめざすなら、店舗経営や従業員管理の力を伸ばすためにも、積極的に強化したいスキルです。

向上心がある

ショップ店員は自社の顔。営業の最前線であり、企業全体の売上にも大きく貢献します。店員がアイテムを魅力的に見せ、豊富な知識やセンスを武器に接客するからこそ、お客様は購入していきます。常に、接客のスキルやファッションセンスを磨き続け、貪欲に売上を追求していく向上心を持っている人は向いていると言えます。

体力がある

店舗の営業時間が長いことが多いため、早番、遅番などシフトを組んで勤務する場合がほとんどです。特に、店舗の営業時間が遅い場合、遅番だと帰宅が深夜になることも。また、基本的に立ち仕事になりますので、体力に自信があるひとのほうが有利です。

身近なショップ店員ですが、想像以上にさまざまなスキルや資質が求められることに驚いた方もいるかもしれません。しかし、いずれもファッションが好き!という熱意があれば、少しずつ強化できるものばかりです。販売職は、未経験可の求人も多く、アパレル・ファッション業界で活躍する第一歩としておすすめの仕事です。

不安があれば、ウィルワークスのキャリアカウンセラーにお気軽にご相談ください。やりたいこと、求める条件、自分の将来像などをお聞きして、あなたにぴったりの求人をご紹介します!

InfomationFF通信 最新コンテンツ