WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • 男性がメンズブランドでお仕事するには?❘求人情報

男性がメンズブランドでお仕事するには?❘求人情報

アパレルのメンズブランドへ転職をお考えの方のなかには、「好きなショップの求人が募集されていない」「アパレル販売員として長く働けるのだろうか」と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。アパレルのメンズショップはレディースの店舗に比べて少ないため、求人数も少ないのが現状です。しかし、メンズブランドの求人も一定数出ており、洋服の販売に限らず広い視野で求人探しをすることで、チャンスは広がります。また販売員として実績を積み、キャリアアップができれば、同じ会社で長く働く事も可能な業界です。今回は、メンズブランドでの販売に必要なスキルや、本社勤務の職種についてもご紹介します。

メンズブランドの販売に必要なスキル|アパレル転職

ビジネスシーンやフォーマルに対応できる知識

メンズブランドの販売では、ビジネスや、冠婚葬祭などのフォーマルな場面での常識や知識を身に付けておくと、説得力のあるアドバイスができるようになります。実際にメンズショップには、目的をもって来店されるお客様が多くいらっしゃいます。お客様のニーズに的確に応えられるよう、商品知識以外にもアパレル関連の専門的な知識を身に付けておく必要があります。

幅広い話題に対応できる会話力

男性のお客さまを対応するメンズショップでは、アパレルに関してだけではない幅広い知識や会話力が必要です。メンズのファッション情報はもちろんですが、社会情勢やビジネスにまつわる話、車やスポーツといった趣味関連の会話をする場合もあります。アパレル業界以外にも、お客さまとの会話に必要な媒体のチェックなど、日々学ぶ姿勢が大切です。

より専門性のある資格

メンズブランドの販売員として長く働くことを希望している方は、専門性をアピールできる資格を取得することもおすすめです。メンズアパレルには、スーツやドレスシューズといった専門的な知識を必要とするアイテムが多数あります。

□メンズアパレルの販売に役立つ資格①『接客販売技能検定』

試験は、学科試験と実技試験で実施され、レディース /メンズファッション販売、ギフト販売の3作業、それぞれ1級、2級、3級の3つの等級があります。試験に合格すると作業や等級に応じ、「接客販売技能士」の称号が付与される国家検定資格です。その中でメンズファッション販売の科目は、紳士服の接客・販売において、お客様の体型にフィットし着心地良く、更に美しく装っていただくためのスタイリングのアドバイスができる知識及びスキルを評価する資格です。

接客販売技能検定:https://www.hanbai-kentei.jp/about

□メンズアパレルの販売に役立つ資格②『ファッションビジネス能力検定』

ファッションをビジネスと結びつけて考えられる人材育成のため、ファッション、マーケティング戦略、会計等の全体的な技能・知識を問う検定資格です。商品の企画や生産、流通にわたる業務を遂行する際に必要なスキルの向上を目指すことができます。

日本ファッション教育振興協会:https://www.fashion-edu.jp/bis/

□メンズアパレルの販売に役立つ資格③『ウォッチコーディネーター』

時計は精密機械であると同時に、直接身に纏う装身具であり、ステータスシンボルともなり得るアイテムです。時計の販売に関する豊富な専門知識を備え、適切な接客対応で提案することのできる時計販売のプロフェッショナルを育成するための資格検定です。

ウォッチコーディネーター資格検定:http://www.tokei.or.jp/cwc/index.html

□メンズアパレルの販売に役立つ資格④『シューフィッター』

足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、お客様の足に正しくあった靴を提案するシューフィッテイングの専門家のことです。

メンズブランド本社勤務の職種と必要なスキル|アパレル転職

アパレル業界では、販売員として経験を積み、本社業務に異動するというケースが多くあります。また、将来的にどうなりたいかというキャリアプランをイメージしておくことが転職の際にとても重要になります。ここでは、代表的な本社勤務の職種と必要なスキルについてご紹介します。

■MD(マーチャンダイザー):商品の企画から販売までを取り仕切る重要なポジションです。高度なマーケティングスキル、生産管理や販売管理など専門性が高い仕事のため、アパレルメーカーやファッションブランド、百貨店などで経験を積んでから配置されることが一般的です。

■プレス:広報・宣伝担当としてブランドや商品のイメージアップや認知拡大を目指す仕事です。様々な媒体を通しブランドの商品や店舗のPRをします。店舗経験のほか、広告業界や別業種の広報担当として培ったマーケティングやPRの知識、経験は重宝されます。

■バイヤー:商品の買い付けをメインに行う仕事です。センスの良さだけではなく、消費者の動向を知るためには情報収集力が必須です。

■営業:メーカーなどに勤務し、自社の標品を百貨店やアパレルショップなどへ営業販売をする仕事。高いコミュニケーション能力や数字管理能力が求められます。また営業職は、異業種から転職をしやすいのが特徴的です。

■生産管理:デザインが決定した商品の生産する量や素材、価格、納期などの工程をまとめて管理する仕事です。生産ラインだけに限らず、材料や在庫の状況などにまで気を配りながら全体の指揮をとっていきます。生産に関わる知識のほか、社内外の人と連携をとり、業務を円滑に進めるためのコミュニケーション能力も必須です。

■EC:主にECサイトの管理・運営業務を行います。具体的には、企画、商品のバイイング、サイトに掲載する商品の撮影、写真の修正・加工、商品の登録、在庫管理、商品発送、売り上げの管理・分析、メールマガジン送信などです。その他、SNSを利用している場合は、その運営も行う担当します。Web関連の知識の他、WordやExcelなどのPCスキルやリサーチ力、分析力が必要です。

メンズブランドの求人探しのポイント

数ある求人からどう選んだらよいかわからない…という方は、特定のブランドに絞らずに、複数のブランドを展開している企業を探してみるのがおすすめです。様々な年齢層をターゲットとしたブランドがグループ内にあれば、年齢に応じてブランドを変えていく事が可能です。今後のキャリアアップも踏まえて、長く働ける会社かどうかも求人探しのポイントといえるでしょう。

また、洋服だけにこだわらず、取り扱う商材を変えるという方法もあります。靴や、時計、宝飾ブランドや海外ブランドなど、アパレル業界と一口に言っても商材は様々です。経験を重ねるごとに興味をもつ分野が変わることもあるので、幅広い視点で求人探しをすると良いでしょう。

メンズブランドで働きたい方は転職エージェントに登録❘アパレル転職

メンズブランドで働きたいけれど、求人探しに苦戦しているという方は、アパレル業界の求人を専門に扱う転職エージェントに相談することをおすすめします。転職活動では、いかに業界の情報を掴むかということがカギとなります。個人で収集できる情報には上限がありますので、アパレル業界の転職のプロである転職エージェントに登録することが転職成功の近道です。コンサルタントとの無料面談やメール等で、不安や疑問を解消し、ご自身の希望や適性に合わせた転職先を見つけることが可能になります。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」

アパレル業界の転職に特化した転職エージェント「WILLWORKS」では、メンズブランドや時計、家具、眼鏡などの非公開求人情報もご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案し、転職活動をサポートいたします。

無料転職相談は右上のメニューボタンから!

WILLWORKS0125

この記事に関連する求人はコチラ

関連記事の新着