WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • ラグジュアリーブランドの魅力|DELVAUX, 世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾンの「一生物」にふさわしいハンドバッグ(デルヴォー)

ラグジュアリーブランドの魅力|DELVAUX, 世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾンの「一生物」にふさわしいハンドバッグ(デルヴォー)

DELVAUX

1829年、ベルギーが独立する1年前に創業した世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン、DELVAUX(デルヴォー)。1883年にはベルギー王室御用達に認定された、由緒正しきメゾンです。ベルギーのロイヤルファミリーからファッションインフルエンサーまで、幅広い愛用者をもつデルヴォーのハンドバッグ。確かな品質に加えて、実用性とクリエイティブなアート性を備えたものづくりが、人々を惹きつける理由といえるでしょう。今回はデルヴォーのバッグの魅力についてご紹介していきます。

ベルギーで創業した世界最古のラグジュアリーレザーブランド

トランク職人が作った実用性を兼ね備えたエレガントなレザーハンドバッグ

トランク職人のシャルル・デルヴォーによって、1829年にブリュッセルで創立されたDELVAUX(デルヴォー)。シャルル・デルヴォ―がブリュッセルにトランクなどの旅行用品のお店を開店したことが始まりです。エルメスやティファニーですら1837年、ルイ・ヴィトンやバーバリー、ロエベ、ゴヤールなども1840年以降の創業なので、世界最古の高級レザーブランドと言われています。 ブランドとして大きな転機を迎えたのは1870年以降からで、当時ベルギーには世界最大の鉄道網が敷かれていたこともあり、先見性のあったシャルル・デルヴォーは「旅行がもたらす改革」が訪れることを予見し、旅行の際に貴重品を手元に置いておきたい女性のためのハンドバッグを開発しました。 1883年にはベルギー国王のレオポルド2世からベルギー王室御用達という栄誉を与えられ、1908年には最初期のハンドバッグの意匠登録を行っています。実用性を備えたエレガントなバッグとして特許の取得以降、デルヴォーは「現代におけるハンドバッグの発明者」としての地位を確立しました。

(参照: DELVAUX, The Oldest Fine Leather Goods House in the World, https://us.delvaux.com/en/since-1829)

シーズンごとにコレクションを発表することで飛躍した知名度

1933年にデルヴォー家の最後の1人であったエドモンド・デルヴォーから、革製品の経験すらなかった農業技師のフランツ・シュワニックに引き継いでから、オートクチュールの考え方を取り入れたシーズンごとのコレクション発表という当時としては画期的な新しいコンセプトを打ち出していきました。 今もなおデルヴォーの代表作として定番バッグとなっている「Le Brillant(ブリヨン)」は1958年のブリュッセル万国博覧会のために制作されたもので、はじめてブランドロゴ(Dのバックル)を打ち出した作品ともなっています。この他にも1968年には、現在も定番として人気となっている「Le Tempete(タンペート)」が生み出されました。 フランツ・シュワニックは1970年に亡くなるのですが、その後も妻のソランジュがその精神を引き継ぎ、「Le Madame(マダム)」、「Le Pin(パン)」などのレザーグッズの歴史に名を遺すような名作バッグを作り続けました。そして、世界展開を推し進め、ベルギーブランドからグローバルブランドとして世界から認知されていったのです。

(参照: DELVAUX, The Oldest Fine Leather Goods House in the World, https://us.delvaux.com/en/since-1829)

投資会社による買収で更なるグローバルなラグジュアリーブランドへ

2009年にアーティスティック・ディレクターとしてヴェロニク・ブランキーノを迎えていましたが、2011年には退任しています。その背景には2011年に香港を拠点とするFung Groupの投資会社First Heritage Brandsがデルヴォーを買収したことが関係しています。 この買収によってデルヴォーは本当の意味でグローバルブランドへと成長していきました。2014年にメンズバッグコレクションが発表され、東京、パリ、ロンドンにフラッグシップ店をオープンし、一気に店舗展開を加速させたのです。200年近い歴史を持つブランドですが、日本で名前を聞くようになったのもここ数年のことで本格的なグローバル展開が始まってからです。 現在に至るまでニューヨーク、ローマ、ミラノ、香港など次々と世界中に店舗を拡大し、50店舗近い直営店をオープンしています。売上高は2011年のFirst Heritage Brandsの買収以降で、10年ほどの間で10倍にまで拡大したのです。 

(参照: DELVAUX, The Oldest Fine Leather Goods House in the World, https://us.delvaux.com/en/since-1829)

デルボー

DELVAUX(デルヴォー)のハンドバッグが一生物なワケ

職人によって丁寧に仕上げられている

レザーの品質に至っては、エルメスも認めるほどの品質で、妥協を許さないクラフトマンシップによって熟練の職人が丁寧にひとつひとつバッグを創り出していきます。下請け工場も使わない、自社職人が手作りにこだわり、完成品にその職人のネームを入れます。圧倒的な品質から醸し出されるのは気品であり、格式であり、伝統であり、ベルギー王室から御用達にされるほどの至高のエレガンスを脈々と受け継いでいるといえます。

(参照: THE BRANDER, Delvaux – a brand that predates its homeland, https://www.thebrander.com/en/fashion/delvaux)

クラシックなバッグに前衛的なデザイン

デルヴォーの紡ぎだすデザインというのは、基本的にはミニマルなシンプルデザインです。無駄を極力省いたような機能美的なデザインは、使い勝手もいいですし長く使い続けられる安定感があります。 ただそれだけでは終わらず、シュルレアリスムのスピリットに基づいたベルギーらしさがあり、既成概念に捉われないようなユニークなデザインやカラーコーデが飛び出してきます。 マグリット財団とのコラボレーションによる前衛的なデザインはまさにその代表的な作品ですが、それだけではなく近未来的な素材使いやグラフィティアートとの組み合わせ、ネオンカラーを使った先進的なカラーパレット、アートな刺繍などザ・ベーシックともいえるバッグに対して遊び心のエッセンスをふんだんに加えた独自性の高いコレクションを展開しています。

(参照: THE BRANDER, Delvaux – a brand that predates its homeland, https://www.thebrander.com/en/fashion/delvaux)

ブランドの名前を押し出さないデザイン

デルヴォーのハンドバッグは、ブランドロゴを全面に出したデザインを採用していません。エルメスやヴァレクストラがそうであるように、デルヴォーもブランドロゴの力ではなく、本物の品質を持ったバッグを作ることでブランドアイデンティティを確立しているのです。 実際にはシグネチャーとして頭文字「D」のメタルパーツを使っていたりもしますが、強調しているところはなく、デザインの一部として溶け込んでいるので、デルヴォーを知らなければ気づくこともないようなデザインになっています。 ロゴがないことによって本質的なデザインやレザーの美しさがにじみ出て、バッグ本来の魅力が際立っています。また、流行り廃りに流されないので、一生モノのバッグとして末永く付き合っていけるのです。 

(参照: THE BRANDER, Delvaux – a brand that predates its homeland, https://www.thebrander.com/en/fashion/delvaux)

アパレル転職

DELVAUX(デルヴォー)のアート性と遊び心を備えた物づくり

「Miniatures」高級レザーと職人の技術を生かしたデルヴォーの遊び心あふれる名品バッグ

ミニチュアサイズながら個性あふれるチャーム「Miniatures」は、1958 年に誕生したデルヴォーを代表するバッグ、「Le Brillant(ブリヨン)」のミニチュアバージョンです。スクリーンプリント、エンボス加工、UV シルクスクリーンなど、高度な技術を生かして作られた Miniatures には、それぞれの物語があります。デルヴォーの思いを詩的に表現した Miniatures は、la Maison ならではの職人技と斬新なスタイルを見事に体現しています。Miniatures は、身に着けたり、バッグに飾ったりする他にも、アート作品としてコレクションしている人もいるほどです。実際にデルヴォーはこのバッグを、”今だからこそ大切にしたい「オープンな心」を表現したポケットサイズのアート”と表現しています。

DELVAUX(デルヴォー)のシュルレアリスムの精神を表現した「マグリットコレクション」

デルヴォーはベルギーのブランドであり、そのためシュルレアリスムの精神をもってモノづくりにあたっています。 ヌネ・マグリット財団とのコラボレーションは、20世紀のシュルレアリスムの巨匠である画家ヌネ・マグリットの作品とデルヴォーの代表作をユーモア溢れる世界観でミックスし、「マグリットコレクション」として発表されました。ルネ・マグリットの代表作である「ゴルコンタ」、「恋人たち」、「山高帽の男」、「約束」などをウィットに富んだセンスでバッグと融合させています。 エッジの効いたデザインばかりなのですが、シックなブラックカラーのブリヨンがフラップを開けるとそこには青空が広がっているという仕掛けがあるものや、バッグのフロントに「ceci n’est pas un Delvaux」(これはデルヴォーではありません)というエスプリの効いた皮肉が書かれていたりします。ルネ・マグリットの世界観をギリギリまで攻めて再現した、遊び心あるコレクションとなっています。

ミュージアムを超えたミュージアム「Musée Delvaux (ミュゼ デルヴォー)」

ベルギーの首都ブリュッセル。街はずれの住宅地に、以前は軍隊の兵器庫として使われていた煉瓦造りの歴史建造物があります。その一角を占めるのがデルヴォーの本社とアトリエ、そしてこの場所に2019年にデルヴォーの美術館「Musée Delvaux (ミュゼ デルヴォー)」がオープンしました。デルヴォーは、ベルギーカルチャーを象徴する存在として、展示をとおしてブランドの卓越性とクリエイティビティを巧みに表現しています。過去の歴史よりも現在進行形のストーリーに焦点を当て、気ままにブランドを体感し、探索することのできる場所になっています。展示のクライマックスでは、55種類に上るデルヴォーの歴代のハンドバッグたちを見ることもできます。またハンドバッグだけでなく、デルヴォーの高いノウハウ、魅力的な歴史、生まれ変わる伝統、ビジョンあふれるデザイン、インスヒピレーションに満ちたエレガンス、そしてユーモラスな魅力を感じることができるのがミュージアムを超えたミュージアム「Musée Delvaux (ミュゼ デルヴォー)」なのです。

(参照:DELVAUX, ミュージアムを超えたミュージアム, https://delvaux2.imgix.net/press/files/DELVAUX_Museum_JP.pdf)

WILLWORKS0142

関連記事の新着