WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレル業界の人気のお仕事「広報」を解説|アパレル転職情報

アパレル業界の人気のお仕事「広報」を解説|アパレル転職情報

アパレルの広報

企業の広報のお仕事は、アパレル業界の転職市場でも人気の職種です。広報は、アパレル業界ではプレスと呼ばれることもあります。企業の窓口としてマスコミ対応やプレスリリースなどを行い、企業と消費者を結びつける、いわばブランドの顔となる役割を果たします。この記事では、アパレル業界の広報の具体的な仕事内容、やりがいや苦労、転職方法などをご紹介していきます。

アパレル業界の広報の仕事内容とは?

1. プレスリリース|アパレル広報

プレスリリースとは、企業がメディアに対して発表するものです。新商品の発売やイベントのお知らせなどのトピックについて、要点をまとめてマスメディアに送付します。また、新商品カタログなどの撮影に立ち会うこともあります。しかし、その新商品やイベントのニュースをメディアが必ず取り上げるとは限りません。積極的な情報発信や業界の動向チェック、さらに記者の興味を引く文章を練り、メディアに注目されるよう工夫を重ねる必要があります。

2. 取材対応|アパレル広報

企業の窓口となり、マスコミの取材依頼を受ける仕事です。取材の可否を判断したのち、必要であれば取材対象者の選定や資料の準備を行います。特に新作展示会やコレクション発表の時期に取材依頼が多くなります。取材当日はマスコミに同行し、企業理念やブランディングに沿った新商品の情報を発信するため、適切なサポートを行います。取材対応はスピードが命のため、迅速な対応が求められます。

3. 危機管理・トラブル対応|アパレル広報

危機管理(リスクマネジメント)やトラブル対応もアパレルの広報の仕事です。商品の不具合などが見つかった場合には、商品回収の対応や謝罪文の作成などを行います。迅速な対処によって被害を最小限に食い止め、ブランドイメージの低下をできるだけ防ぐことが大切です。偽装問題や個人情報の流出事件などが騒がれる現代、危機管理も広報に期待される役割です。

4. デジタルメディアの運営・管理|アパレル広報

広報が企業ウェブサイトやSNSの運営を担当することもあります。コーポレートサイトやブランドのSNSの更新によって、積極的な情報発信を行います。メディアリテラシーはもちろん、SNSを活用するためのマーケティング視点や分析力、さらに炎上を防ぐためのリスクマネジメントに関する知識も必要です。

5. 展示会やショーの企画 |アパレル広報

シーズンごとに行われる展示会やファッションショーの企画や運営も行います。多くのアパレル業界の関係者やメディアに披露する機会なので、どんなPR方法を行うかを考えるのも広報の腕の見せ所です。

広報の転職

アパレル広報のやりがい❘転職情報

アパレル広報のやりがい1. 仕事の成果を直接的に感じることができる

アパレル広報の仕事には、自分が発信した情報がテレビやSNSで紹介されるなど、世の中に影響を与える醍醐味があります。企画したプロモーションがヒットすれば売上があがり、手ごたえを感じることができます。

アパレル広報のやりがい2. アパレル業界に限らず、色々な人脈を築くことができる

自社の商品をPRしてもらうために、様々な業界の影響力のある人と接することが多いのが、アパレル広報の仕事の特徴です。そのため、日々の仕事を通じて人脈を築いていくのもアパレル広報の重要な仕事なのです。普段の生活ではなかなか知り合う機会のない著名人や様々な職業の人に出会い、感性を磨くチャンスがあります。

アパレル広報のやりがい3. 常に最先端のトレンドの中で仕事ができる

アパレル業界の最新トレンドや動向を把握して、どのように商品をPRするべきかを考えるのがアパレル広報の仕事です。おしゃれなものや流行に敏感になり、常に最先端のトレンドのファッションに囲まれて働くことで、センスや創造力も磨かれるでしょう。

アパレル広報の苦労 ❘転職情報

アパレル広報の苦労1. ミスが許されないシビアな世界

華やかな表舞台に立ち、自社ブランドをプレゼンする仕事は大きなやりがいがある分、責任重大でちょっとしたミスも許されないシビアな世界であることを忘れはいけません。アパレル広報が発信した内容をもとに、雑誌の編集者やメディアがブランドイメージやコンセプトを誤って解釈をしてしまうと、売り上げに大きく影響しブランドのイメージダウンに発展する可能性があるからです。

アパレル広報の苦労2. 表からは見えにくい裏方仕事も実は多い

アパレル広報は展示会や雑誌の撮影に立ち会うこともあります。作業をスムーズに進めるためには、万全の準備が欠かせません。特にアシスタントの間は、商品やサンプル管理、雑誌掲載原稿の誤字・脱字チェック、商品撮影の手配など細かい仕事が多くなります。細かい作業を地道にこなしていく根気が必要になります。

アパレル広報の苦労3. 体力的、精神的な強さが求められる

アパレル広報の仕事で大変なことは、いつでもブランドの顔として人から見られているという意識のなか、忙しいときでも笑顔を忘れずに正しいマナーをもつ社交的な姿勢で人と接しなければならないことです。また、展示会やイベントのあるときは土日に出勤する場合もあり、体力を求められるシーンが多くあります。繁忙期には、休日が不定期になることも覚悟しておくと良いでしょう。このようなことからも、体力的にも精神的にも強い意志を持つ強靭な人でないと広報の仕事は務まりません。

プレスの転職

アパレル業界で広報に転職するには?

1. 販売員や営業、商品企画からのキャリアチェンジ |アパレル広報

まずはアパレル業界の企業に入り、そこからキャリアチェンジをしていく方法です。入ったあとはアパレル広報の人との繋がりを持つことや、上司などに将来的に広報に行きたいことを伝えておくことが重要です。

2. 別業界の広報職から転職 |アパレル広報

広報は専門性のとても高い仕事なので、たとえ別業界であっても経験者は高く評価されます。他業種の場合であったとしても広報に関しては活かせることも多くあるので、まずはどんな業界でも良いので広報職に就く、というのもアパレル業界の広報に転職するための一つの方法です。

3. ファッション雑誌から転職 |アパレル広報

別業界の広報職からの転職と同じように多いのが、ファッション雑誌の編集者やライターからのアパレル広報への転職です。このルートはアパレル業界に精通しているということ、業界の中で人脈を築いていることが広報として大きな強みとなります。

アパレル広報に向いている人とは?

人をまとめるのが得意な人|アパレル広報

広報はテレビや雑誌といったマスコミへの対応や、展示会やファッションショーの運営など、多くの人と接することが多いため、人をまとめるのが上手な人ほど向いているでしょう。また、ブランドの顔として表にたつ職種のため、マナーや身だしなみにも注意が必要です。

プレゼン能力が高い人|アパレル広報

アパレル広報の仕事は、ブランドのイメージやコンセプトに沿った露出ができるかが大切になってきます。間違ったイメージで紹介されてしまうと、ブランドのイメージダウンにもつながってしまうため、簡潔に的確な説明ができるプレゼン能力が問われます。

斬新なアイディアを提案する発想力や行動力がある人|アパレル広報

お金をかければ誰でもある程度のPRを行うことはできます。広報はいかにコストを低くおさえ、露出することができるかが重要になってきます。新作発表時にマスコミやメディアに送るプレスリリースひとつにしても、目に止まるよう工夫することや、注目されるようなメディアに情報を出せるかなど発想力が必要になってきます。また、人脈作りもとても大切です。足を運んで影響力のある人と繋がり、自社や商品をアピールする機会を作れるかがとても重要です。

まとめ

華やかでオシャレなイメージの強いアパレル業界の広報の仕事は、実は裏方での仕事も多く、更にいろいろな知識やスキルが求められるため過酷な面もあります。しかし、様々な業界や職種の人と関わることができ、また展示会やショーなどを作り上げ、外部へ情報を発信できるのは広報の仕事の大きなやりがいと言えるでしょう。

広報を含め、求人数や募集定員の少ないアパレル専門職の転職には、まず業界の情報を積極的に収集することが重要です。転職の際は、アパレル業界に特化した転職エージェントに相談することが成功のポイントです。まずはプロのコンサルタントに相談してみましょう。転職に関する知識はもちろん、現在の募集状況や、あなたの強みを活かせるお仕事をプロの視点で提案してくれます。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」では、アパレル広報職の非公開求人情報もご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案します。

WILLWORKSウィルワークス 無料転職相談 https://www.willworks-search.com/

WILLWORKS0116

関連記事の新着