WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレル販売から転職するならオススメのお仕事6選

アパレル販売から転職するならオススメのお仕事6選

転職を考えているアパレル業界の販売職の方の中には、アパレル業界内で転職先を探そうか、他の業種、職種に目を向けるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、アパレル販売職から転職するのにおすすめの仕事をアパレル業界内と業界外からご紹介します。また、転職を成功させるためのポイントも掲載していますのでぜひ最後までお読みください!

アパレル販売から転職

アパレル販売から転職するなら!おすすめの仕事6選

1. 他ブランドのアパレル販売職|アパレル販売職から転職

アパレル販売職からの転職を考える場合にまずおすすめなのが、アパレル業界のほかのブランドや企業に転職し、前職での経験を最大限に活かして販売員・マネージャーとして仕事を始める方法です。ほかのブランドであれば、待遇、給与、ブランドの雰囲気や販売手法、お店の雰囲気やスタッフの雰囲気なども大きく異なります。そのため、以前の職場で感じていた悩みが自然と解決することもあります。また、すでに有名ブランドに勤めている人であれば、中小規模のブランドのマネージャーへキャリアアップすることも可能です。今の仕事から「接客業として再スタートしたい」と考えているのであれば、アパレル業界内で転職先を探すのがおすすめです。

2. アパレルメーカーの企画やマーケティング職|アパレル販売職から転職

アパレル業界の販売職からアパレル業界内で違う職種に転職を目指す場合におすすめなのが、アパレルメーカーの企画やマーケティング職です。アパレル販売員として培ってきたスキルや経験があれば、服の生地の性質や流行、店舗での在庫の出入りなどが感覚的にも鍛えられているので、企画提案といった部分では活躍できる可能性があります。もちろん、それまでの経験以外にも専門知識が必要となるので、アパレル関連の資格を取っておくと、より採用される確率が高くなるでしょう。また、販売職のみの実績で専門職での転職は難しい場合も多いので、正社員を前提とした契約社員の募集もチェックをしたり、アシスタントの募集をチェックしてみたりするとより早く転職が決まる可能性があります。

3. アパレル業界以外の販売職|アパレル販売職から転職

アパレル業界の外にも目を向けてみたいけれど、「販売」の仕事自体は好きな方も多いでしょう。販売員という職種は、商品やサービスを提供するどの業界にも存在し、アパレル業界での経験を活かしやすいというメリットがあります。アパレル業界外の販売員、特に化粧品やバッグなどの販売では「正社員」での雇用が多く、将来性やプライベートを確保しやすい特徴があります。気をつけなければならないのが、ある一定の常識や知識・品性といったことが重要視されるため、勉強や努力するジャンルがアパレル業界とは異なることを理解しておく必要があるでしょう。

4. 事務職|アパレル販売職から転職

アパレル業界の販売職からの転職者のうち、最も人気のある職種は事務職です。事務職は、イメージ通り社内でのコミュニケーションや事務作業、来客応対が主な仕事になります。よって、販売職のようなお客様に対する接客・提案とは違う業務内容です。「事務職が好き」「お客様からのクレーム対応のストレスで疲弊している」、そう感じている方は、事務職への転職をおすすめします。出産・育児などで休職することになっても、勤務時間帯や勤務する曜日という点では復職がしやすい職種ですので、ライフスタイルが変化したという方は正社員の事務職を目指した転職活動をすることをおすすめします。

5.経理職・人事労務職などの管理部門|アパレル販売職から転職

経理・人事労務などの仕事は、事務職に続き販売職からの転職で人気の職種になります。販売職で積んだ経験を社員のために活かしたい人や、会社の組織全体を考えて動いてみたいと考える方におすすめです。「高時給」「決算日間近以外は定時に帰れる」など、給与面をアップさせたい方や、簿記や労務関連の資格を取得してより意欲的に働けるようになりたい方は、事務だけではなく経理・人事労務の仕事も検討することをおすすめします。

6.営業職|アパレル販売職から転職

人と関わることが好きであれば、おすすめしたいのが「営業」の仕事です。アパレルの仕事をしていた人であれば、お客様へ提案することや商品の良さを伝える経験があるため、営業の仕事は非常に馴染みやすい仕事でしょう。また、未経験からの採用が多いため、接客をしていた経験がある人にとっては始めやすいのも転職しやすい理由の一つです。はじめは、ノルマなどきつそうと感じるかもしれませんが、休日は土日祝日の場合が多く、予定が組みやすいため、プライベートを充実させることができる上に給料も高いことが多いのが魅力です。正社員雇用がほとんどなので、将来の安定性も高く、営業の経験はまた違う職種・業界へもキャリアチェンジしやすいという特徴もあります。

事務職へ転職

アパレル業界の販売職から転職を成功させるためのポイント

転職成功のポイント1. 早めに転職活動を始める

アパレル販売職からの転職を成功させるためのポイントの1つ目は、「早めに転職活動を始める」ことです。できるだけ早めに転職について考え始めることによって、応募できる求人の選択肢を増やすことができる場合もあります。なぜならば、求人には、年齢制限などが設けられていることも少なくないからです。なお、年齢によっては、「第二新卒」として、応募できる場合もあるでしょう。

ポイント2. 志望動機を明確にする

アパレル販売職からの転職を成功させるためのポイントの2つ目は、「志望動機」を明確にすることです。志望動機について明確にしてから、履歴書などに記入するようにしましょう。その際、志望する企業の事業内容・理念・強みなどを調べると求められる人材像の参考になることが多くあります。また、転職の際に重視するポイントについても明確にするとよいでしょう。例えば、1.仕事内容、2.働き方、3.将来の目標、4.社風などを挙げることができるでしょう。

参考:アパレル業界で活躍したい!志望動機の書き方のコツと例文❘転職情報 https://willworks.tokyo/ff/3201/

ポイント3. スキル整理をする

アパレル販売員からの転職を成功させるためのポイントの3つ目は、「スキルを整理する」ことです。自分が持つスキルを把握できていれば、スムーズに自己アピールを行いやすくなるでしょう。過去の仕事を振り返り、また周囲の意見を聞いて、自分の強みを正しく具体的に認識するようにしましょう。そして、志望する企業にアピールできそうなスキルについては、履歴書や職務経歴書などに記入するとよいでしょう。

ポイント4. 過去の成果をまとめる

アパレル販売員からの転職を成功させるためのポイントの4つ目は、「過去の成果をまとめる」ことです。採用担当者は、応募者の過去の成果に注目することが多くあります。したがって、過去の成果を分かりやすく伝えることができれば、説得力のある自己アピールになります。なお、履歴書や職務経歴書などに記入するときには、できるだけ具体的な内容にするとよいでしょう。例えば、1.売り上げ○○%アップ、2.接客コンテスト入賞などを挙げることができるでしょう。

ポイント5. 転職エージェントのサポートを受ける

転職エージェントは、求職者の希望や経験を考慮した求人紹介の他にも、志望動機の添削や面接時のアドバイスなども行っています。転職のプロからアドバイスや情報提供を受けられるため、自分一人で転職活動を行うよりも、転職に成功する確率が格段に高まります。特に未経験職種への転職を検討されている方は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職の志望動機

まとめ

今回ご紹介したように、アパレル業界のアパレル販売職の転職には、様々な可能性があります。しかし転職を成功させるためには、正しい準備が必要になります。まずは転職エージェントに相談してみることから初めてみましょう。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」では、非公開求人情報も多くご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案します。

WILLWORKSウィルワークス 無料転職相談 https://www.willworks-search.com/

WILLWORKS0129

関連記事の新着