WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレル業界からの転職でやるべきこと5選~他ブランドへ/異業種へ~

アパレル業界からの転職でやるべきこと5選~他ブランドへ/異業種へ~

アパレル転職

アパレル業界で別のアパレル企業に転職する場合も、異業種へ転職する場合も、、転職活動を成功させるための一番のポイントは、「計画・準備」です。そこで今回は、よりスムーズに転職活動をスタートさせるための計画の立て方、準備方法などを5つにまとめてご紹介します。アパレル業界で別のアパレル企業へ転職を目指す場合と、アパレル業界から異業種への転職を目指す場合とに分けていますので、ご自身興味のある章からチェックしてみてください。。

アパレルから転職

アパレル→アパレル❘他ブランド・別のアパレル企業へ転職するときにやるべきこと5選

1. どんなことを実現したくて転職するのか、ぶれない目標を持つ|アパレル業界内での転職

まずアパレル業界への転職を考えた時に、「どんなことを実現したくて転職するのか」を明確にしておくことが大切です。例えば、年齢に合ったブランドで一歩上の接客クオリティを身に付けたい、不安定な雇用形態だったので正社員として働きたい、家族ができて養うだけの収入を得るために年収を上げたい、など、「実現したい目標」と、「その理由」を明確にした上で、本当に現職では実現できないのかをあらかじめ振り返っておきましょう。これが、その後の企業、求人選びや最終的に転職を決める判断基準の「軸」となります。

2. 経験やスキルを今後どう活かしたいか具体的にする|アパレル業界内での転職

アパレル業界でのこれまでの経験、実績、身に付けたスキルやそれらを今後どう活かせるのかを考え、具体的に書き出してみましょう。ここで考えたことが、キャリアシートや職務経歴書、面接でのアピールポイントとなりますので、具体的であればあるほど良いです。現職中の方は普段の仕事の中で常に意識し、思いつくたびにメモを取っておくと良いでしょう。

3. アパレル業界の動向をリサーチし、転職のタイミングを考える|アパレル業界内での転職

アパレル業界の採用マーケットには、求職者が動く時期、求人が多く出る時期など波があります。例えば展示会シーズンは、現場が多忙でデザイナーの選考が遅くなり転職活動がなかなか進まない傾向がありますし、ブランド立ち上げや新規オープン時期を知っておくと、タイミングよく良い条件の販売職の求人と出会える可能性が高まります。特に、具体的に気になるブランドや企業がある場合は、ブランドサイトやニュースサイトなどで常に情報収集しておくとよいでしょう。

4. 信頼できる同僚やマネージャー、アパレル業界で働く人に相談してみる|アパレル業界内での転職

アパレル業界での転職を考えている場合に、「こんな仕事をしてみたい」「こんなプロジェクトをやってみたい」など、自分が実現したいことを、信頼できる同じ会社の同僚やマネージャー、または取引先の会社の人やアパレル業界で働いている人に雑談として相談するのも一つの手です。アパレル業界で働いている人であれば、何かしらのコネクションや取引先が新しい人材を探しているなどの情報を持っていたりすることもあるからです。自分が実現したいことを、周りの信頼できる人に話しておくと後々に転職に有利な情報を得られることもあります。ただし、職場内でただ「転職をしたい」とアピールすることはネガティブな印象を周囲に与える可能性がありますので、避けましょう。

5. アパレル業界専門の転職エージェントに相談する|アパレル業界内での転職

アパレル業界への転職成功率を上げるためには、アパレル専門の転職エージェントに相談しましょう。アパレル専門の転職エージェントを利用することによって、非公開求人も含め多くの選択肢の中から選ぶことができ、求人の幅が大きく広がります。また、アパレル業界の転職のプロから、転職活動に関わる様々なサポートを受けることができます。個人で転職情報を集めることは難しいため、無料サービスを有効的に利用してみましょう。

アパレルから異業種転職

アパレル→異業種❘他業界へ転職するときにやるべきこと5選

1. 異業種へ転職したい動機を明確にする|アパレル業界から異業種へ転職

アパレル業界の仕事は、常にファッションと関わることのできる仕事で、華やかでやりがいも多い仕事です。しかしその反面、体力勝負の仕事が多いことや、給料の水準がIT業界などと比較すると低いというマイナス面もあります。自分がどうしてアパレル業界から異業種へ転職したいのかを具体的にすることによって、自分に本当に合った業種を選ぶ際の条件もより明確になります。

2. 異業種への転職でアピールできる、アパレルで培った実績や強み、スキルをまとめておく|アパレル業界から異業種へ転職

自分が目指す異業種への転職でアピールできる、アパレル業界で得た実績や強み、スキルを見直しておきましょう。例えば、販売スタッフとして店舗で働くアパレル店員の場合、接客業務によって培ったコミュニケーション能力やホスピタリティの高さはもちろん、クレーム処理等に対するストレス耐性の高さや、顧客の問題解決能力等も、対外的に高く評価されるスキルの1つです。また、商品の在庫管理や、店舗スタッフのシフト作成、勤怠管理を担当していた場合は、高い事務スキルをアピールポイントにすることができます。

3. 転職したい業種に必要な知識やスキルを蓄える|アパレル業界から異業種へ転職

転職したい業界が未経験の業界であればあるほど、勉強をして知識やスキルを蓄える必要があります。例えば、IT業界の事務職として転職したい方であれば、WEBマーケティングや広告などの基本的な概念の勉強は必須になります。また趣味で動画制作をしていて関連する仕事にしたい方であれば、プロに求められる動画編集のスキルを身につけることが必要でしょう。外国語が得意で外資系企業やグローバル企業へ転職を目指すのであれば、ビジネス英語など、仕事の場面での会話力が必要になります。転職したい業種に必要な知識やスキルをリサーチして、オンライン学習サイトや書籍を利用してスキルを磨きましょう。

4. いつでも転職できる準備をしておく|アパレル業界から異業種へ転職

いつでも転職活動できるように、まずは転職活動に絶対に必要な履歴書、職務経歴書を準備しておきましょう。これらの作業はある程度時間のかかる作業でもあるので、時間に余裕のある時に少しずつ進めておくことで、理想の求人を見つけた際に、すぐに応募することができます。また、履歴書や職務経歴書の作成をすることで、今までの自分の経歴やスキルの棚卸しをすることもできます。また、転職サイトに登録してみることで、自分の応募したい求人が今市場にどれだけあるのかを調べることができます。転職エージェントであれば、転職サイトと違い、非公開求人も多くありますので、さらに可能性が広がるでしょう。

5. 転職したい業界の情報を集め、その業界に強い転職エージェントに相談する|アパレル業界から異業種へ転職

転職したい業種が決まったら、転職したい業界や職種のリサーチをしましょう。希望する業界の中で、どんな職種が自分の転職条件に合っているのかしっかり見極めることが大切です。希望する職種が決まったら、その業界の求人を多く扱っている転職エージェントに相談してみましょう。求人サイトには出ていない、非公開求人の情報を得ることができます。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」では、非公開求人情報も多くご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案します。

WILLWORKSウィルワークス 無料転職相談 https://www.willworks-search.com/

WILLWORKS0115

関連記事の新着