WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレル業界の事務職❘募集がある求人の職種とは?

アパレル業界の事務職❘募集がある求人の職種とは?

アパレル事務職

「販売員として働いているけど、違う仕事をしてみたい」「将来を考えてデスクワークの仕事もしてみたい」「アパレル業界で働きたいけど、立ち仕事に自信がない」このように考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。販売員以外でアパレル業界に携わりたい方には、アパレル企業の事務職がおすすめです。今回は、アパレルの事務職に転職したい方に向けて、業務内容や必要なスキルについてまとめました。

アパレル事務職の募集がある部署

■経理|アパレル業界の事務職

経理は、会社のお金に関する業務を担当する部門で、「売上管理」「取引先への支払い」「社員給与」「経費管理」などの担当に分かれています。また、銀行などとの取引の多い部門のため、電話応対や来客応対などのビジネスマナーが求められます。数字を扱う部門なので、アパレル業界の経験よりも経理担当としての職務経験や、簿記の資格などを持っていると有利です。

■総務|アパレル業界の事務職

会社によって人事と兼務であったり、IRを兼務したりと業務内容は大きく異なりますが、総務は会社組織に関する業務全般を担当する部門です。備品の管理や建物のメンテナンスなどの管理をはじめ、名刺の発注や社内行事の運営など、業務は多岐にわたります。一般的には他部署とのやり取りの多い部門のため、コミュニケーション力が高いことや、会社全体のことを把握する管理能力が評価に繋がります。

■人事|アパレル業界の事務職

人事は社内の「人材」に関連するあらゆる業務を担当する職種です。仕事の内容は、採用活動から、教育、労務管理まで多岐に渡ります。どんな企業でも、事業の土台となるのは「人」です。人事担当者は企業の業績を左右する大切な業務を担っていると言えるでしょう。採用担当者には、プレゼンテーション能力・コミュニケーション能力が必須です。学生や転職希望者に興味を持ってもらうためには、自社の魅力を的確にアピールするスキルが欠かせません。また、労務担当は労働時間管理、給与計算、福利厚生の管理、社会保険手続き、安全衛生管理などの専門知識を活かすことができます。また、近年はメンタルヘルス対策などを行うこともあります。そのため、労働法規に関する幅広い知識が必要です。

■営業事務|アパレル業界の事務職

営業事務は営業部門で働く人のサポートをする仕事です。営業職で働く人のバックアップ業務として、資料作成やデータ入力の他にも顧客対応などがあります。また、社外の人と直接やり取りする機会が一般事務よりも多いです。「営業職の売上に貢献できる」「顧客と直接関わることができる」というやりがいもあります。

「事務職」とひとことで言っても、仕事の内容は会社によって違いがあります。企業の規模によって、部署が細かく分かれている会社や、経理や総務全般が一つの部署や少数の担当者で切り盛りしている会社など様々です。いずれにしても、正社員として入社するのであれば、経験者としての即戦力を求められることとなるでしょう。

アパレル転職

事務職に求められるパソコンスキルと資格

必要なパソコンスキルと勉強法❘アパレル事務職

アパレル業界に限らず、事務職の正社員になるにはPCの基礎スキルは必須です。働く部署や会社によっても変わりますが、PC操作で使うソフトは主にExcelとWordです。在庫管理や売上管理などのデータ入力にはExcelを、会議の資料や報告書の作成にはWordを使うことが多いです。ExcelとWordさえ使えれば、基礎スキルは問題ないでしょう。事務職で必要になるPCスキルや、ExcelとWordの使い方を紹介した参考書は沢山発売されているので、自分に合った参考書で勉強をすれば、独学でも基礎を身に付けられるでしょう。また、動画で学びたい場合は、YouTubeや専門サイトに無料コンテンツも多くあります。

Schoo(生放送無料): https://schoo.jp/

また、実務では業務用専門ソフトウェアを使うことになります。経理用のソフトウェア、給与計算用のソフトウェアなど部署により異なりますが、これらの操作方法は、配属後に覚えることになるので心配ありません。ただし、業務用ソフトウェアの利用経験があると事務職への転職で有利になることがあります。さらに、営業事務の場合は、提案資料作成のサポートを期待されることも多くあるため、PowerPointのスキルがあるとよいでしょう。

持っていると有利な資格MOS(マイクロオフィススペシャリスト) ❘アパレル事務職

MOSとは、国際資格の一種で、マイクロソフト社製のオフィスソフトであるWordやExcelなどの仕様スキルの証明となる資格です。正式名称はマイクロソフトオフィススペシャリストといいますが、一般的にMOSの略称で知られています。

世界的な企業であるマイクロソフト社の認定資格なので、パソコンスキルを証明する資格の中でも人気があります。特に業務上でWordやExcelを使用する人にとっては、必須といえる資格でしょう。高度なパソコンスキルを持っていても、面接でアピールできなければ意味がありません。パソコンスキルはその場で証明することが難しいため、応募者にとってはアピールしにくいポイントです。MOS資格を取得すれば、どのくらいのレベルなのか具体的にアピールできるので、就職や転職にも有利といえるでしょう。

MOS公式サイト:https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

事務職の資格

アパレル業界の事務職に求められるスキル

コミュニケーション能力❘アパレル事務職のビジネススキル

アパレル業界に限らず、事務職にはコミュニケーション力が必須です。黙々と作業しているイメージの事務職も、社内外の方とコミュニケーションをとり、折衝交渉ながら仕事を進める場面が多いため、大変重要な要素と言えるでしょう。

細やかな気配りができる❘アパレル事務職のビジネススキル

企業によって任される仕事内容は異なりますが、事務職は備品発注など細々とした業務を任されることも多いです。急な要望に対応するなど、周りが気持ちよく業務に取り組めるよう、柔軟で細やかな気配りを求められます。

素早く正確に作業ができる❘アパレル事務職のビジネススキル

事務職の仕事は数字の入力作業をすることも多いので、素早く正確な仕事ができる方、慎重に業務を進めることができる方が向いているでしょう。

アパレル販売の経験がある❘アパレル事務職のビジネススキル

事務職であっても、アパレル業界全体をよく理解していることはとても大切です。事務職は、日々の業務で店舗スタッフや取引先と関わることも多いため、販売の現場を経験していると役に立つ場面が多々あるはずです。また、アパレル企業の事務は、セールや繁忙期などに臨時で店舗へ手伝いに行くことがあります。事務の仕事とは直接関係ありませんが、販売員の経験がある方は即戦力として活躍できるでしょう。

アパレル業界の事務職で仕事をしたい!❘求人情報の探し方

アパレル業界に限らず、事務職は非常に人気の高い職種です。求職者1人に対して何人分の求人があったかを示す有効求人倍率も低く、ライバルがとても多いといえます。希望する求人は、1つに絞るのではなく、できるだけ多くの求人を視野にいれて転職活動をするのが良いでしょう。事務職をもっと知りたい、働いてみたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。転職に関する知識はもちろん、現在の募集状況や、あなたの強みを活かせるお仕事をプロの視点で提案してくれます。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」❘アパレル事務職求人情報(2021年6月時点)

アパレル業界の転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」では、アパレル事務職の求人情報もご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案いたします。

WILLWORKS:https://www.willworks-search.com/

WILLWORKS00083

関連記事の新着