--

WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレルの生産管理の仕事内容とは?|転職情報

Articleファッション仕事NEWS

アパレルの生産管理の仕事内容とは?|転職情報

アパレルの生産管理

アパレル業界の生産管理とは、品質を落とさず効率よく商品を生産する仕組み作りや管理を行う重要な仕事を担う職種です。工場や素材の選定から管理まで幅広い仕事があるため、未経験で生産管理を目指す場合には、販売経験や店長などの経験を積んだり、アシスタントからスタートしたりすることが一般的です。今回は、アパレル業界の生産管理の仕事内容や生産管理に転職するためのキャリアアップ方法、必要なスキル、資格などをご紹介します。

アパレル業界の生産管理の仕事内容

仕事内容1.計画立案|アパレル生産管理

MD(マーチャンダイザー)が立案した販売計画に沿って、何をどこでどれだけ生産するかという計画を考えます。販売の時期や発注数の予測を立てながら、なるべく商品のロスを少なくし、無駄を出さないようにすることが大切です。

仕事内容2.工場の選定|アパレル生産管理

国内外の製品を生産するための工場をピックアップします。工場によっては対応している最小ロット数※や単価、得意なアイテム、設備などが大きく異なります。また、縫製工場であれば使用しているミシンもそれぞれ違うため、縫い方も異なってきます。よって、各工場の設備や特徴を正確に把握し、デザイナーとMDが考えた商品を生産するのに最も適した工場を選定する必要があります。また、納期に間に合うかの確認も随時必要になってきます。

※ロットとは…同種の製品を生産する際の最小単位として「ロット(Lot)」という用語が使用される。ロットには特に決まった単位があるわけではなく、例えば、商品の製造を依頼する際に「製造は1ロットから」と指定がある場合、その個数が10個からであったり、1,000個からであったりします。

仕事内容3. 素材調達|アパレル生産管理

商品の仕様書に基づいて、主資材(生地など)や副資材(ボタンやファスナーなど)をテキスタイル企業※などから調達します。価格や工賃を算出して、一着あたりにかかるコストを算出し、工場と価格交渉が必要です。ここで大切なのは数量の過不足を極力なくすことです。無駄なコストが発生しないようにしなければなりません。

※テキスタイルとは…「テキスタイル(textile)」とは、布製品における生地や柄のこと。

仕事内容4. 進捗・品質管理|アパレル生産管理

アパレル業界は納期厳守です。生産途中の進捗状況を工場に確認しながら、仕上がった時点で完成品の品質などもチェックします。この工程で問題が起こることも多く、ひとつのパーツの遅れが全体の納期遅れにつながってしまいます。そうした場合に、素早い対応ができるよう関係各所の状況を細かく確認しておく必要があります。品質・納期など様々な工程に影響を及ぼす可能性があるため、細やかな情報共有が必要です。

アパレルの転職

アパレル生産管理に求められるスキル

品質管理は、品質の安全を取り扱っているために、何か一つ間違ってしまえばお客様からの信頼を失うことになってしまったり、世に送り出した商品を回収しなければいけなくなったりと、損失を受けるといったケースもある、アパレル業界にとって重要な職種の一つです。。そのため、責任感があり、一つ一つの商品と真摯に向き合える真面目な性格の人が向いていると言えるでしょう。

スキル1. コミュニケーション能力|アパレル生産管理

アパレルの生産管理に一番重要と言われているスキルが、コミュニケーション能力です。それはアパレル生産管理職の業務が社内外問わずたくさんの人と関わり業務を進める仕事だからです。特に、工場関係者などとコミュニケーションをとる際には、マネジメント能力も必要です。生産管理が生産計画の指揮をとり、納期通りに商品が納品されるように進めていきます。

スキル2. 計画性、実行力|アパレル生産管理

アパレル業界では商品を決められた納期に納品することが求められます。そのため、アパレルの生産管理は、綿密に生産計画を立て実行していく必要があります。広い視点で状況を見て行動できるスキルが求められるでしょう。

スキル3. 交渉力|アパレル生産管理

工場や素材の選定、生産管理の交渉力によって、1つの商品を生産するコストが変化します。もちろん生産コストを抑えるだけではなく、商品の品質を保持する必要があります。取引先と上手く交渉し、高品質な商品をローコストで生産する交渉力がアパレル生産管理職には必要と言えるでしょう。

アパレル生産管理の職種になるためには

アパレルの生産管理は専門的なスキルが必要となるため、未経験の転職であれば生産管理アシスタントからスタートすることが一般的です。また、ブランドや企業全体の理解を深めてからの社内異動を見据えて、販売職からスタートする方法もあります。

生産管理のアシスタントは求人数が少ないため、アパレル企業だけにこだわらず、OEM企業なども含め幅広く求人を探すと良いでしょう。生産管理職へ転職後は、アパレル業界の生産マーチャンダイザーへのキャリアアップなども可能です。

生産管理のロット

アパレル生産管理に転職するために有利な資格

アパレルの生産管理に必須資格はありませんが、生産や流通に関わる知識があると転職活動時のアピール材料になります。知識を証明するために、資格を取得していると転職に有利になるでしょう。

有利な資格1. 生産管理オペレーション|アパレル生産管理

その資格名の通り、製品の生産工程をオペレーションする能力を証明することのできる資格です。設備や資材の管理、物流の管理など、生産工程に関するあらゆる知識が必要になります。

 (出典:JAVADA https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/business/seisan.html)

有利な資格2. 生産管理プランニング|アパレル生産管理

工場内の生産システムや生産の計画などの知識を証明することができます。前述の「生産管理オペレーション」が生産システムの運用という要素が強いのに対し、この資格は生産設計や生産計画といった、生産管理の業務自体に関する知識が中心になります。

(出典:JAVADA https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/business/seisan.html)

まとめ

アパレルの生産管理の仕事は、様々な職種の人々と関わり、納期厳守などに追われ責任も大きい仕事ですが、アパレルの商品のデザイン確定後、商品として市場に出回るまでの管理の全てを担っており、アパレル業界ではなくては成り立たない存在です。またアパレル業界や、商品、その素材についての幅広い知識も身につけることができ、その後のキャリアチェンジも幅広い職種間で期待できるため、アパレル業界内外でキャリアアップしていきたい方にもおすすめの職種です。

求人数や募集定員の少ないアパレル専門職の転職は、業界の情報を深く収集することが重要です。転職の際は、アパレル転職に特化したエージェントに相談することが成功のポイント。まずはプロのコンサルタントに相談してみましょう。

アパレル転職に特化した転職エージェント「ウィルワークス」では、非公開求人情報をご紹介しています。業界の最新事情に精通したコンサルタントが、ひとりひとりの志向や条件に合った求人・キャリアを提案します。

WILLWORKSウィルワークス 無料転職相談 https://www.willworks-search.com/ 

WILLWORKS0064

InfomationFF通信 最新コンテンツ