--

WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界で年収アップ!必要な専門スキルやキャリアとは

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界で年収アップ!必要な専門スキルやキャリアとは

アパレルで年収アップ

アパレル業界で販売をしている方の中には、現在の働き方や、年収に満足していないという方も多いのではないでしょうか。または、何となく将来が不安、という方もいらっしゃるかもしれません。今回は、年収アップのためのキャリアの作り方、身につけておきたいスキルや資格についてご紹介します。

年収アップを目指すためのキャリアの作り方

年収アップを目指すためのキャリア !<同じ環境編>

■副店長・店長を目指す

現在ショップスタッフとして働いていて、同じ環境で年収アップを目指すには、店長や副店長になることを目標にするとよいでしょう。企業によって給与アップの幅は様々ですが、確実にステップアップにつながります。まずできることは、売上達成とマネジメント能力強化を意識することです。副店長や店長に昇格するには、売上目標に対してしっかりと目標達成をする必要があります。個人の目標達成だけでなく、店舗全体の売上目標を達成出来るように、店舗スタッフとどのように協力し工夫したかなど、リーダーシップやマネジメント能力も求められます。そして、できるだけ早い段階で店長やマネージャーにその意思を伝えましょう。具体的なアドバイスをもらえたり、スタッフの教育担当をしたり、店長に必要なスキルを養うためのポジションを与えられる可能性もあります。

年収アップを目指すためのキャリア!<今と違う環境編>

■同じ会社で、別ブランドへの異動

今担当しているブランドが自分に合っていないと感じている場合は、同じ会社の別のブランドに異動するという方法もあります。企業形態にもよりますが、一度上司に相談してみると良いでしょう。新規ブランドの立ち上げ時期など、希望者を募集するケースもあります。一からブランドづくりに関わり、実績が認められれば、キャリアアップの可能性も広がります。また、定期的にスタッフからの異動希望を受け付けているというような企業もありますので、全社メールをこまめにチェックするなど、チャンスを見逃さないように情報収集しておきましょう。

■同じ会社で、本社勤務への異動

今の会社は好きだけれど、本社勤務の職種にチャレンジして年収アップを目指したい、という方も、上司に相談をして本社異動ができるかを確認してみましょう。本社への異動は、すぐには難しい可能性が高いですが、希望する職種があれば面談等を通して積極的に伝えると良いでしょう。また、その分野の勉強をするほかにも、自分の強みは何か、販売の現場で培ったスキルをどう活かせるのかなどを分析しておくことで、アピールしやすくなります。

■他のアパレル企業、ブランドへ転職

転職エージェントや求人サイトを利用して、ご自身の希望に合った接客スタイル・理念・条件などを探してみましょう。例えばオープニングスタッフを募集している求人があれば、今まで積んだ経験を活かしてステップアップするチャンスです。どちらにしても、自分の特性や強みを知ったうえで転職先を探すことが重要になります。数ある求人の中から転職先を探すのに不安がある方は、より細やかなサポートを受けられる転職エージェントの利用をお勧めします。特にキャリアや年収アップ等の希望に合う転職探しには交渉窓口にもなってもらえるので、強い味方になるでしょう。

年収アップを目指すための専門スキル・資格

アパレル業界で収入アップを実現するためには、優れた接客はもちろん、プラスアルファの強みがあることが重要です。突出した強みがないという方も、できることを掛け合わせで増やしていくことで、ほかの社員との差別化をはかれるしょう。洋服の販売経験がある人は非常に多いですが、例えばそこに「高額商品」「デジタルスキル」「メンズ・ウィメンズ両方」「マネジメント」「SNS」などのキーワードを掛け合わせることでどんどん同じような経験を持つ人は少なくなります。また、高収入を得るには、スキルを身につけるだけではなく、それをいかにアピールできるかがポイントとなります。面接では、具体的な実績を挙げて自分を売り込むことが大切です。自分の専門性がどんな場面で役立つのか、しっかり説明できるようにしておきましょう。さらに、以下に挙げたような資格があれば、ご自身のスキルアップになると同時に説得力も増すでしょう。

♢ファッション販売能力検定

アパレル業界の現場である店舗において、接客技術、販売力、ショップ運営などの必要な知識や能力向上を目的に行われている検定試験です。2級・3級は販売スタッフ向け、1級は店舗のマネジメントや運営向けになっています。

♢ファッションビジネス能力検定

ファッション業界におけるマーケティングや生産、物流やマネジメント知識などをはかる試験のことです。マネージャーなどの管理職や本社勤務の専門職目指す場合など、ファッション業界におけるスキルアップにも検定で得た資格を活かすことができます。

日本ファッション教育振興協会: http://www.fashion-edu.jp/bis/bis.html

♢色彩検定

色彩検定は文部科学省後援の検定試験で、ファッション業界で働く際に力を発揮しやすい資格といえます。

色彩検定協会: https://www.aft.or.jp/

♢カラーコーディネーター検定

色彩検定と並んで知名度が高いカラーコーディネーター検定試験は、 東京商工会議所 によって毎年6月と12月に実施される検定試験です。カラーコーディネーター検定試験は専門的・理論的な内容を含み、会社で工業デザインに関わる方の受験も多い資格です。カラーコーディネーター試験は3級から1級まであり、1級は「環境」「商品」「ファッション」と分野が分かれる点が特徴で、1級の「環境」は合格率が1~2割と難関です。

東京商工会議所: https://www.kentei.org/color/

♢シューフィッター

足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を提案するシューフィッティングの専門家のことです。一般社団法人 足と靴と健康協議会 が養成、認定している資格です。

足と靴と健康協議会:http://fha.gr.jp/shoe

WILLWORKS00076

InfomationFF通信 最新コンテンツ