WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレル店長経験者のキャリアアップ|転職情報

アパレル店長経験者のキャリアアップ|転職情報

アパレル店長のキャリアアップ

現在アパレルの店舗で店長をしている方、または今後店長への道をお考えの方の中には、店長を経験した後のキャリアアップについて不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。同じ会社でキャリアアップに挑戦する場合も、転職で新たなステージを目指す場合も、これまでの経験からご自身がどのようなスキルを身につけたのか、強みは何かを理解しておくことはとても大切です。今回は、アパレル店長の経験を活かしてどのようなキャリアアップができるのか、店長経験から身につくスキルと合わせてご紹介します。

アパレル店長経験者の強み とは

アパレル販売の仕事の中でも、店長は店舗をまとめる重要な役割を担っています。店長経験を通して身に着けたスキルは、転職やキャリアアップの際の大きなアピールポイントになります。では、自己PRを考えるうえでもポイントになる、店長経験者の強みとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

アパレル店長経験者の強み①販売の経験と実績

お客様のニーズをくみ取り、それに合わせて最適な商品を紹介、販売するという、接客販売のスキルです。販売の仕事では当たり前の事のように感じられるかもしれませんが、これは販売の現場を経験した人でなければ身につけることはできません。また、店長として、一販売員として、売り上げ達成のためにどう工夫し、実績を残したかが大変重要です。具体的な取り組み内容と数字(実績)は、アピールポイントになります。

アパレル店長経験者の強み②リーダーシップ

店長には、店舗の売上達成のためにスタッフをまとめ、適切に導くリーダーシップが求められます。「傾聴力」「伝達力」「問題解決力」「意思決定力」のほかにも、褒め方やスタッフをどうやる気にさせるかなど、リーダーシップを発揮するためは多くのスキルを必要とします。スタッフ一人ひとりの成長のためにはそれぞれの能力や状態について常に把握しておくことが重要です。さらに店長は、店舗の代表として、また店舗と本社をつなぐパイプ役として、社内外の多くの人とコミュニケーションを取りながら仕事をする必要があります。これらの経験により、リーダーシップ能力の向上とともに高度なコミュニケーション能力も培われます。

アパレル店長経験者の強み③マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、一般的には、「人材育成とコスト管理、売り上げ管理などを行い、目標達成に向けて、組織を成長させていく能力」を意味すると言われています。具体的には、「問題解決能力」「管理力」「意思決定力」「ファシリテーション能力」「指導力」などを指すと考えてよいでしょう。店長には、リーダーシップを発揮して、組織を正しい方向に導いていく力が求められます。各店舗は小さな会社のようなもので、それをまとめる店長には経営者の視点も備わっていきます。これは今後アパレル企業で販売以外の職種を目指す場合にも、大きな強みになるでしょう。

アパレルの転職

アパレル店長の経験を活かしたキャリアアップ

次に、アパレル店長の経験を活かし、どのようなキャリアアップができるのかについてご紹介します。

店長の経験を活かしたキャリアアップ①エリアマネージャー

選択肢の一つに、エリアの複数店舗をマネジメントするエリアマネージャーという職種があります。エリアマネージャーの仕事は、エリア単位で利益を上げることです。その為に、スタッフの育成・指導やエリア店舗を包括的に見て人材配置や予算管理などのマネジメント業務を担います。エリアマネージャーは複数の商圏エリアの店舗経営を任されるため、店長よりも難易度の高いマネジメント経験を積むことができます。エリアごとに異なる顧客や売れ筋の特徴などを把握し、適切な判断を下していく能力が求められます。また、こうした経験を活かすことで、本部勤務といった更に全体を束ねる部署にキャリアアップしていく方もいらっしゃいます。

店長の経験を活かしたキャリアアップ②営業職

アパレル企業の営業職の目的は、マーチャンダイザー(MD)や販売部門など、他部署と連携して売上予算を達成させることです。営業部の仕事にはその得意先ごとに、リテール、ホールセール、百貨店などの担当もあります。社内外の多くの人と関わるアパレルの営業部では、店舗で培ってきた経験とスキルが大いに役立つといえます。

店長の経験を活かしたキャリアアップ③人事・採用

人事部は、お店、会社に直接的に携わる人材を決める部署です。適材適所、そのお店が必要としている人材を採用、育成する事を求められるため、店長経験が大いに役立つ部署といえます。特にアパレル企業においては、販売の現場と、そこで働くスタッフを日々見ている店長の意見は重要視されます。企業によっては、店長職と人事・採用の仕事を兼務するというケースもあります。

このように、販売の現場で活躍してきた人材を本部スタッフに採用するケースや、店長経験を採用条件とした本部スタッフの求人も少なくありません。本部スタッフの選抜基準は「自分の店舗の経営課題をいかに解決し、成長する仕組みを構築してきたか?」など、戦略思考力や問題解決力の強さです。自分の持つ売上責任にこだわり、結果を出すために考え行動してきたことを積極的にアピールし、本部に自分を知ってもらうことで、本部スタッフへの道も開けます。個人の顧客とのコミュニケーション経験は営業に応用が利きますし、店舗の売上管理や損益管理経験は経理に応用が利きます。これまでの自分の経験が、ほかの仕事にどう応用できるかを意識しながら仕事をすることが大切です。

アパレル業界の転職情報はウィルワークス

アパレルの店長からキャリアアップを目指す方、アパレル業界で転職をお考えの方は、ぜひウィルワークスにご相談ください。業界やブランドの最新情報を幅広くキャッチアップしているのが、ウィルワークスの最大の強みです。不安や悩みを解消し、納得のいく転職のためのお手伝いをいたします。ご自身のこれまでの経験をもとに、新たな活躍の場を一緒にみつけましょう。

WILLWORKSウィルワークス 無料転職相談  https://www.willworks-search.com/

アパレルの店長転職

WILLWORKS00058

関連記事の新着