--

WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界のプロデューサー、MDの仕事を解説!|転職情報

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界のプロデューサー、MDの仕事を解説!|転職情報

アパレルのMDとは

アパレル業界のマーチャンダイザーという職種は、アパレル商品の総合プロデューサーとも称される華やかなポジションです。そのためMDはアパレル業界では、とても人気の職種です。略称のMDと呼ばれることも多いですが、マーチャンダイザーという職種を耳にしたことはあっても、詳しい業務内容については知らないという方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回はアパレル業界のMDの仕事について理解を深めていただけるよう、詳しく解説していきます。

アパレル業界のMD(マーチャンダイザー)とは?

アパレル業界のMDとは、マーチャンダイジングの頭文字を取ったもので、マーチャンダイジングを業務として行うマーチャンダイザーを直接的に意味する場合もあります。マーチャンダイジングとは、商品化計画を意味し、商品ラインアップやスケジュールの企画、具体的な販売戦略の構築などを行うことを言います。マーチャンダイザーはアパレル企業のブランドごとに配置されるのが一般的で、ファッションブランドの指揮官と言われる重要な役割を担っています。

アパレル業界のMDの仕事内容

1. マーケットリサーチ | アパレル業界MD

マーケットリサーチとは、社内の関連部署と連携し、次のシーズンに向けたトレンドの把握を行うことです。アパレルの市場調査は主に、国内外の売場や街頭、コレクションや素材展などで行います。

2. サンプル作成 | アパレル業界MD

アパレル業界MDの仕事の一つにサンプル作成があります。マーケットリサーチの結果を元に、テーマやコンセプトをまとめてデザイナーやパタンナーと協力しながら、商品の具体的なイメージを形にしていきます。デザイナーには、デザイン画へのイメージの落とし込みを依頼し、パタンナーには素材特性をふまえたサンプルパターンの作成を依頼します。

3. 商品企画 | アパレル業界MD

デザイン画やサンプルを元に商品化に向けて、細部を詰めながらデザインを決めていきます。ここで決定したパターンと素材特性から、使用する生地や縫製方法などを指定する仕様書を作成していきます。また、シーズン別の販売計画を見ながら商品の生産数を検討して、具体的な事業計画を練ります。同時に、MDは自社の製品を発表するための展示会の準備も平行して進めます。

4. 生産・管理 | アパレル業界MD

アパレル業界のMDは生産、管理の仕事も担います。展示会などでの受注状況を踏まえ、デザイナーや営業と共に製品の最終調整を行います。そして、生産する数量などの計画を組み、店頭販売への準備を進めます。販売開始後も商品の売れ行きを常に確認し、必要に応じて追加生産なども行います。また、商品投入後は自ら店舗を巡回し、売れ筋商品の確認や顧客動向をチェックすることもあります。

5. 販売計画 | アパレル業界MD

アパレル業界のMDの仕事は社内だけでなく、社外に向けた営業活動や販売促進活動も行います。商品の認知をより広めるために、広報(プレス・PR)と販売戦略を立てて広告宣伝の方法を詰めていくことも重要です。MDは商品が店頭に出た後も、販売指導や販売目標の達成に向けた、総合的なマネジメントを継続して行います。

MDになるには

アパレル業界のMDに必要なスキル

1. リサーチ力| アパレル業界MD

アパレル業界のMDの仕事の一つ、マーケットリサーチに必要不可欠なのが、リサーチ力です。昨今のアパレル業界では、絶えず新しい売れ筋を作り出すために、最低でも年6シーズンの企画が必要だと言われています。そのためには感性と理性をバランスよく働かせて、常に最新のトレンドを取り入れ続けることが重要です。

2. 数値分析能力 | アパレル業界MD

MDの業務の中で、最も重要なのは何が売れるかを的確に予測することです。そのため、アパレル業界のMDには、売り上げなどの数字を分析して情報化し、迅速な事務処理を行うための数値分析能力が求められます。

3. 管理能力 | アパレル業界MD

アパレル業界のMDは商品が消費者の手に届くまでの工程のほとんどに関わるため、MDの仕事にはスケジュール管理や予算管理の能力は欠かせません。会社の売り上げに直結する仕事であるため、業務上の管理はもちろん自己管理も重要なスキルとなります。

4. コミュニケーション能力 | アパレル業界MD

アパレル業界のMDはあらゆる分野の部署や取引先と関わります。社内であれば、デザイナーやパタンナー、生産管理(プロダクトマネージャー)、営業、宣伝、物流、人事、財務、社外であれば、仕入れ先や販売先、情報企画会社などとの関わりがあります。社内、社外の人々と商談や話し合いを円滑に進めるためにも、深く広い視野から人に伝える確かなコミュニケーションコミュ能力を持っていることがMDの仕事にとって重要になります。

アパレル業界のMDになるためのキャリアプラン

アパレル業界のMDは、仕事内容や必要なスキルを見てわかる通り、高い専門性と能力が求められる職種のため、未経験者が直接マーチャンダイザーになることはほとんどありません。アパレル業界のMDになるためには、店舗の販売員(ショップスタッフ)や本社での別業務、あるいはMDの業務をサポートするMDアシスタントなどの経験が不可欠です。基本的には社内で能力を認められた人が就任する場合か、中途採用の経験者が就任するケースが多い傾向にあります。いずれにせよ他の職種でマーケティングの知識やスキルを培ってから目指すのが望ましいでしょう。

MDのキャリア

まとめ

アパレル業界のMDの仕事は、デザイナーやパタンナー、営業や店頭スタッフなど様々なスタッフとの共同作業で成り立っており、チームを統率する指導力も要求されます。商品の売れ行きに関わる、商品ラインアップやスケジュールの企画、具体的な販売戦略の構築などを行うMDの仕事は、アパレル業界の仕事の中で生命線を握っている職種であると言えます。

WILLWORKSでは、ご希望に合う求人を提案する以外にも、アパレル業界に関する情報全般についても詳しくご説明します。アパレル業界への転職をお考えの方は、ぜひWILLWORKSをご活用ください。

WILL WORKS : https://willworks.tokyo

WILLWORKS0055

InfomationFF通信 最新コンテンツ