--

WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレルの品質管理の仕事内容を徹底解説!|転職情報

Articleファッション仕事NEWS

アパレルの品質管理の仕事内容を徹底解説!|転職情報

アパレルの品質管理

華やかなイメージのアパレル業界ですが、商品を扱う上で非常に大切な品質管理という職種をご存知でしょうか?品質管理の仕事は、お客様からの信頼度に大きく関わるとても重要なものです。名前から想像できるように、商品の品質を管理することが仕事内容ですが、実際の業務内容はどんなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。ここでは、アパレルの品質管理の実際の仕事内容、どんな人が品質管理に向いているか、そして転職に有利な資格をご紹介します。

アパレル業界の品質管理とは?

その名前の通り、商品の品質を管理するのが主な仕事となります。せっかく素敵な製品が出来上がっても、その品質に問題があればもちろんお客様にお出しできませんよね。品質管理担当者が、管理の基準に沿ってチェックを行い、クリアしたものを実際の商品として世に送り出すことになるため、非常に重要な役割と言えます。

品質管理の業務

アパレル業界の品質管理の仕事内容

仕事内容1.商品が基準に達しているかどうかをチェック|アパレル品質管理

まず品質管理担当者は、品質管理として自社の商品が百貨店等が定めている品質管理基準に達しているか細かくチェックします。チェック項目は生地についての項目が多くを占めます。例えば、色落ちしないか、クリーニングに耐えられるか、伸び縮みの具合はどうか、毛玉ができないか、光に対しての退色はどうか、などが挙げられます。特に色落ちに関しては厳しく検査され、基本的に生地メーカーやブランドの企画担当者が持って来たデータをもとに調査しますが、再度品質管理から試験に出したり、自社にある洗濯機で実際に商品を洗って経過をみたり、様々な方法を使って正しいデータを出します。

仕事内容2. ケアラベルの確認|アパレル品質管理

家庭用品質表示法にもとづいて、ケアラベルが正しく表示されるようにチェックするのも品質管理の重要な仕事の一つです。ケアラベルには生地の混率や洗濯の方法、取り扱いの注意等を記載しますが、それを一つ一つ正確に表示されるように管理するのが品質管理の仕事です。消費者はそのラベルをもとに商品をどうお手入れをするか判断するので、大変重要な情報です。

仕事内容3. 商品状態のチェック|アパレル品質管理

製品の縫製や、ボタンやファスナーといった付属品なども含めて商品状態に問題がないか確認することもアパレルの品質管理の大切な仕事内容のうちの一つです。更に、輸入品を取り扱う際には日本工業規格(JIS)が規定した試験方法でチェックをする必要があります。

仕事内容4. 質問、クレーム応対|アパレル品質管理

お客様から品質に関する質問があった場合に対応を考えるのも品質管理の仕事です。また、自社商品の品質に関するお客様からのクレームの応対などにも応じます。

品質管理の資格

アパレルの品質管理に向いている人

商品の打ち出し方を決定する企画担当や、製品そのものをデザインするデザイナーなどと比べると、品質管理は一見華やかではないかもしれません。しかし、品質の安全を取り扱っているために、何か一つ間違ってしまえばお客様からの信頼を失うことになってしまったり、世に送り出した商品を回収しなければいけなくなり、損失を受けるといったケースもあります。そのため、責任感があり、一つ一つの商品と真摯に向き合える真面目な性格の人が向いていると言えるでしょう。

アパレル品質管理に転職するために有利な資格はこれ!

アパレルの品質管理の仕事には、家庭用品品質表示法に関する知識や、生地、副資材といった知識が必要なため、「繊維製品品質管理士(TES)」という資格を持っていると信頼感を与えることができるでしょう。繊維製品品質管理士とは、繊維製品のエキスパートのことです。繊維に関する一般知識や、家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識などが身につきます。試験では、繊維製品の品質管理業務に必要な知識を解答する短答式と応用力を試す記述式があります。この資格があることで、アパレルの品質管理への転職の際に有利になるだけでなく、実際に働く際に取引先へ安心感を与えることができるでしょう。

(出典:日本衣料管理協会 http://www.tes-shikaku.jp)

アパレルの品質管理のやりがい

品質管理は日本の高い品質基準を守ってより良い商品をお客様にお届けする仕事です。お客様からのお礼のメッセージを受け取る事も多く、お客様に喜んでいただくことが仕事のモチベーションにもつながる嬉しい点です。社内の企画部と対立しなければならない事もありますが、品質を守る努力を続けていると、お客様から感謝された時の喜びはひとしおです。また、アパレルの品質管理を経験すると、その後のキャリアとしては、生地屋、百貨店、検査機関、お客様センターなど多くの活躍の場が多くあります。

まとめ

商品の品質に関わるアパレルの品質管理の仕事は、自社のブランドや商品への信頼に関わる重要な役目を果たしています。責任感やコミュニケーション能力を活かして、アパレル業界の品質管理として活躍してみるのはいかがでしょうか。

WILLWORKS0042

InfomationFF通信 最新コンテンツ