WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • アパレルへの転職に年齢は無関係?制限の有無や気になる定年事情とは

アパレルへの転職に年齢は無関係?制限の有無や気になる定年事情とは

アパレルの定年

アパレル関連のショップに足を運ぶと、若い世代の店員が目に入ることが多いこともあり、アパレル業界=若者の業界と認識する方が多いようです。そうなると気になるのは、転職の際の年齢制限の有無や、中高年を迎えた際のキャリアではないでしょうか。

しかしアパレル業には様々な職種があり、幅広い年齢層の男女がいきいきと働いています。30代以降の方でも問題なく転職を成功させることができますので、重宝されることが多い年代別の職場や、気になる定年事情について詳しく解説していきます。

アパレル業界への転職に年齢の絶対条件はない

企業の方針によっても異なりますが、原則としてアパレル業界への転職に年齢が問われることはありません。20代の方はもちろん、30代以降の方でも問題なく転職を目指すことができますので、年齢制限について気にする必要は無いのです。

ただし、どんなブランドでも転職できるというわけではありません。アパレルのブランドは明確にターゲット層を設定していますから、ターゲットの年代に合う人材が選ばれます。好みだけでブランドを選択することは難しいという点については理解しておきましょう。

たとえば10代~20代に向けた洋服を販売しているお店に、40代以降のスタッフが在籍していると、ミスマッチに感じられてしまいます。従業員の平均年齢ともギャップが生まれやすく、採用されたとしても楽しく働き続けられるかどうかは不透明です。

適材適所という言葉がありますが、年代や性別で見たブランドの購買層と、自身の年齢に剥離が無いかどうかは慎重に判断しなければなりません。その見分けがしっかりとできていれば、時間をかけずに転職を成功させられる確率も上がります。

アパレルの年齢上限

年齢別に見たアパレル業界への転職のしかた

それでは、それぞれの年代別にどういった特徴を持つアパレル求人に応募すると採用されやすく、なおかつ快適に働ける可能性が高くなるのでしょうか。年齢別に見た転職の狙い目や、働き方について解説します。

10代~20代で転職する場合❘アパレル業界

転職先の候補を最も多く見つけやすいのが10代~20代です。この年代の場合は、未経験者でもアパレル業界に採用される可能性が高いことが特徴と言えます。接客に関与した経験が無かったとしても、ショップ店員に抜擢される可能性は多いにあるでしょう。

ブランドとしても、個人の個性やスキルをきちんと分析して採用・不採用を決めることは間違いないものの、自分たちのカラーに染めやすい年代だと考えています。ブランドが持つ独特な世界観を身に付けると同時にマナーや接客技術を養いやすい、転職に向いた年代です。

30代~40代で転職する場合❘アパレル業界

これまでに若者向けのブランドで働いてきたという方や、畑違いの業界から一念発起してアパレル業界を目指すという方が増える年代です。特に女性の場合は結婚・出産を経験し、より働きやすい職場に転職したいと考える方も少なくないでしょう。

この年代は、ブランドを変えればショップで働くこともできますし、過去のキャリアが認められれば、デザイナーや営業職としての採用も見込めます。ブランドカラーや環境の変化になれる必要はありますが、転職適齢期であることもまた事実です。

50代以降で転職する場合❘アパレル業界

50代以降になると、一般的なショップ店員として活躍することは難しくなりますが、反対にキャリアや落ち着きを重視する百貨店等では販売員としての需要を保てます。専門知識が求められる個人経営のお店にも活路を見出すことができるでしょう。

この年代までにデザイン等に関連する職歴やスキルを身に付けていれば、他ブランドに転職して活躍することもまだ可能です。状況次第では自分自身で起業するという道もあります。中高年以降のキャリアについては、次の項目で詳しく解説しましょう。

アパレルのキャリア

アパレル業界からの退職・転職を検討すべき年齢とは

転職を検討する方の多くが30~40代という現実を見れば、転職したアパレル業界で何歳まで働けるのか気になったり、心配したりする方が多いのではないでしょうか。中高年のキャリアや定年事情について、この項目で詳しくご紹介します。

アパレル業界では何歳まで働けるのか

ショップで販売員として働くということだけを考えれば、一般的なブランドの場合、ターゲット層の年齢から+10歳くらいまでが限度です。その後のアパレル業界での身の振り方は、配置換えを受けるか、別のブランドに転職するかの二者択一になります。

販売員としてのキャリアを継続したいのであれば、30代向けのブランドなら40代まで働けますし、40代向けのブランドなら50代でも働くことができます。自分の年齢に合うブランドに転職することで、販売員として過ごす時間を伸ばせるのです。

同じブランドに留まる場合は、配置換えを受けて別の部署で働くという選択肢があります。デザイン等に関する専門知識が無くても、営業職に就いたり、マーケティングを担当したりなど、幅広い選択肢の中から次に輝ける場所を見つけることが可能です。

同じ職場にいながらも、接客に関連する仕事を続けたいという場合は、店長を目指してみても良いでしょう。店長なら現場の責任者としてむしろ若すぎては務まりませんし、ノウハウを生かせる熟年のスタッフが重宝されることも珍しくありません。

50代以降でも働けるアパレル職とは

50代以降だとしても、前述したように百貨店などではシニア層の販売員が活躍しています。若者をターゲットにしたお店なら、セレクトショップへの転職は成功しやすいでしょう。専門的で幅広い知識や、接客技術が求められるためです。

個人経営のお店でも働けるチャンスがあります。そのお店の方向性に合致する人物だと判断されれば、即採用となる可能性すら秘めているのです。定年を考える年代を迎えたからといって、悲観する必要はありません。

起業すれば定年とは無縁で働けるアパレル業界

アパレル業界で培った経験と知識を生かして、起業して自分のブランドを持つという方法もあります。これなら自分の理想通りのお店を持つことができますし、定年とは無縁で体力が続く限り働くことが可能です。

デザインができず、店舗を持つ資金が無かったとしても、ネットを通じた販売なら初期投資の費用も抑えられます。流行を先読みして海外から既製品を輸入販売するなど、アパレルに関与する働き方は実に様々です。

別の業種へ転職してキャリアを生かす手もある

アパレル業界で得た経験を、全く別の業種に還元するということもできます。別業種の販売に携わることも可能ですし、営業の電話をかけたり、受注を受け付けたりするコールセンターでは60代以降の高齢者も在籍中です。

こういった業界にとって、長年アパレル業界に在籍した人材は非常に貴重な存在になります。熟年で転職を目指す場合も、成功する可能性は高いでしょう。アパレル業界で積み重ねた経験が、将来的に無駄になることはありません。

まとめ

アパレル業界には年齢制限がなく、何歳からでも転職を目指すことができます。ただしブランドのターゲット層に応じて活躍できる年代は限られることが多く、自身がマッチする職場に配置換えをしたり、再転職をしたりする必要は生じることになるでしょう。

50代以降でも、きちんとキャリアを積めば百貨店やセレクトショップ、個人経営のお店に転職できる可能性があります。起業したり、別業種に活躍の場を移したりすることもできるため、アパレル魚介でのキャリアが無駄になることはありません。

WN00020

この記事に関連する求人はコチラ

関連記事の新着