WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界で英語力は必要?英語を話す場面や語学力を生かせる求人をご紹介

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界で英語力は必要?英語を話す場面や語学力を生かせる求人をご紹介

アパレル業界の語学力

アパレルの仕事において、最も需要が高い職種といえば販売職です。店舗スタッフとして働き多くのお客様と接することになりますから、その中には当然のように外国人も含まれます。それでは、アパレル店員にとって一定の英語力は必須なのでしょうか。

この記事では、アパレル業界で勤務した場合に語学力が必要になるのかどうかを詳しく解説します。英語を使う可能性が高いシチュエーションや、語学力を生かせるアパレル求人にはどのようなものがあるのかについても、詳しく解説していきましょう。

アパレル業界で勤務する場合に英語力は必須なのか

アパレルの販売店には様々な国籍・人種のお客様が訪れます。大半の顧客が日本人である一方、収益の多くをインバウンドから確保しているアパレルメーカーも存在しますから、英語力が必須なのではないかと悩む方は少なくないのかもしれません。

結論としては、英語を話すことができなくても、アパレル業界に入ることはできます。外国人のお客様が多いアパレルメーカーの場合、外国人スタッフを数名雇って対応する場合も多く、日本語だけでも十分に接客を行うことが可能なのです。

ただし、一定の英語力を持っている人は、そうでない人と比べて仕事の幅を増やしやすいことは事実です。英語を話せる日本人スタッフの数はどの企業においても少ないため、重宝されやすく、より多くの職場で勤務できる可能性が広がります。

外資系アパレルブランドの場合は英語スキルが求められることが多い

外資系メーカー、特にハイブランドに関しては、日常会話レベルの英語力が求められることが多くなります。海外の本部で働く社員とコミュニケーションを取るために、どうしてもある程度英語を理解し、話すスキルが必要になるためです。

たとえばメールや電話で海外のスタッフと連絡を取る際には、英語が社内公用語として使われることが普通です。レポートの作成なども英語で行う必要があり、読む・書く・聴く・話すという四大要素がいずれも求められることになります。

ハイブランドに限らず、本社勤務を希望する場合は、日本支社内での勤務に特化するとしても英語のスキルが必要と考えておきましょう。ファッションに関する専門用語にも英語が使われますので、ビジネス英会話の知識を付けることも大切です。

アパレルの英語

アパレル業界で英語を使うのはどんなとき?

アパレル業界で働くために英語力が必要になるかどうかは、内資・外資の違いや、働く環境次第で大きく異なります。仕事中に英語を使う機会はどんなタイミングで訪れるのか、求められる英語の理解度も踏まえながら具体的なケースを挙げてご紹介しましょう。

アパレル店舗で外国人のお客様に接するとき

店舗スタッフとして働く場合は、外国人のお客様と接する際に英語が必要になります。お客様が何を求めているのかを把握できなければ、商品のおすすめができません。また、せっかく商品を買おうとしてくれているのに、それに気付けなくなる恐れも生じてしまいます。

このように言ってしまうと「販売の仕事は難しい」「外国人が多い店舗は避けたい」と思ってしまうかもしれませんが、店頭の場合は高度な英語力は必要ありません。お客様が店員に伝えたいことはごく僅かなパターンので、フレーズを覚えてしまえば対応可能です。

たとえば「少々お待ちください」をすんなりと英語で言うことができれば、英語が堪能なスタッフに引き継ぐ時間を稼げます。価格に関することや在庫の問い合わせなどに対しても、回答を丸暗記してしまえばコミュニケーションを取ることはできるのです。

海外の提携企業と連絡を取るとき

内資のアパレルメーカーだとしても、本社勤務を選択した場合は英語を使う機会が度々訪れます。特に海外に拠点を置く提携企業と連絡を取るときは、電話やメールのやり取りに英語を使うことが多く、特に工場とコミュニケーションを取る際に英語力が必要です。

素材を仕入れたり、商品を購入したりするときも、商売相手となる企業が海外のみで運営している場合は、日本語だけで商談を成立させることはできません。日常会話レベルの英語力が備わっていたほうが、仕事をスムーズに進めることができます。

反対に、自社の商品を海外の店舗で取り扱いたいといった連絡を受ける際も、英語でオファーが出される場合が一般的と言えます。アパレル業界は意外にも頻繁に英語を使う機会が多いため、語学スキルの高い人材ほど優遇されやすいのです。

アパレル外資系企業で本部のスタッフや外国人スタッフとやり取りするとき

外資ブランドの場合、日本支社にも外国人スタッフが派遣されることが多く、英語を使って日常的なコミュニケーションを取ります。こういった場面では専門用語のやり取りも英語で行われますから、アパレル関連のビジネス英会話能力が必要です。

本部のスタッフとも英語でコミュニケーションを取ります。メールや電話、あるいはSkypeなどのビデオチャットも英語で行われることが普通です。英会話ができなければ仕事に支障を来してしまう可能性が高いため、一定以上の語学力が求められます。

特にハイブランドの場合は、一流の接客スキルも備えていなければなりません。外国人のお客様とも余裕を持って接することができ、ストレスを感じさせずにスムーズに応対するためには、やはり英語力は欠かすことのできないスキルになります。

英語を活かせる求人

アパレル業界で英語力を生かせる求人とは

英語力が備わっていれば、そうでない人と比較してより多くのアパレル職を見つけることができます。接客業に携わるスタッフとして貴重な経験を重ねられる職場もありますので、職場の見つけ方も含めてチェックしておきましょう。

外国人が多い都心の店舗で働きやすい❘アパレル業界

外国人の来客数の大小は、同じブランドでも店舗によって大きく異なります。例えばインバウンドが多い東京都内は地方都市の店舗と比較して圧倒的に外国人客の割合が高いため、英語を話せるスタッフは優先的に都心の店舗に派遣される可能性があるのです。

アウトレットも職場の候補にしやすくなる❘アパレル業界

インバウンドが多い店舗と言えばアウトレットも見逃せません。アウトレットの店舗では、通訳の役目も果たせる外国語スキルを持った人材が重宝されます。アウトレットで働くと、仕事のついでにお値打ちの商品を買って帰りやすいという、特別なメリットもあります。

アパレル専門の転職サイトを利用すると理想の職場が見つかる

英語を生かせるアパレル職を見つけたいのであれば、アパレル専門の転職サイトやエージェントを利用しましょう。一般的な求人サイトと比べてアパレル関連職の非公開求人が多く、理想的な職場を見つけられます。

外国人と接することが好きな方や、せっかくの英語スキルを無駄にしたくないという方は、英語力のある人材を求めている職場を選びましょう。ウィンウィンの関係を築き、幸福感を持って仕事に取り組むことができるはずです。

まとめ

日本国内の企業の場合、基本的にアパレル職に就くために英語力が必要とされることはありません。ただし、外資系企業への就職を目指す場合は、最低でも日常会話レベルの英語力が求められることが一般的です。

内資アパレルメーカーにおいても、英語ができれば仕事内容の選択肢が広がります。アパレル専門の転職サイトやエージェントを活用しながら、語学スキルを生かせるアパレル職を探してみましょう。

WN00017

InfomationFF通信 最新コンテンツ