WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界で起こりがちな人間関係の悩みとは?代表的な例や解決策を紹介

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界で起こりがちな人間関係の悩みとは?代表的な例や解決策を紹介

アパレルの人間関係

オシャレな洋服をキラキラした笑顔で販売するアパレル業界は、華やかな世界である一方で、人間関係の悩みを持つスタッフが多い職場でもあります。スタッフ間でギスギスした雰囲気が生まれてしまいやすい裏には、どんな理由や事情が潜んでいるのでしょうか。

アパレル業界で起こることが多い代表的なトラブルの事例や、それを解決するための方法について、この記事に詳しくまとめました。今後のトラブルを未然に防ぎたいという方のほか、今まさに人間関係で悩んでいるという方も是非ご覧になってみてください。

アパレル業界で人間関係がこじれやすくなる理由

まず、どうしてアパレル業界では人間関係がこじれることも多いのでしょうか。その理由の裏には、アパレル業界ならではの特殊な事情も絡んでいます。トラブルが発生しやすくなるそもそもの理由について確認しておきましょう。

ノルマが厳しくライバル関係になってしまうため

ショップにおいては、毎月の売上に関する個人ノルマが課される場合があり、結果的にお店の中のスタッフが仲間ではなくライバル関係になってしまいます。対抗心が悪い方向に向かうとギスギスした雰囲気が生まれ、やがて衝突に結び付くことも珍しくありません。

特に常連客は奪い合いになることもあり、より露骨な対抗心が生まれます。そのような態度を自分自身が取って顰蹙を買うことも考えられますし、常連客を優先しすぎる同僚にイライラした感情を持つことも考えられ、これが人間関係を悪化させる原因になるのです。

派閥争いに巻き込まれてしまう

先輩スタッフが多い職場の場合、派閥争いに巻き込まれる可能性もあります。どちらの派閥に付くのか選ぶように求められたり、仲良くしている人と敵対している人から一方的に敵として見なされたりするリスクが無いとは言い切れません。

アパレルの場合、店長の方針と本部の方針が合わず、それがキッカケで派閥が生まれることもあります。どんな業界でも派閥争いが起きることはありますが、そのような特殊な事情があり、なおかつ同性が多い職場という状況も手伝って、派閥争いが激化することがあるのです。

上司や先輩からパワハラを受けてしまう

アパレルの店舗では、土日や祝日に営業することは当たり前ですし、お店によって閉店時間が夜遅くになることもあります。こういった労働環境が原因で従業員がストレスを抱えることもあり、後輩や同僚に厳しく当たってしまうスタッフもいるようです。

上司からは、土日祝日や夜間にシフトを入れるように強要されるといったパワハラが起こることもあります。立場上出社を断り切ることができず、無理な出社を繰り返しているうちに、人間関係にもヒビが入ってしまうことは珍しくありません。

スタッフの仲が良すぎることも火種になる場合がある

派閥が無く、パワハラも起こらない平和的な職場でも、逆にスタッフ間の仲が良すぎることが原因で人間関係に亀裂が走ることがあります。飲み会やプライベートの遊びの誘いがあまりにも多く、疲れを感じてしまうという方もいるのです。

プライベートでも職場のスタッフと交流を重ねたい方にとっては理想的な環境ですが、仕事とプライベートを区別したい場合はストレスの源になります。チームワークの良さが強みになることもあれば、反対に火種を生む原因になることもあるのです。

人間関係の悩み

アパレル業界で人間関係を良好に保つためのコツとは

すべての職場で上記のような問題が起きているわけではありませんが、その他の業種と同じように、アパレル業でも人間関係のトラブルが発生することはあります。それを事前に割けるためのコツを、この項目を使ってお伝えしましょう。

入社する前に店舗の様子を見てみる

まずは、入社するよりも前に店舗の様子を見に行ってみることをおすすめします。ショップに足を運んで、スタッフの表情やコミュニケーションの取り方を見てみましょう。これだけでも、問題がありそうな職場かどうかをある程度判断できます。

スタッフの笑顔が極端に少なかったり、スタッフが商品を雑に扱っていたり、スタッフ間がギスギスした雰囲気だったりする場合は要注意です。その場で働くイメージを明確に持ち、自分が馴染めそうかどうかを考えてみましょう。

職場で貫くキャラクターを作ってしまう

職場におけるキャラクターを確立してしまえば、深い人間関係に左右されることは無くなります。仕事を終えたらすぐに帰る、プライベートでの付き合いは一切しないという風に一線を引き、過干渉を防ぐという手を打ってみても良いでしょう。

ただし、生意気に感じられてしまうような態度を取ることは避けなければなりません。最低限の礼儀や付き合いは果たし、プロとしての仕事を全うした上でのキャラクターであることを意識して働くことが大切です。

自分から心を開いて話してみる

同僚や上司、後輩との壁を感じてしまっているのであれば、自分から心を開いて話しかけてみてはいかがでしょうか。特に信頼できる人物に相談を持ち掛けたり、プライベートで遊びに誘ったりすることで、状況が変化するかもしれません。

敵対関係が生まれてしまっているのであれば、相手を悪者だと思い込まず、直接話し合う勇気も必要です。話してみるとお互いに不満を持っていた理由が伝わり、誤解があるならばそれが解け、一気に人間関係が良くなる可能性があります。

人間関係で転職

アパレル業界の人間関係をリセットしたいなら転職も検討すべき

どうしても解決することができないほど、人間関係が破綻してしまうこともあります。決定的な溝が生まれた場合、その場に留まり続けることが正解とは言えません。人間関係をリセットしたいなら、転職も視野に含めて検討していきましょう。

アパレル専門の転職サイトやエージェントがおすすめ

アパレル業界で転職を行うならば、アパレル専門の転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。こういったサービスを提供する会社は、多くのアパレルメーカーの非公開求人を持つだけでなく、アパレル業界ならではの特殊な事情についても理解しています。

今の仕事を辞める理由が何なのか、どの様な人間関係の問題に悩まされているのかを正確に伝えることで、同じトラブルに巻き込まれるリスクが少ない職場の紹介を受けられます。人間関係の破綻が原因で、好きなアパレル業界そのものから離れる必要は無いのです。

アパレル専門の転職エージェントには条件の希望も伝えられる

人間関係の問題以外でも、エージェントには職場に対する様々な希望を伝えられます。残業の少ない職場、福利厚生が充実した職場、ノルマのない職場といった条件を持った会社を探すことができますから、ストレスを抱えず快適に働ける職場を見つけやすくなります。

まとめ

アパレル業界における人間関係の悩みとして多いのは、ノルマや派閥が原因でスタッフ間に亀裂が走ることです。土日祝日の出勤を強要されるなど、パワハラまがいの扱いを受け、上司との人間関係に苦慮する方もいます。

こういった問題の解決策はいくつかありますが、特に効果的な方法は転職をすることです。転職サイトやエージェントを活用することで、同じ苦しみを繰り返さずに済む職場の紹介を受けられますから、アパレル業界から去ることは考えずに理想的な職場を見つけましょう。

WN00016

InfomationFF通信 最新コンテンツ