--

WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル企業のWEB担当(EC担当)になるには?必要なスキルや仕事の探し方を解説

Articleファッション仕事NEWS

アパレル企業のWEB担当(EC担当)になるには?必要なスキルや仕事の探し方を解説

アパレルの通販担当

近年ではアパレルの販売戦略にも大きな変化が見られ、ECサイトの拡充に全力を注ぐ企業も増加しています。特にコロナ禍にある昨今は、非対面・非接触で売買を行うことが重視されており、WEB担当者の採用や育成を急速に進める動きも目立ち始めました。

※ECサイトとは、インターネット上で独自運営のウェブサイトから自社商品を販売するためのサイトのこと。

そのような現実や未来を見据えて、アパレル企業のWEB担当(EC担当)を目指す方が増加中です。アパレルのWEB担当にはどんなスキルや経歴、素養が求められるのか、そしてWEB担当求人はどのように見つけると良いのか、この記事で詳しく解説します。

アパレル企業のWEB担当に求められるスキルとは

アパレル企業において、WEB担当(EC担当)を採用する際、人材にどのようなスキルを求めているのでしょうか。企業の補強ポイントに合致する強みを持っていれば、就職・転職の成功率は上がります。ニーズに応えるべく、スキルを磨いて備えましょう。

WEBサイトのプログラムやデザインを行える人物

大手から中小企業まで、サイトのデザインや基礎的な運営は外注することが一般的です。ただし、突発的なトラブルに即座に対応する場合や、サイトの特徴を生かした商品の売り方を企画するためには、自社の従業員にも一定のプログラムやデザインのスキルが必要です。

WEBサイトを作るというだけではなく、より良いサイトに更新することもWEB担当に求められる要素です。プログラムやデザインの知識を持っていれば、実現可能な範囲内で修正を依頼したり、サイトの更新をしたりする際の貴重な戦力になることができます。

数字を把握して分析する能力

ECサイトの場合、実店舗と比較して売上以外のデータも細かく集積することが可能です。たとえばWEBサイトのPV、広告のROIといった数字が導き出されるため、その結果を正確に把握する能力が求められます。

その数字を生かして改善に繋げられるように、分析する能力も重視されています。PVをはじめとするデータを見ながら自社の強みと弱みを認識して、長所をさらに補強して、短所を無くすための施策を立てる分析力が必要となるのです。

少人数でサイクルを回すマネジメント力

大規模なアパレルメーカーであったとしても、WEBサイトの部門にはあまり多くの人材を割くことが無く、少人数で事業を回すケースがほとんどです。スタッフ一人一人が抱えるタスクは多岐に渡ることが多く、リーダーシップや自主性が求められています。

1週間や1ヶ月という単位のスケジュールをミスなくこなすためには、企画から事前準備、予算配分、実行といったサイクルをマネジメントする能力が必須です。転職を目指す方の場合、前職でマネジメント経験を持っていれば大きなアドバンテージになります。

状況の変化を素早く見つけられる察知力

PVが多いページでどんな商品を訴求するのか、如何にして話題性のある商品を目立つ場所に設置するのかといった点は、売れるECサイトを生み出すための重要な要素です。サイトの改善を実現するためには、状況や流行の変化を素早く見つける察知力が必要になります。

ミスを起こさずに取り扱い商品を掲載する集中力

アパレルの場合は商品同士の類似性が高く、画像の挿入箇所を間違えてしまったり、価格を付け間違えてしまったりといったミスが起こりがちです。これをできる限り防ぎ、正確に取り扱い商品を掲載する集中力が求められています。

このようなミスが原因で発生したクレームや返品の要求にも、基本的にはWEB担当が対応に当たることになります。顧客と円滑にコミュニケーションを取り、的確な対応を徹底できる応対力も、WEB担当者に必要な素養と言えるでしょう。

アパレルのEC担当

アパレル企業でWEB担当職に就く方法とは

アパレル企業のWEB担当職に就くためにはどうすれば良いのでしょうか。上記のようなスキルが備わっていたとしても、それをアピールできる場を見つけられなければ意味がありません。転職先を見つけるための具体的な方法をお伝えします。

アパレル専門の転職サイト・転職エージェントを利用する

転職活動を進める上で強い味方になってくれるのが転職サイトや転職エージェントです。こういったサービスを提供する会社は、一般的な求人情報誌には掲載されない非公開求人を抱えることが多く、求めている仕事をより簡単に見つけられます。

アパレル業界への転職を目指すなら、アパレル専用の転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。アパレル専門のサービスを提供する会社には、より多くのアパレル関連企業が登録しており、希望する業種と職種を最短ルートで発見できるのです。

可能な限り大手企業に絞ってアプローチする

大手のアパレル企業の場合は、既にECサイトを保有し運営・管理している可能性が非常に高くなります。仮にECサイトを本格稼働させていなかったとしても、大手なら新しい事業をスタートさせる際の足取りが軽やかで、資金的にも余裕があることがほとんどです。

ECサイトの運営を行っている企業なら、表向きにはWEB担当者の募集を行っていなくても、適切なスキルを持つ人材であれば獲得しようとする意志を見せることがあります。転職サイトからこういった企業とマッチングできれば、転職成功率が上昇するでしょう。

WEBサイト制作のスキルに磨きをかける

企業側としては、WEB担当の人材を確保する際に、その人物が本当にWEBやECに強いのかどうかを慎重に判断します。WEBに関連するスキルを証明する資格や職歴があれば明確な根拠となり、転職を有利に進めることが可能です。

企業側にとって分かりやすい職歴が無いという場合は、自分自身で制作したWEBページ等をサンプルとして提出することも視野に含めましょう。アパレルの販売に向いたデザインや、特別な機能を備え付けることが訴求ポイントになります。

ECサイト担当に転職

まずは自分にWEB担当が向いているかどうか知ることが大切

多くの職種があるアパレル業界において、WEB担当というポジションが本当に向いているのかどうか知ることも重要です。自分自身の長所と仕事内容が合致していれば、面接の際に強く訴求することができますから、仕事内容の特徴も把握しておきましょう。

自社情報や商品の更新が主な仕事になる

WEBサイト管理の場合は自社情報の更新、ECサイト管理の場合は商品の更新作業が主な仕事になります。SNSなどで話題になった商品はすぐに完売することもありますから、売れ行きをきちんと確認して対応する作業も怠ることができません。

企業の規模によっては、商品の撮影や画像の編集などをWEB担当のスタッフが行うこともあります。プログラミングなどの実績が無くても、Photoshopを使いこなせる能力を持っている場合などは、転職しやすくなるでしょう。

問い合わせへの回答など地味な作業も多い

企業や商品に対する問い合わせ全般に回答するなど、地味な作業が多いこともWEB担当の仕事の特徴です。ときにはクレームを受けることもありますが、これに対しても真摯な対応を見せ、改善点を洗い出すことも任務の一つになります。

まとめ

アパレルのWEB担当(EC担当)に求められるスキルは、デザインやプログラムといったWEBサイト管理の基礎技術に加え、分析力や集中力といった素養です。WEB担当が行う仕事内容も知り、自分に合っているかどうか再確認しておきましょう。

このジャンルの仕事を見つけるためには、アパレル専門の転職サイトや転職エージェントを利用して職探しを行いましょう。大手企業ほどWEB担当者の採用を積極的に行っており、未経験でもスキル次第では抜擢される可能性が十分にあります。

WN00015

InfomationFF通信 最新コンテンツ