WILL WORKS ウィルワークス

Hints & Tips / 転職お役立ち情報

  • TOP
  • 高卒でアパレル業界入りは可能?正社員として転職するための近道をご紹介

高卒でアパレル業界入りは可能?正社員として転職するための近道をご紹介

正社員として転職

就職活動と切っても切り離せない要素の一つに学歴があります。「大卒以上」という条件で正社員の募集を行っている企業や業界も存在しますが、アパレルも学歴が就職に大きく影響する業界なのでしょうか。

この記事では、高卒でアパレル業界に転職、あるいは就職することが可能なのかどうか、具体的な理由と併せて解説します。また、正社員になるための近道にはどのような方法があるのかについてもご紹介しましょう。

高卒でアパレル業界に転職することは可能なのか

結論としては、高卒でも正社員としてアパレル業界に転職することは可能です。ブランドによって考え方が異なる点は否めませんが、一般論としては高校や専門学校を卒業した大卒以外の方でも、まったく問題なく業界入りすることができます。

アパレル業界の募集要項を見れば一目瞭然ですが、大半の企業が「学歴不問」という条件で新卒や中途の採用を行っているのです。就職後の将来は実績によって出世の有無が変わりますが、高卒でも中卒でもスタートラインに立つことができます。

アパレル業界が学歴を重視しない理由

アパレル業界は、その他の業種とは異なる個性を見極めて人材の選別を行っています。洋服やデザインに関する専門的な技術や経験、あるいはコミュニケーションスキルといった要素を学歴以上に重視しているのです。

極論ではありますが、法律の知識が無くてもデザインをすることはできますし、経営の知識が無くても販売をすることは可能です。アパレル業界では、そういった知識よりもファッションセンスを優先するため、学歴だけで採用の可否を判断することはありません。

高卒者に要求されるスキルは何か

アパレル企業が高卒の就職希望者に求めている要素は、コミュニケーション能力と労働意欲という2点です。いずれもアパレルで働く上では非常に重要な要素で、逆に言えばこれが欠けていると大卒でも入社のハードルが高くなります。

その理由は、大半の新入社員が入社直後は販売員として各店舗に派遣されるというアパレル業界特有の事情にあります。店舗スタッフはブランドにとっての顔になりますから、人当たりが良く、接客態度の良い人材を採用することを最優先にしているのです。

高卒でアパレル業界

高卒でアパレル業界に転職した後のキャリアはどうなるのか

先ほど軽く触れていますが、アパレル業界への転職後は原則として販売員からキャリアをスタートさせることになります。同業種から転職する場合には例外もありますが、この原則は新卒組・転職組ともに変わることはありません。

しかし、その後はキャリアアップを見込むことができます。進む道としては、店舗勤務を続けたまま責任ある職に就くか、本社勤務に配置換えが行われるかのいずれかです。それぞれの仕事内容について、この項目で確認しておきましょう。

店長などマネージャー職へのキャリアアップ

販売員としての実績が認められると、店舗を統括する店長やマネージャー職へのキャリアアップを見込めます。お店に出て接客を行うという仕事のベースは変わりませんが、スタッフのシフトを管理したり、クレームに対応したりといった仕事が増えることが普通です。

接客の仕事に魅力を感じている方が、キャリアを重ねながら好きな仕事を続けられることが利点と言えるでしょう。一つの店舗を飛び越え、特定のエリア全体を管理・担当する仕事に就く人もおり、選択肢は豊富です。

営業職やデザイナーなど本社勤務へのキャリアアップ

営業やデザイナーとして採用されていなかったとしても、別の職種への配置換えを希望し、会社からの信頼を得られている場合は、本社勤務へのキャリアアップを目指せます。店舗勤務を修行の時間にも充てられますので、日ごろのモチベーションにもなることでしょう。

クリエイティブな仕事としては、デザイナーやパタンナーというものがあります。そこまでの技術が身についていなかったとしても、商品や素材の買い付けを行ったり、商品管理をしたりといった仕事に携わることも可能です。

企画職では、ブランドの方向性を考えたり、そのシーズンのデザインコンセプトを考えたりする仕事や、販売店舗拡大を目指す上で重要な営業の仕事にも就くことができます。こういった仕事には、ブランドの特性や客層を理解するために販売職の経験が必須となるのです。

高卒と大卒ではキャリアに違いが生じるのか

会社によって方針が異なるため一概には言えませんが、販売職と総合職を明確に分けている企業の場合は、高卒と大卒でキャリアの軌道に違いが出る場合があります。販売職は販売のみ、総合職は本社勤務という大前提が付くためです。

総合職の場合は、大卒や専門学校卒といった学歴が求められることが一般的で、高卒を採用することはあまり多くありません。本来ならば総合職を希望したいという場合でも、学歴が理由で販売職しか選べないという問題は出てきてしまいます。

販売職からでも、会社の方針や努力次第では本社勤務に移れる可能性はあります。ただし販売職として採用されている以上、異動が無かったとしても文句は言えません。こういった点に注意しながら、転職先や就職先を探してみると良いでしょう。

転職するための近道

高卒でアパレル業界に転職するための近道

高卒でも転職や就職のチャンスが十分にあるアパレル業界ですが、転職・就職の成功率をさらに高めるためには何を意識すべきなのでしょうか。応募のしかたから面接で意識すべきことまで、重要なポイントを解説します。

アパレル専門の転職サイトを活用する

転職サイトや転職エージェントの中には、アパレル企業だけを取り扱っている会社が存在します。こういった専門的なサービスを活用することにより、一般的な転職サイトには掲載されないアパレル求人を見つけられる可能性が高まるため有利です。

転職エージェントなら、将来的に希望したいキャリアプランをエージェントに対して明確に伝えて、その希望を満たす企業の紹介を受けることもできます。このようなサービスを積極的に利用することも、転職を成功させるためのポイントです。

社員登用制度ありの会社でアルバイトから始める

どうしても高卒から入社できる会社が見つからないときは、社員登用制度ありの会社でアルバイトするという手もあります。一種の賭けではありますが、販売員として実績を作り、真面目に働く姿勢を見せられれば、非正規雇用から正社員へのステップアップも可能です。

面接を突破するためにカギを握るのは意欲

面接で企業側が深く確認しているのは、その人物に働く意欲があるかどうかです。土日や夜間にお店に出ることができる、アパレルが好きという気持ちを明確に持っている、やる気に満ちていて協調性があるといった特徴を持つことが伝われば、採用は一気に近付きます。

まとめ

アパレル業界は学歴不問で正社員を募集することが多く、高卒者の転職や就職の難易度は高くありません。販売職からのスタートだとしても、会社の方針やお店での頑張り次第では、本社勤務等にステップアップできる可能性も秘めています。

転職サイトやエージェントなどのサービスにはアパレル専門の会社もありますので、こういったサービスを活用しながら転職先を探しましょう。強い意欲を持つことが伝われば転職成功への道は大きく開きますし、最後の手段として非正規雇用から社員登用を勝ち取るという手段も選択肢に含むことができます。

アパレル転職エージェント ウィルワークス無料相談https://www.willworks-search.com/

WN00014

関連記事の新着