WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界にある職種のまとめ!それぞれの特徴や魅力を深掘りして解説

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界にある職種のまとめ!それぞれの特徴や魅力を深掘りして解説

アパレル業界 職種

アパレル業界には非常に多くの職種があります。人前に立つ仕事ばかりが目立ちますが、その裏には店舗を支えるスタッフや商品を作るスタッフ、そしてブランドを世の中に送り出すために尽力するスタッフも多く存在しているのです。

アパレル業界への転職や就職を目指す方にとって、現在、そして将来どんな職種に就くのか、一定の方向性を定めることが大切です。それぞれの職種の特徴や魅力を深掘りして解説していきますので、ぜひ転職活動にお役立てください。

【販売系】アパレルの中で特に需要が高く、好きな物や人に囲まれる職種

アパレル 販売係

アパレル業界の中でも特に需要が高く、ブランドと顧客をつなぐ架け橋となれるのが販売系の職種です。基本的にはショップに立って接客を行い、お客様に合ったコーディネートを提案したり、レジを通して販売をしたりします。

販売系の職種を選ぶ魅力は、好きな洋服やたくさんの人に囲まれながら働けることです。季節やトレンドを取り入れたアイテムにいち早く触れることができ、多くの顧客とコミュニケーションを取れることにやりがいや喜びを感じている人が多い職種になります。

また、努力が分かりやすく結果に結び付く職種でもあります。接客スキルを高めたり、アパレルに関する知識を増やしたりすることで、売上という分かりやすい結果を向上するのです。これは大きなモチベーションになりますし、結果次第では出世も見込めます。

販売系の職種にはどんな仕事がある?

販売系の職種における仕事内容として、中核を担うことになるのはズバリ販売員です。お客様の中には、そのブランドのデザインのみならず、お店の雰囲気やコンセプトに共感してファンになる方もおられます。そういった顧客を生み出すことも販売員の仕事と言えます。

複数の店舗を管理して、ブランド本部からの方針を各店舗に伝達するエリアマネージャーという仕事もあります。また、ネットを通じてファンを増やしたり、新商品の情報を開示したり、ときには販売ページを管理したりするイーコマースの仕事を見つけることも可能です。

アパレル業界の場合、きちんとした結果を残せば素早く出世することもできます。20代や30代前半で店長となりキャリアアップさせるスタッフも多く存在しますし、お店の教育係など、多くの自社スタッフと深く関われる仕事に就けることも特徴的です。

【企画系】時代の流れを読む力が問われる、アパレルの中核を担う職種

ブランドの中長期的な戦略を定めたり、時代に合ったコンセプトを定めたりといった、アパレルの中核を担う職種が企画系の仕事です。デザイン性だけを追及するのではなく、競合他社や市場の分析も行い、自社の売上アップに貢献していきます。

この職種を選ぶ魅力は、ブランドの方向性そのものを変化させられるという点です。企画職が提案したコンセプトを基にしてデザインを行うというブランドはとても多く、実質的にそのシーズンの売上に対して直接的な貢献を果たすことができます。

企画職には、一度アパレル業界に就職をして、販売員としてのキャリアを積んでから配置換えという形で就くケースが目立ちます。販売員からキャリアアップする形と、反対に企画職に就くために現場を経験する形で、2つの就業パターンがあることが特徴です。

マーケティングも含む仕事であることから、アパレルとは全く無関係な業種のマーケティング経験者が転職して業界入りすることもあります。ただし、方向性を定める上では洋服の知識量も重要ですから、一定の専門的な経験値が求められることも事実です。

企画系の職種にはどんな仕事がある?

前述したようなマーケティングを行ってブランドの方向性を定めるという以外にも、多くの仕事が企画系の職種にはあります。たとえば、企画によって定めたコンセプトを各店舗に向けて伝達する「ビジュアルマーチャンダイザー」もその一つです。

アパレル業界では、営業職も企画系の職種の一つとして数えられます。自社製品や業界全体に対する知識を生かし、顧客や販売店に向けて商品をアピールする仕事です。取り扱い店舗を増やすことができれば、ブランドの売上に大きく貢献することができます。

また、雑誌やテレビをはじめとするメディア対応を行う広報という仕事もあります。モデルを選んだり、コマーシャルに採用するタレントを選んだりすることも企画職の仕事ですし、プレスリリースを作成したり、SNSを更新したりする仕事も見つけることが可能です。

【デザイナー系】どこまでも夢を追える、アパレルの花形と言える職種

ブランドによるコンセプトやイメージを具現化させ、魅力的な商品を作る職種がデザイナー系の仕事です。自分自身で作り上げたデザインの洋服が流通することに誇りを感じる人は多く、アパレルの花形とも言える職種でしょう。

デザインそのものの実力やセンスが求められることになりますが、それ以外にも新しい素材や製法に関するリサーチ力など、探求心の強さが重要な仕事です。流行に敏感な人物ほど、デザイナーとして大成する可能性が高くなります。

一般的には、服飾系の学校を卒業してアパレルに勤めたり、販売員等の職種から異動したりする道を歩みながら、デザイナーになるという夢を叶えます。デザイナーとして入社できたとしても、最初からデザインだけに関与して働ける人はほとんどいないのです。

未経験からデザインに関連する職種に転職することは困難ですが、可能性が無いわけではありません。20代、30代といった若い世代であれば、アパレル業界に転職して他の職種を経験し、将来的にキャリアアップを望むこともできます。

デザイナー系の職種にはどんな仕事がある?

ブランドのコンセプトからデザインを作り出す典型的なアパレルデザイナー以外にも、デザイナー系の職種には多くの仕事が存在します。たとえば、デザイナーによって作られたデザインを立体化させるパタンナーも、花形の職種の一つです。

デザインを製品化させるためには、デザインのコンセプトと一致する商品や素材の仕入れも必要不可欠になります。これを行うバイヤーという仕事も、アパレル業界においてはデザイナー系の仕事として数えられることが一般的です。

また、ブランドが発注した製品が工場から届いたときに、その品質を確認したり、商品を管理したりする品質管理の仕事もあります。これもブランドの価値を維持し、顧客の期待を裏切らぬよう責任を果たすために、最重要視される仕事と言えるでしょう。

デザイナーもデザインだけを手掛けているのではなく、仕様書を作成したり、サンプルを確認して修正したりといった地味な仕事を並行して行います。夢を売る仕事ですが、現実と向き合って折り合いを付けられる精神力や交渉力が求められる職種でもあるのです。

まとめ

アパレル業界には多くの職種がありますが、大きく分けると販売系・企画系・デザイナー系という3つのジャンルに分類できます。それぞれ仕事内容がまったく異なりますが、いずれもブランドにとって重要なポストであることは間違いありません。

これまでのキャリアや年代によって、転職先として選べる職種が限定される場合もあります。基本的には、どの職種を選んだとしても、最初に販売系の仕事を経験することが普通であり、上級職への登竜門になっています。

InfomationFF通信 最新コンテンツ