--

WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 正社員でキャリアアップ!! アパレル業界への転職

Articleファッション仕事NEWS

正社員でキャリアアップ!! アパレル業界への転職

アパレルの正社員

服が好き。アパレル業界で働きたい。学歴に不安があるけど正社員で働きたい。とお考えの方も多いのではないでしょか。

ここでは、アパレル業界と学歴についてお話ししていきます。アパレル業界における学歴の必要性や高卒で就職する方法、大卒で就職した際の違い、キャリアアップについてご紹介いたしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

アパレル業界への正社員としての就職に学歴は必要?

募集の職種にも異なりますが、アパレル業界では、販売、デザイナー、バイヤー、EC、営業、物流、事務などたくさんの職種があります。

アパレル業界の販売では「高卒以上」「学歴不問」としている求人が多いです。アパレル販売は学歴を重視するよりも、

•ファッションが好きか

•コミニケーション能力があり、接客がうまくできるか

•働く意欲があるか

などが大変重要になります。

アパレル業界の販売以外では「大卒以上」の学歴であったり、ファッションに関する専門学校で専門知識を学んだり、関連する知識、経験を求められます。

•ファッション販売能力検定

•色彩検定

•ネットショップ実務士検定

などが重要になります。

アパレル業界で正社員になるには

アルバイト求人が目立つアパレル業界では、はじめから正社員として就職することは簡単なことではありません。

アパレル業界では「1店舗につき社員1人まで」と配置できる社員数が決められていることがあったり、実力が必要とされる業界なのでヘッドハンティングされた方が優遇されることも多いのです。

ですが、アルバイトや契約社員から務め、店長、エリアマネージャー、本社勤務にまで登りつめた方も実際にいらっしゃいます。

アパレル正社員のメリット

正社員として働くメリット・デメリット|アパレル業界

正社員として働くメリットは次のことが挙げられます。

・正社員のメリット1-給料が安定している

アルバイトでの契約の場合、給料が安かったり、毎月の収入にバラツキがあります。コロナ渦において、実際シフトを減らされてしまって収入が減ったり、派遣社員の方は契約を切られてしまった方も少なくないでしょう。その点、正社員は月給制が一般的なので収入は安定しています。

・正社員のメリット2-社会保険や福利厚生などが充実している

福利厚生とは企業が従業員に提供する、給与以外の報酬やサービスのことです。正社員になると使える福利厚生が多く、とくに住宅手当などは正社員ならではのケースが多いです。契約社員やアルバイトでも対象の企業があるので事前に調べておくとよいでしょう。

・正社員のメリット3-任される責任が変わる

正社員は他の契約の方より、責任感のある仕事を任せてもらえます。やりがいのある仕事がしたい方には働きがいが得られるでしょう。

では、正社員として働くデメリットは何でしょうか。

・正社員のデメリット1-休みがとりにくい

スタッフの人数にもよりますが、アパレルは繁忙期の時期などはやはり休み希望が通りにくいです。月にいくつまで休み希望を出せるか決まっている企業もあるでしょう。新店舗がオープンする時なども正社員の方が優先的に応援に駆けつけることになると思います。自由なシフト制で働きたい場合は正社員での勤務は向いてないかもしれません。

・正社員のデメリット2-異動が多い

アパレル業界は異動が多いです。年度末に退職する社員や、新卒が入社し人事が大きく変わる時期です。環境が変わり大変かもしれませんが、同じ店舗、部署に居続ける人よりも異動して経験を積んだ人の方が成長が速いです。大変なぶん得られるものも多いと思うので挑戦してみましょう。

アパレル正社員のキャリア

アパレル業界正社員でのキャリアアップ

•店長 副店長

販売職として採用されると、百貨店やファッションビルなどに入っている店舗で接客、販売、在庫管理、ディスプレーなどを行いながら経験を積んでいきます。販売員として経験、実績を積むと副店長や店長へキャリアアップできます。店舗の最高責任者である店長は、スタッフの採用や育成、商品管理といった店舗運営に関するあらゆる仕事を行わなくてはなりません。その月の目標予算達成できるように務めます。

•エリアマネージャー

店長としてしっかり実績を認められたら他店舗を統括するエリアマネージャーなどの管理職に昇格することも可能です。エリアマネージャーは、競合調査やお客様の動向を調査して自分が担当するエリアのお店にフィードバックする役割があります。市場調査、商品構成、店長の教育など担当するお店に出向き多様な業務を行うため、幅広い知識やスキルが必要とされます。

•本社勤務

販売員として実績を重ねて評価されると、社内公募や異動辞令により本社勤務になる可能性があります。本社では、営業や企画、バイヤーなどの販売以外の仕事を行うことが多く、販売職で培ってきた知識やスキルをベースに、多様な知識が求められます。ただ、本社勤務は販売職で採用された場合なかなか難しい道のりです。本社勤務を目指すのであれば、社内公募や異動辞令といった自社内での変化を待つよりも、転職でキャリアアップを目指すことをお勧めします。アパレルの本社勤務は人気が高いため、経験だけでなく、希望する職種に沿った自分の強みを身につけてアピールできるようにしておくことが大事になります。

WILLWORKS00015

InfomationFF通信 最新コンテンツ