WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界への転職時に必ず聞かれることとは? 面接の裏技!!

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界への転職時に必ず聞かれることとは? 面接の裏技!!

アパレルの面接

アパレルの面接は他と少し異なります。面接でよく聞かれる質問や服装、持ち物など知っておきたいいろいろなことをご紹介します。アパレル業界の面接対策にお役立て下さい。

アパレル面接の主な流れとは?|転職情報

1.応募

まずは希望するアパレルブランドやショップに応募します。求人サイトからコンタクトを取るのが一般的ですが、企業の公式サイトなどでもお応募を受け付けていることもあります。

2.書類選考

求人サイトやブランドによっては、面接前に私服写真や履歴書など書類の郵送をお願いされることがあります。書類選考後、面接日程などの連絡がきます。

3.面接

日程が決まったら、面接に向けて準備しましょう。面接時の服装や持ち物、質問例を事前にチェック!面接から合否までの期間はおおむね一週間ほどです。

アパレル面接を受ける際の服装と持ち物とは?|転職情報

アパレル職に就くためには、ファションが好きなことをアピールすることがとても大切です。面接を受けるブランドのアイテムを取り入れたり、トレンドを重視したコーディネートは面接官に好印象を与えられるため積極的に取り入れましょう。トレンドアイテムを取り入れる際は、競合他社のロゴが入ったものや面接を受けるブランドイメージから離れるものは避けておくのがよいでしょう。

また、スーツの着用は私服の雰囲気や実際に働いているイメージができないため指定がないかぎりは避けましょう。

面接時の持ち物は当日慌てないように!前日までに準備!!

•事前に持ち物の指定があった場合は必ず持っていきましょう。

•履歴書などの応募書類を当日に提出する時はもちろんですが、事前に提出していたとして志望動機や自己PRの確認用にコピーを持っていくと安心です。

事前に提出していても企業によっては当日、応募シートへの記入をお願いされることもあります。とくに指定がなくても筆記用具は忘れずに。

アパレル面接の裏技

アパレルの面接でよく聞かれる質問は?|転職情報

1.志望動機

どこの企業でも面接で必ず聞かれるのが志望動機。

どうしてアパレルの仕事がしたいのか?

なぜこのブランドを選んだのか?

などを聞かれることが多いので、ただ洋服が好きというわけではなく

•いつから、どのようなきっかけでファッションに興味を持ったのか

•ブランドの魅力や取り組み

•どのようにアパレル業界と関わっていきたいか

などを実際に体験したエピソードなどを交えながら、採用担当者に伝わるようお話ししていきましょう。

2.好きなアパレルブランド

本当に自社ブランドが好きで興味があるかの裏付けにあたる質問です。嘘をつく必要はありませんが、応募したブランドはもちろん、同じような系列や系統のブランドを答えると志望動機に信用性が増します。

3.よく行く店舗とその印象

アパレル業界ではよく行く店舗とその印象について質問されます。アパレル業界で働きたいと考えている人の多くは、好きなブランドに就職したいと考えます。しかし、以前は興味を持っていなかったものの、就職活動を始めてアパレルに興味を持ち、働きたいと思う企業に出会うかもしれません。そのような場合でも、面接を受ける前に店舗に足を運び、印象を整理しておきましょう。

4.よく読むファッション雑誌やチェックするメディア

ファッションに敏感か、トレンド情報など把握しているかなどアパレル業界で働くに人材に求められる条件。ファッション雑誌は面接を受けるブランドがよく載っているものを挙げると効果的です。いつもチェックするメディアでどんなアカウントや記事をよく見るのかも面接官が知りたい情報です。今はSNSを使って商品の紹介などに力を入れているアパレルブランドも多くありますので事前にチェックしておくとよいでしょう。

5.アパレル販売で大切なこと

アパレル業界を目指している人の中で、販売職を希望している人は多いですが、販売職の面接ではこの質問をされることが多いです。面接官がこの質問をするのには、販売職に対してのポリシーや姿勢、熱意を確認したいからです。この質問に答える時に大切ことは、アパレル販売に対する熱意と仕事をするうえで大切にしたいことを関連付けてわかりやすくまとめることです。

6.転職の理由

転職する時に必ずと言ってもいいほど聞かれる転職の理由。転職理由はネガティブな理由であることが多いですが、そのことを面接時にそのまま伝えるのはマイナスイメージにつながります。もし採用したとしても同じような不満を抱えて辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。実際は他のスタッフと気が合わなかったり、上司と相性が悪いなどの人間関係が理由であったり、勤務時間や給料面に不満があったとしても、前職の批判や愚痴はマイナスイメージを与えてしまうので気をつけましょう。上手に転職理由を伝えるには前向きな姿勢が大事です!

•アパレル経験者であればキャリアアップ

•アパレル未経験者であればキャリアチェンジ

がオススメ。ポジティブな表現に言い換えたり、自分のやる気をアピールすることが大事です!!

7.逆質問

アパレル面接の最後に「最後に質問はありますか?」と聞かれることがあります。逆質問は面接官に好印象を持ってもらう絶好のチャンス!!「特にありません」はできれば避けて下さい。「入社までに身につけておくべき知識や準備をしておくことがあれば教えて下さい」や「いずれは店長やマネージャーなど役職につきたいです。具体的な評価制度や昇進について教えて下さい」など。面接を受けた企業のサイトを調べれば載っているようなことはできるだけ避け、自分をアピールできるように事前に考え準備しておきましょう。

アパレル面接の想定問答

一重にアパレルと言っても様々なブランドがあり、カジュアル系、モード系などそれぞれ全く違います。そこがアパレル業界の面白いところでもありますね!!

InfomationFF通信 最新コンテンツ