WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界の年収は高い?低い?販売員からデザイナーまで平均年収の目安を公開

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界の年収は高い?低い?販売員からデザイナーまで平均年収の目安を公開

アパレル業界 平均年収

アパレル業界を志すにあたり、給料や年収といった金銭面の条件は気になるポイントではないでしょうか。ファッションが好き、デザイナーになりたいという趣向や夢があったとしても、現実を見ながら賢い選択をしなければならないと考える人も多いはずです。

アパレル業界には、服を作るデザイナーから店舗に立つ販売員まで、多種多様な仕事が揃っています。同じ業界、会社に勤めるにしても、それぞれの立場に応じて年収も異なりますので、仕事の内容別に平均年収の目安を知っておきましょう。

アパレル業界における店舗スタッフの年収の目安

アパレル業界において店舗で働くスタッフは、一般の販売員と店長で待遇が異なります。店長職は店の責任者となるため仕事量が増えますが、それに見合った収入に変わり、出世を目指すことも可能です。まずは店舗スタッフの年収の目安を確認してみましょう。

一般販売員の平均年収:約330万円

一般販売員は、ブランドに入社直後の人物が配属されるケースが多く、平均年齢も20代~30代が中心となります。そのため平均年友も低い傾向にあり、20台で200万円台後半、30台で300~380万円ほどに落ち着くことが普通です。

販売員からのキャリアアップを目指す人物もいる一方で、接客が好きで一般販売員にこだわりを持つ人物も存在します。年齢を重ねたとしても大幅な年収アップを目指すことはできませんが、人と接することに喜びを感じられるのであれば適職といえるでしょう。

店長の平均年収:約380万円

お店に立つという意味では一般販売員と大枠での仕事内容に差はありませんが、店舗の責任者として活躍する店長は平均年収が一歩上がります。その他の仕事にステップアップするための登竜門でもあり、高いモチベーションを保つことが重要です。

20代の平均年収は280万円ほどと一般販売員との差がほとんどありませんが、30代以降になると少しずつ差が生まれます。30代後半では400万円台の年収に届くこともあり、個人店舗においてはブランドのデザイナーに匹敵する年収に到達する場合もあります。

アパレル業界における本社スタッフの年収の目安

アパレル業界 本社スタッフ年収

【アパレル業界 本社スタッフ年収】

店舗から離れ、本社のスタッフとして働く人物は、営業職や広報担当者、あるいはバイヤー、マーチャンダイザーといった仕事を持つことになります。これらの職の場合、店舗スタッフと比較して平均年収が上がることが一般的です。それぞれの平均年収を見てみましょう。

営業担当者の平均年収:約420万円

ブランドが制作した商品を多くの店舗で販売するための営業を行う人物は、20代後半の時点で年収350万円前後に到達する可能性があります。30代後半には年収450万円前後に達することもあり、店舗スタッフと比較すると収入が上がることが特徴的です。

大手の場合は成果報酬制を採用することはほぼありませんが、成績の良し悪しが出世や給料面での評価に直結することは間違いありません。優れた販売ルートを開拓できる優秀な営業担当者ほど、高い年収を確保できると考えられます。

広報担当者の平均年収:約420万円

メディアやSNSにおける戦略を担当する広報担当者の年収は営業と大差がなく、420万円ほどとなります。20代後半の平均年収が340万円であることに対し、30代後半は450万円以上に上昇し、年齢を重ねるごとに収入も上がる傾向が見られました。

ブランドイメージを作り上げる重要な仕事内容であることに加えて、近年はSNS対策を強化するブランドが増え、需要が増しています。ファッションに精通した人物のみならず、SNS運用に長けた人材、あるいは特化した人材が活躍する仕事であることも特徴的です。

マーチャンダイザー/バイヤーの平均年収:約500万円

景気によって年収が左右されることもあるアパレル業界において、安定して高収入を稼ぎ出せる仕事がマーチャンダイザーとバイヤーです。売れる商品を発掘・開発する扇の要となる仕事内容であることから、ブランドからの期待値や評価が高くなります。

20代の平均年収は300万円台中盤で、営業や広報と大差がありません。しかしキャリアを重ねた後の伸び率が高く、30代前半で450万円、後半では600万円を稼ぐ人物も目立ち始めるなど、この年代においてアパレル業界で最も稼げる仕事になります。

アパレル業界におけるクリエイターの年収の目安

アパレル業界 クリエイター年収

ファッションデザイナーに憧れ抱き、アパレル業界を志すという方も多いのではないでしょうか。華やかな職業となることは間違いありませんが、若年層の場合は金銭面でとりわけ高く評価されるということも無いようです。デザイナーとパタンナーの平均年収を見てみましょう。

デザイナーの平均年収:約380万円

デザイナーの年収は実績に応じて大きく変動します。30代までの場合に限ると、平均年収はおよそ380万円で、意外なことに営業やマーチャンダイザー・バイヤーといった仕事を持つ人に及びません。

特に20代の場合は見習いとして働くことが多いため、年収は300万円台前半に落ち着くことが一般的です。30代後半になると400万円台中盤の年収を確保することはできますが、それ以降は実績に依存する形で年収が変動します。

パタンナーの平均年収:約370万円

パタンナーも専門的な知識と経験が求められるポジションであり、20代の平均年収は300万円に届くか届かないかというラインです。年収が伸びるのは30代後半からとなり、ここにきて400万円台を突破する人が現れます。

平均年収としてはマーチャンダイザーやバイヤーには及ばず、状況次第では店舗で働く店長以下となることも決して珍しくありません。将来に繋がるキャリアを築けることは確かなので、高く評価されるまでには、デザイナーと同じように忍耐と努力が必要です。

アパレル業界全体の平均年収を他業種の平均年収と比較

全年齢を含み、アパレル業界全体を見た場合の平均年収は490万円ほどとされています。生涯賃金として計算できるのは約2.15億円となりますが、これは他業種の平均年収や生涯賃金と比較して高いのでしょうか。

たとえば介護職の場合の平均年収は360万円とされ、アパレル業界はこれを大きく上回ります。一方で旅行業、農業、食品流通業の平均年収は500万円台中盤であり、商社やIT業界になると600万円を上回ることが一般的です。

生涯賃金としては、介護業界を5千万円以上は上回れる見込みである一方、旅行業や農業、食品流通業には2~3千万円ほど及びません。生活する上では余裕のある年収を稼ぐことはできますが、お世辞にも富裕層としての生活を送ることは難しいと言わざるを得ないでしょう。

キャリアを重ねて独立を目指すことも一手

ただし、アパレル業界の場合は他業種と比較して「独立しやすい」という強みがあります。デザイナーとしてキャリアを重ねて独立し、世界的な名声を手に入れることができれば、億単位の年収を稼ぐことも夢ではありません。

独立志向が無かったとしても、仕事ぶりが評価されれば、より良い条件を提示するブランドに引き抜かれる可能性もあります。ハイブランドや個人店の年収は一般のアパレル企業よりも高く、平均以上の年収を得ることが可能です。

まとめ

アパレル業界の年収は、その会社の中で行う仕事の内容に応じて大きく異なります。一般論としては店舗スタッフほど安く、本社のマーチャンダイザーやバイヤーが最も高いという点が特徴的です。

平均年収は他業種と比較して高いとは言えませんが、独立のしやすさがアパレル業界の強みです。世界的な名声を得ることによって年収の桁は上がりますし、他社から好条件で引き抜かれる可能性も十分に考えられます。

InfomationFF通信 最新コンテンツ