WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界で正社員になる方法は?正社員勤務のメリットとデメリットも紹介

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界で正社員になる方法は?正社員勤務のメリットとデメリットも紹介

アパレル業界 正社員勤務

アパレルはアルバイトやパートとして販売員を務める人も多い業界です。そこからステップアップを果たし、正社員として採用されるためには、どのような点を意識して働くことが重要なのでしょうか。

いきなり正社員になることができなくても、実績を重ねて認められれば、正社員への道が開ける可能性があるというのもアパレル業界ならではの魅力です。正社員になるための方法を、メリット・デメリットと併せてお伝えしていきます。

アパレル業界で正社員になるための方法は大きく分けて2種類

アパレル業界で正社員を目指す方法は、大きく分けると2つあります。1つ目は正社員としての採用試験を受けて会社に就職すること、2つ目はアルバイトなど非正規雇用からのステップアップを狙うことです。まずは双方の違いを明確にしておきましょう。

正社員としての採用試験をパスする

アパレル業界では、正社員の募集を新卒と中途の両方で行うことがあります。新卒の場合、ハイブランド等であれば一定の学歴や語学力を求められることがありますが、それ以外であれば特別な学歴や経験が無くても採用を勝ち取ることは十分に可能です。

中途採用の場合は、接客業の経験などが求められることが多いのですが、未経験者を採用する企業も存在します。アパレルにもさまざまな職種がありますので、マーケティングやSNS運用の経験を生かして業界入りするという道を選んでもよいでしょう。

アルバイト等からのステップアップで正社員に昇格する

アルバイトなどから店舗での勤務を行い、そこで活躍したり、真面目さが認められたりすると、正社員に昇格するチャンスが与えられることがあります。この場合は学歴や職歴は一切無関係であり、あくまでもお店での頑張りが評価されることで正社員への道が開けます。

アルバイトから正社員を目指す上でメリットとなるのは、会社の体制や雰囲気を熟知した上で職場選びを行えることです。安心して働ける環境であるかどうかを見極めてから入社するかどうかを決められるので、採用後に「思っていた環境と違った」といった問題で悩まされません。

アパレル業界でアルバイトから正社員になるにはどうすれば良いのか

アパレル業界 正社員

はじめから正社員として採用されるためには、ファッションに関する専門の勉強をした経験や、販売業に携わった経歴が求められます。その反面、アルバイトからのステップアップは手頃な目標にしやすいことが特徴的ですので、昇格のための近道を探ってみましょう。

社員登用を多く行っている企業を選ぶ

同じアパレル業界でも、企業によって採用に対する考え方はまったく異なり、いくら優秀でもアルバイトから正社員への昇格は認めていないという企業も存在します。そういった企業で働いていても、ステップアップを目指すことは余程のことがない限り不可能です。

将来的に正社員への昇格を狙うのであれば、応募条件に「社員登用あり」と書かれている企業を狙いましょう。特に目立つ記載が見当たらない場合は、応募の電話を入れる際や面接の際に、社員登用の可能性はあるかどうか確認することが大切です。

無断欠勤をせず真面目に働き続ける

非正規雇用で採用された後は、無断欠勤などをせずに毎日真面目に働き続けることが大切です。アルバイトという立場だからこそ許されるものの、正社員となれば許されない態度がありますので、社会人としてのマナーから逸脱した行為に出ると極めて不利になります。

たとえ連絡を入れたとしても、当日の朝になっていきなり欠勤を告げたり、緊急性のない事情で休みを入れたりといったことは避けましょう。現場を管理する店長やその他のスタッフの信頼を得られなければ、正社員に採用されるチャンスはありません。

できる限り多くの日数の出勤をする

企業としては、正社員=毎日働くことを前提とした人物、アルバイト=正社員の穴を埋める人物といった見方をします。そのため、正社員として採用するからには、週5日の勤務に対応できる人材を優先して確保しようと考えることが一般的です。

アルバイトの場合はシフト制で勤務することが普通ですが、出勤日数の希望を問われた場合は、週5日以上の勤務を希望すると有利です。朝や夜間の勤務にも対応できるとより高印象に繋がり、正社員への道を着実に歩むことができます。

チームワークを重視して働く

採用の可否を検討する上で、勤務態度以外にも従業員との関係性に注目される場合があります。同じショップで働く従業員との関係性が著しく悪いという場合は、正社員として働くための協調性がないと判断され、採用を見送られる可能性があるのです。

お店で働く上ではチームワークを重視し、良好な関係を維持するように心がけましょう。スタッフとしての実力以上に、現場の輪を乱さずに働くことができる人間性が重視される場合があること心しておくことも重要です。

アパレル業界でアルバイトから正社員になるメリットとデメリット

正社員 メリット デメリット

アパレル業界でアルバイトから正社員にステップアップすると、待遇面などでの多くのメリットを得ることができます。一方でデメリットに感じることのある要素も生まれますので、さまざまな事情を正確に把握しておきましょう。

正社員になるメリット

正社員になると、勤めているお店やブランドが撤退したとしても、別の店舗でそのまま雇用を継続してくれる可能性が高まります。アルバイトの場合はそのまま契約解除となることが普通なので、正社員になることで安定した収入を得やすくなる点がメリットです。

また、アルバイトとは違い、ボーナスが支給されたり、社員向けのセールに参加できたりするメリットも生まれます。主に金銭面でのメリットがアルバイトと比較すると大きく、お得に感じられる機会が多くなることは間違いないでしょう。

アルバイトの場合は出勤した分だけ給料が支払われますが、正社員なら休暇を取ったとしても月給が差し引かれることがありません。生活を維持するための給料計算をする煩わしさが消え、生活しやすくなる点もメリットです。

正社員になるデメリット

アルバイトの場合は、働いた時間の分だけ給料が付くことが普通です。これは残業をする場合にも同様ですが、正社員になるといわゆる「サービス残業」が発生する可能性があるというデメリットがあります。

アルバイトには無かったノルマが課されるブランドが存在することにも要注意です。見かけ上の収入が上がったとしても、ノルマ未達成分の洋服の買取を求められ、結果的に収支がマイナスになってしまう可能性も考えなければなりません。

給料が保証されることは正社員になるメリットですが、反対に自由に休暇を取りにくくなることもデメリットになるでしょう。プライベートの事情で休んだり、長期休暇を取りにくくなったりする可能性が無いとは言えないのです。

まとめ

アパレル業界で正社員になるには、正社員の募集に応募して採用されるか、アルバイトで入社後に実績を評価されて社員登用されるかのいずれかです。ステップアップを目指す上では、人間性や勤務態度が重視されます。

特に無断欠勤をしたり、店舗のスタッフやお客様と揉めたりなど、協調性を疑われるような行動は慎みましょう。アルバイトから正社員に昇格すると、メリットとデメリットが混在することにもなりますので、自分の合った働き方が何か見つめ直すことも重要です。

InfomationFF通信 最新コンテンツ