WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界にはどんな職種がある?仕事内容や求められる要素を解説

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界にはどんな職種がある?仕事内容や求められる要素を解説

アパレル業界 仕事内容

アパレル業界と一言でいっても、その職種は実に多彩です。商品のデザインを担当するデザイナーや買付を行うバイヤー、お店に立って接客を行う販売員などはよく知られていますが、それ以外にもアパレル業界にはたくさんの仕事が揃っています。 アパレル業界にある職種を知ることによって、より自分に合った仕事を見つかる可能性が広がりますし、やりがいを感じられる仕事が思わぬところから見つかるかもしれません。この記事では、各職種の仕事内容や、その仕事に求められる要素を解説します

アパレル業界の「創る」職種

まずはアパレル業界における「創る」職種を見てみます。ここでご紹介する職種に憧れを持ち、アパレル業界を志望している方も多いかもしれません。いずれも、流行を生み出す原点といえる仕事です。

デザイナー

洋服のデザイン全般を手掛ける仕事です。自分でデザインした洋服を着て街中を歩く人を見ることができれば、これ以上にない喜びを感じられるのではないでしょうか。デザインのセンスのみならず、素材や縫製を始め服作り全般に関する知識量も求められます。

デザインや企画だけを行う専門職というイメージを持たれがちですが、コストを抑えるための交渉を重ねたり、仕様書を作ったりといった地味な作業も行っています。完成したサンプルを確認し、改善点を見つけるのもデザイナーの仕事です。

パタンナー

デザイナーが完成させたデザインの型紙を作成するのがパタンナーです。2次元で出来上がってきた洋服を三次元に仕上げる仕事になります。工場に向けた発注を行う際に提出する仕様書を作成する仕事も任せられる、重大な仕事です。

最近ではCADを活用した作成も行うため、コンピュータに関する知識が要求される場合もあります。とはいえアナログな作業も依然として多く、上がってきたデザインの意図を理解する整理力も重要な要素です。

マーチャンダイザー

市場の需要や流行を見つけて、商品の開発や値付けを行います。ブランド全体の売上を分析し、改善点を見つけることも仕事の一つです。ファッションに関する知識のほか、分析力が求められることも特徴と言えます。

シーズンごとにブランドが使える資金には限りがありますが、このやり繰りをすることもマーチャンダイザーの役割でもあります。そのシーズンにおけるブランド戦略の出来を左右するポジションといっても過言ではありません。

バイヤー

ブランドが決めた方向性を基にして、商品や素材の買い付けを行う仕事です。仕入れて、制作した洋服を販売店に向けて提案することも仕事内容に含まれます。海外と取引を行うこともあるため、分析力やコミュニケーション能力が求められる仕事です。

成功を目指すだけではなく、失敗から学ぶこともバイヤーに求められる要素の一つになります。そのシーズンで発生した課題を教訓に変えて、次のシーズンに向けた準備を行うこともバイヤーの仕事です。

品質管理

納品された商品が十分なクオリティを備えているか確認、あるいは管理する仕事です。高い品質を持たせながら、いかに原価を安く抑えられるかが重要なポイントになります。効率的なスケジュール管理ができることや、コミュニケーション能力の高さが必要です。

アパレル業界の「拡げる」職種

アパレル業界 職種

いくら良い商品を作れたとしても、それを広く知ってもらえなければ意味がありません。裏方という見方もできる職種ではありますが、ブランドにとって縁の下の力持ち的な存在であり、いずれも重要なポジションです。

営業

既存の顧客に向けて商品の紹介や販売を行ったり、新規開拓のための営業活動を行ったりする、セールスの心臓部とも言える仕事です。コミュニケーション能力のほか、自社のみならずクライアントに対する分析力も求められます。 自社製品に精通していなければ務まらず、能力が成績に直結する仕事でもあることから、営業職は出世コースの登竜門になることも特徴的です。本部やクライアント以外にも、店舗と連携を取って仕事を行います。

広報

雑誌やテレビなど、メディアを利用した宣伝活動に携わります。取材の依頼が入った際には窓口になることもあり、人脈やコミュニケーション能力が問われます。最近では、SNSの運用も広報が務めることが一般的です。

会社の体制次第では、ホームページやブログ、SNSの管理・運営を行い、プレスリリースの作成を行うこともあります。また、サンプルの貸し出しなどを求められた場合にも対応し、文字だけでは伝わらない要素を伝達する役割も担う仕事です。

ビジュアルマーチャンダイザー

ブランドやデザイナーによって生み出されたテーマを発信し、各店舗へと伝達する仕事です。商品の配列、あるいはディスプレイの変更などを主として行います。大掛かりな変更点がある場合などには、内装の変更に携わるケースも少なくありません。

アパレル業界の「売る」職種

アパレル 売る業種

ブランドと顧客を繋げる職種としては、これからご紹介する以下の仕事を挙げられます。デザイナー等の仕事を希望している場合も、販売員がスタート地点となることが普通です。シンプルな仕事内容に見られることもありますが、販売員はブランドの顔にもなります。

販売員

顧客との距離が最も近い販売員は、ブランドにとって欠かすことのできない存在です。純粋に消費者が購入する商品の販売を行うだけではなく、ブランドのコンセプトと顧客のニーズを合致させ、スタイルの提案を行うことも求められます。

店舗の雰囲気を見てブランドのファンになる顧客も多く、気を抜くことはできません。顧客による要望をダイレクトに学ぶ機会になるほか、ホスピタリティを身に付ける上でも販売員としての仕事が役立つため、基本的にはすべての社員が販売員を経験します。

エリアマネージャー

特定の店舗に止まらず、管轄する複数の店舗の運営や管理に携わり、本部による方針を店舗へと落とし込む仕事です。店長とコミュニケーションを取り、店舗で起きている問題や課題を解決するサポート役としても活躍します。

現場スタッフの指導を手掛けることも多く、高い指導力が求められることも特徴的です。一般の販売員や店長から最初のステップアップを果たした際の仕事として、エリアマネージャーが割り当てられることもあります。

イーコマース

店頭ではなく、ネットを使った商品の販売の特化した仕事です。仕事の内容は幅広く、商品の撮影や加工・編集、販売ページへの掲載、在庫の管理などを担当することに加え、規模の小さな店舗では配送業務も担当することがあります。

InstagramなどSNSの活用や、メールマガジンの送信といった業務を担当する場合もあり、アパレルに関する知識だけではなく、Webそのものへの関心や知識が問われる仕事になります。

まとめ

アパレル業界にはさまざまな職種があります。分野としては「創る」「拡げる」「売る」の3つに分けることができますが、いずれもブランドにとって欠かすことのできない部門であることには変わりなく、それぞれの分野でさらにいくつもの仕事に枝分かれしています。

デザイナーを目指したいという場合でも、まずは販売員からキャリアをスタートさせることが一般的です。出世するまでにかかる時間は、ブランドのスタイルや個人の能力によって異なり、その過程の中で経験する職の種類も異なります。

InfomationFF通信 最新コンテンツ