WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 女性にとってのアパレル業界の働きやすさは?働きやすい職場の特徴もあわせて紹介

Articleファッション仕事NEWS

女性にとってのアパレル業界の働きやすさは?働きやすい職場の特徴もあわせて紹介

女性 働きやすい職場

就職先や転職先を見つける上で、収入と同じかそれ以上に重視すべきポイントとなるのが「働きやすさ」です。女性の場合には、将来的に結婚や出産というイベントを望むのであれば、育休からの職場復帰を始め、サポート体制に秀でた職種、職場を見つけることが重要になります。

女性の働きやすさを重視する上で、果たしてアパレル業界という選択は有効なのでしょうか。アパレル業界そのものが持つメリットや特徴に触れながら、どういった職場を選ぶとより快適に過ごすことができるのかを解説します。

女性が感じられるアパレル業界ならではの「働きやすさ」とは

結論として、アパレルは女性にとって魅力の多い業界といえます。顧客のターゲットを女性に絞り込んでいる企業も多く、女性の感性や経験を生かしやすい環境が整っているのです。まずはこの業界ならではのメリットについてお伝えしましょう。

女性の顧客がメインターゲットの企業で働くことができる

アパレル業界には、女性顧客を専門的にターゲットとした企業が多く存在します。こういった職場では女性の感性や経験が重視され、デザインから販売まで一貫して女性スタッフが求められることが多く、異性の介入によるストレスや不安を感じることはありません。

職探しを行う上でも、女性が求められることが多いというのがアパレル業界の特徴です。店舗スタッフから本社のスタッフ、そしてデザイナーやマーチャンダイザーへとステップアップを果たした先輩の事例も多く、キャリアアップを目指す女性にも適しています。

社販を利用して割安で洋服を購入できる場合が多い

お店で働く販売員が着用している洋服の多くが、自社製品を社販で購入したものになります。無料で支給されるケースはほぼ無く、支出が伴うことは事実ですが、一般に向けた販売価格よりも大幅に値引きされた金額で購入できることはメリットです。

仕事用として購入した商品は、もちろん私服として使用することもできます。また、社員やその家族に向けたファミリーセールに参加できることもメリットであり、流行の商品を安く、そして素早く購入できるという点も女性にとって嬉しいポイントになるでしょう、

将来的な独立を目指すこともできる

結婚や出産によって会社勤めが難しくなった場合も、企業で得たノウハウを活用して独立を目指すことができます。働き方によっては在宅のまま勤務することも可能なので、家族との時間を大切にしながら収入を得ることが可能です。

最近ではフリマアプリも台頭しており、ハンドメイドのアイテムを販売して稼ぐ女性も増えてきました。会社の立ち上げなど難しい手続きを飛ばしても収入を確保するチャンスがあり、アパレル業界でのキャリアを第二の人生に生かすことができるのです。

アパレル業界において女性が働きやすい職場の特徴とは

働きやすい職場 特徴

アパレルは女性に向いた職業である一方、勤めるブランドやお店次第で働き方や待遇が大きく変化します。女性にとって働きやすい職場を見つける上で、どのような点に着目すると失敗を防ぎやすくなるのか、これから詳しくご紹介します。

福利厚生の内容が良い

労働条件では給料を重視する方が多いのですが、それ以外の福利厚生にもきちんと目を向けることが女性にとって大切です。金銭に関わるものとしては、従業員割引の有無や交通費の支給、有給制度が充実しているかどうかといった点に注目しましょう。

出産時の休暇、あるいは育児休暇を取得しやすいかどうかも、福利厚生によって大きく変わります。長く勤められる職場を探したいのであれば、この点が充実しているかどうか、そして満足のいく育休を取得している先輩が実在するかどうかといった点を確認しましょう。

社風が自分に合っているか

アパレル業界にはさまざまな特色があります。体育会系のカラーが濃い企業もあれば、文化系に寄った企業もあり、自分の性格にマッチした企業を選ぶことが重要です。大人しい性格の人が活発な職場を選んでしまうと、居心地の悪さを感じてしまうでしょう。

企業の特徴を知るためには、実際に販売店に足を運んで雰囲気をチェックすることがおすすめです。企業そのもののコンセプトが販売店に反映されることはとても多いため、店舗以外での労働を希望する女性にとっても大いに参考になります。

勤務条件が優れている

アパレル業界の中には、昼夜を問わず激務に追われてしまう企業も存在しています。特に店舗の営業時間が長い場合には注意が必要であり、閉店後の事務作業なども含めると、帰宅時間が日付を跨いでしまうということもあり得るのです。

激務を避けるためには、残業時間の実態について知ることが重要になります。入社前に実態を知ることが難しいポイントではありますが、ネット上の口コミや、転職エージェントからの情報も参考にしながら職場選びを進めるとよいでしょう。

ノルマが設定されていない職場を選ぶ

アパレル業界において頻繁に見られるのが「ノルマ」です。個人ノルマを課している職場を選んでしまうと、毎月一定の売上を確保することが義務付けられ、それをクリアできない場合は給料の天引きや商品の購入といったペナルティが生じる可能性があります。

ノルマをクリアできなければ金銭的なデメリットが生じますし、仮にクリアできたとしても、精神的なストレスは相当なものになります。数字を追いかけることが苦痛に感じられる方は、この様な環境の職場は避けるように心がけましょう。

女性がアパレル業界で働く上で生じるデメリット

アパレル業界 デメリット

アパレル業界に働きやすさを感じられるかどうかは、女性自身の考え方や正確によっても異なります。女性中心の職場ということが逆に作用し、それが原因で生じるデメリットもいくつか存在することも把握しておきましょう。

人間関係のストレスに悩まされる場合がある

女性中心の職場という点が裏目に出て、先輩のスタッフとそりが合わず、人間関係のストレスに悩まされる可能性があります。販売員は20~30代が中心ですが、顧客は50代以降になることも多く、普段接しないタイプの人物と接する機会が多い点にも注意すべきです。 女性特有のバイオリズムによって体調を崩しているときや、イライラしているときも、普段と同様の態度で接客をすることが求められます。愛想の良さを含め、表面上のコミュニケーションを上手に取れる性格でなければ、働きやすさを感じにくいかもしれません。

給与水準が低い

一般の販売員だけではなく、デザイナーやパタンナーなどの専門職に就けたとしても、決して給料が高額とは言えません。この点にギャップやストレスを感じ、離職する女性も存在します。 キャリアアップ次第では高額な報酬に期待することもできますが、どちらかといえば仕事の内容に対するやりがいや楽しさを重視して選ぶべき業種です。だからこそ快適で、働きやすい風土や制度が充実した企業を選ぶことが大切なポイントになります。

まとめ

女性が中心の職場となることも多いアパレル業界には、産休や育休制度を充実させる企業も多く、女性が働きやすい環境が整っています。社販を利用して格安で自社の商品を購入できることもメリットといえるでしょう。

職場選びを進める際には、社内の雰囲気が自分に合っているかどうか、残業が多くないかどうか、福利厚生が充実しているかどうかといった点に注目することが重要です。将来の人生設計を行いつつ、最適な制度を整えた企業を選ぶように心がけましょう。

InfomationFF通信 最新コンテンツ