WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 未経験者でも大丈夫!アパレル業界への転職に必要なこととは?

Articleファッション仕事NEWS

未経験者でも大丈夫!アパレル業界への転職に必要なこととは?

未経験のアパレル転職

お洋服やファッションが好きな方であれば、アパレルの仕事に一度は興味を持ったことがあるかもしれません。同時に、他業界からの転職の場合、未経験でも大丈夫だろうかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、未経験からアパレル業界への転職を目指す方に向けて、アパレル業界の仕事や必要なスキル、転職のポイントについてご紹介します。

アパレル業界の仕事

アパレル業界の仕事は多岐に渡りますが、その中でも代表的な仕事についてみていきましょう。

(1)販売

皆さんご存知の通り、店舗で接客と販売をするお仕事です。またお客様の接客だけではなく、商品のディスプレイや管理、発注、在庫管理なども行います。さらに店長や副店長になると、売上管理や店舗運営を任されるようになります。企業やブランドの顔となる、大事な仕事です。

(2)商品企画

アパレルの新商品を企画して、提案する仕事です。市場調査やトレンド、消費者のニーズを踏まえ、シーズン毎のコンセプトなどを考慮しながらプランを練ります。イメージ・コンセプト・デザインから、生地の素材、生産量、予算、販売計画まで、業務で携わる範囲が多岐にわたるのが特徴です。単に商品の売り上げだけでなく、ブランドイメージにも関わる重要なポジションです。

(3)生産管理

商品を効率よく生産し、より多くの利益を生み出す為の仕組みを作る仕事を、生産管理といいます。具体的な仕事内容としては、商品を生産する工場の生産ペースを計算し、商品の生産量を管理すること、資材調達の際にコスト効果を見て調整するなどの業務があります。

(4)EC ・Webマーケティング

近年、ほとんどのアパレルブランドが、インターネットを経由した販売、プロモーション(いわゆるEC、Webプロモーション)に力を入れるようになってきています。そのため、自社商品販売サイトの企画・運営、Webプロモーション(広告宣伝)を専門に扱う部署があるのです。具体的な業務としては、自社サイトの企画、運営、Webプロモーションの予算策定、計画、実行などがあります。また、このような実務経験があれば、業界問わず自身のスキルを活かせるでしょう。

アパレル業界のスキル

未経験者の転職でもこれさえあれば大丈夫!アパレル業界で必要なスキル

(1)ファッションに対する興味と探究心

様々なスキル以前に、洋服が好き、ファッションが好きという情熱が何より大切な業界です。洋服についての知識や情報の収集だけでなく、ファッションを通して表現することの楽しさを忘れずにいましょう。

(2)コミュニケーション能力

多くの人と関わりながら仕事を進めていくアパレル業界では、コミュニケーション能力が必須です。相手の意見を聞くのはもちろん、自分はどうしたいのか、主体性を持って顧客や同じ店舗のスタッフと会話や議論ができる人、また、ホスピタリティ(心のこもったおもてなしの心)を備えた人物が求められています。また販売職に関しては、日々お客様と接する仕事ですから、特に聴く力や伝える力といった能力が求められます。

(3)チャレンジ精神

結果を恐れず信念を持って仕事に取り組める力が必要です。多角的な視点を持ち、直感ではなくしっかりとした情報収集に基づいて、自ら導き出した考えを周囲に納得させ、行動できる人材が求められています。

(4)チームワーク力

単なる迎合ではなく、チームの中で自分の果たすべき役割を持ち、仲間と共に目的を達成できる人、あるいは個々人が高度の専門性を持つプロ集団の一員としての自覚を持っている人が求められます。さらに、周囲の話に耳を傾け、積極的に学び取ろうとする意欲も大切です。

未経験でも大丈夫!アパレル業界への転職のポイント

(1)インターネットを活用し、アパレルブランドの状況・取り組みを知っておくこと

WebサイトやSNSを活用して、興味のあるブランドだけでなく、様々なアパレル企業やブランドをリサーチしましょう。トレンドや動向が短いスパンで変わっていくアパレル業界では、それらを常にチェックし把握しておくことが大変重要になります。今のうちから情報を敏感にキャッチする力を養っておくと良いでしょう。

(2)自身の活躍領域をイメージしておく

これまでの仕事経験から得たスキルを、アパレル業界のどの分野で活かせるのか、具体的にイメージしておきましょう。今の段階でできることだけでなく、将来的にアパレル業界でどんな事をしたいかもイメージできていると面接の際に役立ちます。

(3)アパレル系の求人を多く扱う転職エージェントを活用する

アパレル業界への転職を希望する場合は、アパレルに特化した転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用すると、書類添削や面接対策、日程調整から入社後のフォローまで、転職における幅広いサポートを受けることができます。サービスは基本的に無料です。 登録すると、まず面談が行われます。面談では求職者の希望条件のヒアリングが行われ、求職者に合った求人が紹介されます。具体的に応募先が決まったら、履歴書・職務経歴書などの書類添削、面接対策などのサポートを受けます。また、面接の日程調整だけでなく、内定獲得後の給与交渉や入社日の決定など、企業とのやり取りもエージェントがサポートしてくれます。

アパレル業界の資格

未経験者でも取れるアパレル転職に役立つ資格

アパレル業界、とくに販売における接客技術や知識は、実務経験を積んでいく中で学ぶことができ、特に資格を持つ必要はありません。ですが、アパレル販売員でもワンランク上を目指したい方や知識を身につけておきたい方は資格を持っておくことをおすすめします。資格を持つと面接の際のアピールにもなるでしょう。

ウィルオブスタイル調べhttps://willof.jp/column/category/knowledge/apparel/

(1)アパレル販売員として働くなら「販売士(リテールマーケティング)検定」

販売に関する知識が身につく検定です。公的資格であり、流通や小売業界で唯一の資格として社会的に信頼も評価も高く、販売員として働くなら持っておきたい資格の一つです。接客マナーはもちろん、商品に関する専門知識や店舗経営知識など、店舗を持った時にも役立つ知識を得ることができます。将来的に店長などの管理職を目指す方にもおすすめです。5年毎に更新が必要な資格です。

(2) ファッション特化のスキルを磨くなら「ファッション販売能力検定」

アパレル販売員としてのスキルを上げたい人におすすめの資格です。前述の「販売士検定」は、販売全般でしたが、この「ファッション販売能力検定」はファッションに特化した資格です。そのためアパレル販売員一筋で行きたい人はこちらの方が優先度が高いといえます。ショップでの販売やアイテムなどの商品知識、マーケティング知識だけではなく、お客様にとってのお店とは何かなど、お客様に関する内容も学ぶことができます。店舗の環境に関する内容やコーディネート提案、接客技術、外国人客への接客なども範囲内となるため、この資格を持つ人は、アパレル販売員の知識が備わっていると言えるでしょう。資格を取得する目安として、2級と3級は販売員向け、1級は店長クラスやマネージャーなど管理運営者向けです。

(3) あらゆる仕事に役立つ「色彩検定」

文武科学省後援の公的資格である色彩検定は、ファッションやデザイン系の仕事関係者が多いのですが、販売や企画、一般社会人と幅広く人気がある資格です。色彩検定は、色に関する基礎知識や配色技法などが学べるので、ファッション業界に限らず様々な分野の人がこの資格を取得しています。

InfomationFF通信 最新コンテンツ