WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 女性のアパレル転職 好きなことを仕事に!!

Articleファッション仕事NEWS

女性のアパレル転職 好きなことを仕事に!!

アパレル転職の成功

今まさに悩んでいる人、今までに経験をしたことがある人。転職は人生においてとても大事なこと。女性はどんな時に転職を考えるのでしょうか。

•人間関係がうまくいかない

•体力的にハードでこの先、続けられない

•将来のキャリアビジョンが見い出せない

•やりがいはあるが残業が多くプライベートの時間がない

•将来的に自分に有益となうような経験を積める職種へ転職したいなど…

そして、『やっぱり好きなことを仕事にしたい』、と多くの女性が転職について悩みを抱えているのではないでしょうか。転職について少しお話ししたいと思います。

女性のアパレル転職、年齢は?

女性の転職で気になることのひとつに年齢があります。中途採用では基本的にすぐに即戦力となる経験者を採用したいと考える企業が多いのが事実。はいえ、男性とは異なり、女性の転職は年齢がネックになるものです。結婚、出産など女性にとって大きく環境が変わる20代、30代。プライベートと仕事の両立をより重視する人が増えてきています。

よく、女性の転職は『30才がリミット』と聞きます。総合職や専門職であれば、男性と同じように年齢にリミットはないかと思います。ただ30才という区切りがあるのは、女性にとって<結婚><出産>というライフイベントがあり、そのライフイベントによって仕事ができなくなることを気にする企業もあります。(会社によって異なり、必ずしもというわけではありません)

企業は即戦力のある人材が必要で中途採用をしているので、1〜2年で辞められると困ります。年齢にかかわらず、結婚が近いと思われる年代の女性はそのように企業から見られることもあります。ですが年齢はあくまで表面的な要素に過ぎません。これまでの経験、実績など様々な要素が採用に影響することを理解しておきましょう。

アパレル転職の年齢

女性のアパレル転職、未経験でも大丈夫?

『今の仕事とは違うことに挑戦してみたい』『今よりも専門的な仕事で長く働ける職場を見つけたい』と新しいことに挑戦したいと思う人もいるのではないでしょうか。未経験で異職業に転職して成功されている人は少なくありません。積極的に未経験者を採用している企業は、成長しているIT系企業、市場規模が拡大している業界です。

法人や個人に対する営業

事務職

アパレルなどの販売

システムエンニジア

介護職

運送ドライバー

なども人材が不足しがちなので、未経験でも中途採用を積極的におこなっていることが多いです。とはいっても求人企業は<スキル><経験>は重視しますのでやる気をアピールし、前職と未経験の職種の間における共通点におけるスキルや実績をアピールしていくとよいでしょう。

女性のアパレル転職、正社員?契約社員?

転職を考えたとき正社員?契約社員?どちらにするか悩むところです。なんとなく収入が安定している正社員がいいように見えますが、契約社員にも魅力があります。

<正社員>

正社員はよほどの事情がない限り解雇されません。雇用が安定していれば仕事に専念でき、自信のスキルアップにもつながり、長く働くことで昇給や昇進の機会が巡ってきます。大きな仕事をしてみたい人や安定を求める人にはピッタリですね。

<契約社員>

契約社員は雇用契約ごとに条件が異なり、企業によっては時短勤務なども可能。副業が禁止されている企業もありますが、多くの企業では副業OK。たくさん稼ぎたい、スキルを広げたいという人にピッタリですね。

正社員と契約社員のメリットとデメリットを比較して、自分に合った働き方を見つけましょう。よく調べて総合的に判断しなければあとで後悔するかもしれません。自分が考えるライフスタイルのあり方に合っているかをしっかりイメージしましょう。

アパレル転職の雇用形態

女性のアパレル転職、成功するには?

女性の社会進出が増えている今、女性でも転職しやすくなってきています。ですが、中途採用はその会社で新卒から働いている社員と同じレベルもしくはそれ以上の活躍が期待されます。企業がどのような力を期待しているのか、自分はその仕事するなかで活かせる能力はあるのか。そのように求人を読み解きアピールし面接でしっかり伝える必要があります。例えば一般的に営業職や販売であれば対人対応力が期待されますし、事務職や商品企画は納期通り正確に仕事をし、先まわりで配慮して行動するなど。

また、社会人としてマナーを守りましょう。服装、言葉使い喉はもちろん、立ち振る舞いやコミニケーションなど、マナーに配慮して企業の方と接しましょう。

転職理由にもよりますが、やりたいことがあるなら早めに転職を決断するのがベターです。

InfomationFF通信 最新コンテンツ