WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 経験者がおすすめ!アパレル業界への転職について

Articleファッション仕事NEWS

経験者がおすすめ!アパレル業界への転職について

アパレル転職のおすすめ

華やかでクリエイティブなアパレル業界への転職は誰でも一度はあこがれたことがあるはずです。実際にアパレル業界へ転職して仕事をすることにはどのような魅力があるのでしょうか?今回はそんなアパレル業界の代表的な仕事の内容、仕事の魅力とギャップ、そしてこんな人にアパレル業界への転職はおすすめということをご紹介していきます。

アパレル業界へ転職!代表的な仕事の種類

デザイナー・パタンナー

アパレル業界の花形職業とも言われるデザイナーは、主に洋服や靴、鞄といった服飾商品のデザインを担当します。デザイン以外にも、ブランドのコンセプトやテーマの決定、サンプルチェック、縫製仕様書や指示書の作成といった業務も行っています。

パタンナーは、デザイナーが作成したデザイン画を、実際に洋服として仕立てるためのパターン(型紙)を作る専門職です。洋裁の基礎スキルはもちろん、生地の特性や縫製に関する知識や経験、正確に仕事をする器用さなどが求められる職種です。

マーチャンダイザー

マーケット分析や商品企画、販売計画、予算・売上管理といった販売戦略を立案・実行する職種で、ブランドの指揮官となる重要なポジションを担っています。商品に対するすべての責任と権限を持っているため、アパレル業界である程度の経験を持つ方が担当するケースがほとんどのようです。

バイヤー

マーチャンダイザーが決めたシーズンテーマやコンセプトに合った商品を探して買い付け、販売計画を立てて各店舗に配分するのが主な業務です。トレンドを分析する能力や売れる商品を見極める力、適性量の把握などが求められます。

営業

自社製品や取引先の製品の販売ルートを増やすことを目的に、百貨店や量販店、専門店などにアプローチするのが営業職です。自社商品のPRや販促イベントの企画、展示会での商談などを行っています。

販売スタッフ

店頭に立って商品を販売する職種で、アパレル業界のなかで最も消費者に近い存在です。ブランドのコンセプトやアイテムに関する知識、着こなしなどをお客さまに伝える重要な役割です。

上記以外にも、ブランドや商品を世の中に広めるPR職やECサイトに関する業務を行うイーコマース担当、計画通りに生産が進んでいるかを管理する生産管理職などがアパレル業界の仕事にはあります。

アパレル転職の経験者

おすすめ!アパレル業界へ転職する魅力!

仕事を通して自分自身の変化を実感アパレル業を通して自分自身の変化を実感できる

アパレル業界ではどの職種であってもコミュニケーション能力を鍛えられます。デザイナー職では、マーチャンダイザーや営業職、工場とのやりとりの中で、また販売職ではお客様との間で対話を重ねる中でコミュニケーション能力の向上を実感できるでしょう。コミュニケーション能力の向上は仕事上だけでなく、プライベートにおいても交友関係の幅の広がりなどに繋がります。

また、常に最新のトレンドを探求していくアパレル業界へ転職し働くことによって、センスや創造性が洗練されていきます。センスや創造性が研ぎ澄まされることにより、実生活での購買嗜好も洗練され、多くのものが溢れる中で目的に合わせてより適切なものを選択出来る能力も向上するでしょう。

仕事上だけでなく、実生活においても自分の変化や成長を実感することができるということは、アパレル業界へ転職する最大の魅力と言えます。

アパレル業界は一生関われる仕事

人の生活に必要不可欠な衣・食・住の‘衣’と直結するアパレル業界の仕事は、性別や年齢に関係なく、一生関わることができます。アパレル業界では、企業、ブランドによって取り扱う商品もターゲット層も様々であるため、自身のライフスタイルや年齢に合わせて職種や会社を選択しやすいのも魅力です。

アパレル業界では目標を持っていれば将来的に独立も可能

他業界に比べて独立する人が多いのがアパレル業界です。具体的な目標を持って知識や経験を積み重ね、アパレル業界内でのコネクションを広げていくことによって、将来フリーランスとして働くことや、自分のブランドやお店を持つことも夢ではありません。

アパレル業界への転職の現実とのギャップ

アパレル業界の給与事情

アパレル業界は他業界に比べてアルバイトや契約社員雇用の割合が高く、平均的な給料も低く設定されている印象があります。

出典:PORT INC調べ  https://shukatsu-mirai.com/archives/73505

アパレル業界の仕事は体力勝負

華やかな印象の反面、アパレル業界の仕事は想像以上に体力を必要とする仕事です。販売職のように一日中立ち仕事で接客、デザイナー、パタンナー職であれば展示会前は寝る時間もないほどに忙しいこともあり、その仕事内容はとてもハードです。

アパレル転職の適正

アパレル業界への転職に向いている人

ものづくりが好きな人

アパレル業界の仕事は商品の企画、製造、販売を担う仕事のため、衣服に興味があるのはもちろんの事、創造力が必要とされる‘ものづくり’が好きな人に向いている仕事であるといえます。

早い仕事のサイクルに順応できる人

アパレル業界ではシーズンに合わせて商品を発表していくため、仕事のサイクルが早く明確になっています。一般的には春夏用と秋冬用にそれぞれ商品を企画販売し、また規模の大きなブランドでは、更にプレコレクションと呼ばれるものも発表します。そのため、このような早い仕事のサイクルに適切に対応できる人がアパレル業界への転職に向いています。

忍耐力のある人

アパレル業界のどの職種でも常に試行錯誤を繰り返し、結果を出すことが求められます。デザイナーなどの企画職であれば、いかに魅力的な商品にするか、営業や販売職では、どのような販売戦略で商品を売り出していくかを何度も修正を繰り返し、最終案を出す必要があります。そのため、忍耐力のある人にアパレル業界への転職はおすすめです。

最後に

一言にアパレル業界と言っても、その中には様々な職種があり、それぞれ業務内容は異なっています。アパレル業界の仕事は多忙で体力勝負な一面もありますが、仕事を通して実生活においても成長を感じることができます。そして一度アパレル業界に転職すればその仕事は一生ものであり、将来的に独立するという選択肢もあるため、ものづくりが好きな人にはとてもおすすめしたい業界です。

InfomationFF通信 最新コンテンツ