WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル求人の選び方とは?自分に合った職を見つけるコツを解説します

Articleファッション仕事NEWS

アパレル求人の選び方とは?自分に合った職を見つけるコツを解説します

アパレル求人 選び方

一言でアパレル業界といってもその職種はデザイナーから販売員まで実に幅広くあります。また希望する職種が決まっていたとしても、どんな企業を選べば働きやすい環境を得られるのか分かないといった悩みもあるでしょう。

そこでこの記事では、アパレル求人をどの様に選べばいいのかわかりやすく解説していきます。アパレル業界への就職・転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

アパレル求人の選び方①:職種から選ぶ 求められるスキルについて見ていきましょう。

まずはアパレル求人の中でどの職種を選ぶべきかを解説します。将来的に就きたい職種を選ぶことが重要ですが、これまでに培ってきたスキルやノウハウを生かせる職種を選ぶのも一つの手です。それぞれの職業の特性を把握して、自分に向いた求人を選びましょう。

店舗スタッフ

接客を行い、自社の商品を販売する職種になります。人と接することが好きな人や、コミュニケーション能力に自信がある人に向いた仕事です。スタッフは一般の販売員と店長に分かれており、店長の上には複数の店舗を担当するエリアマネージャーも存在します。

店舗スタッフ

企業の規模が大きいほど、仕事を進める上で円滑に進むようメンバーとうまく連携をとらなければなりません。また、協調性だけでなく、より良いチーム作りやサービスの向上に向けた積極性も重要です。

本部スタッフ

営業や広報を始め、マーケティングからブランドの方向性を決定するマーチャンダイザー、商品そのものや生地などの買付を行うバイヤーなど、業務内容は多岐に渡ります。交渉力を持つ人物に向いており、アパレル業界の中では特にお金を稼ぎやすい部門です。

クリエイター

デザイナーやパタンナーなど、服作りに直接携わるクリエイターは、多くのアパレル志望者が憧れを抱く職業です。独特のセンスを持つ人や、自分の世界を表現したい人に向いています。また、独立志向が強い人も、クリエイターを志すと良いでしょう。

アパレル求人の選び方②:職場環境から選ぶ

アパレル 環境

どのような職種を希望するのかが決まったら、いよいよ企業選びへと進みます。快適に働くためには、職場環境の良いブランドを選ぶことが重要です。この項目には、職場環境を見極める上で特に注目すべきポイントをまとめました。

年収など金銭面の条件

金銭面での不満や不遇を感じるようになると、仕事を続けるモチベーションが低下します。希望する年収に届くかどうか、業界の平均水準を満たしているかどうかなど、希望の条件に合う求人であるかどうかを確認しましょう。また、社割や交通費支給の有無など、細かな条件面も確認することが大切です。

休暇の取りやすさ

しっかりと休暇を取れるかどうかは働く上で重要なポイントの一つです。特に販売に携わる仕事を選ぶ場合は、土日祝日にも出勤する可能性が高くなります。有給休暇や特別休暇の有無を確認しましょう。また、既定通りに休暇を取得できる職場なのかどうかも、口コミなどから調査することがおすすめです。

ノルマの有無

職場によっては、売り上げに関連するノルマを課されることがあります。目標に届かなかった場合にはどのようなペナルティがあるのか、またクリアできた場合にボーナスの支給が行われるのかどうかなど、ノルマに関する条件を確認することも大切です。

勤務地

全国に店舗や営業所を持つブランドの場合、どの地域に配属されるかは働いてみるまで分かりません。世界的な規模のブランドであれば、海外を職場とする機会が訪れることもあるでしょう。地元から離れられない事情があるのならば、勤務地の範囲にも注目すべきです。

ブランドとの相性

ブランドのテイストに自分自身がマッチしていなければ、働いている最中に違和感を覚えることがあるかもしれません。居心地の悪さを感じることがあると、仕事を長く続けにくくなってしまいますから、ブランドのコンセプトとの相性を見極めましょう。

店舗の雰囲気

面接を受ける前に、そのブランドの店舗へ足を運んで雰囲気を確認することをおすすめします。スタッフに笑顔や活気が無い場合や、自分自身のテンションと剥離している場合は、ブランドの方向性そのものとの相性の悪さを疑うべきです。

将来性の有無

アルバイトから正社員を目指す場合は、社員登用を積極的に行う企業を選ぶころが絶対的な条件になります。アルバイトとしていくら実績を残し、活躍できたとしても、社員登用を一切行わない方針の企業もあるため、正社員希望の場合には、必ず将来のキャリアパスについても確認してください。

アパレル求人の選び方③:雇用形態から選ぶ

アパレル求人 雇用形態

アパレル求人の雇用形態は、大きく正社員・派遣・アルバイトという3種類に分かれています。それぞれにメリットとデメリットが潜んでいますので、どの働き方が最も自分に合っているのかという点も考慮しながら雇用形態を選びましょう。

正社員

正社員は毎月の給料が保証されることや、上級職へのステップアップ、昇給を狙えることなどがメリットです。アパレル業界の場合、正社員に限って社員割を利用できるというケースも多くお得ですが、休みの自由が利きにくくなることはデメリットです。

派遣

販売員として働くという場合には、派遣社員になるという選択肢もあります。メリットは、お店の雰囲気が合わないと感じた場合、すぐに他店へと移れることです。一方で正社員への道は開きにくく、キャリアアップしにくいことが難点になります。

アルバイト

アルバイトは最も採用される確率が高い雇用形態です。基本的には販売員の募集に限られますが、年齢や職歴は不問となるケースが非常に多く、アパレル業界への扉を開くことができます。派遣社員よりもさらに狭き門にはなりますが、活躍が認められると、正社員へキャリアアップできる企業もあります。

アパレル求人の選び方に悩んだら、転職サイト・エージェントの利用がおすすめ

アパレル求人の選び方に悩んだときは、転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。これらのサービスには、一般向けには公表されない「非公開求人」が集まることも多く、転職先の候補を増やすことができます。

転職サイトやエージェントの中には、アパレル・ファッション業界に特化した職業を紹介する会社が存在することも特徴的です。この二つのサービスは混同されがちですが、それぞれに特色がありますので、その違いについて確認しておきましょう。

転職サイトの特徴

転職サイトは、サイト上に集まっている企業の情報を自分自身で確認して、好みの企業に応募できるというサービスを提供しています。自分のペースでゆっくりと転職先を見つけられることが、転職サイトを利用する上での最大のメリットになります。

転職エージェントの特徴

転職エージェントは、専門のコンサルタントによるカウンセリングを受け、自分の特徴や潜在能力を理解してもらい、適切な企業の紹介を受けられるサービスです。自分の強みが分からない場合や、手厚いサポートを受けたい場合に利用するとメリットを感じられます。

まとめ

アパレル求人の選び方の基本となるのは、まず希望する職種を絞り込み、その次に企業選びを行うという流れを大切に守ることです。販売か、本社スタッフか、それともクリエイターなのか、自分の理想や希望を整理することで、とことん楽しめる仕事に巡り会えます。

企業選びを行う際には、ブランドとの相性やお店の雰囲気、給料をはじめとする待遇などをしっかりと確認しましょう。自分に合った企業をより正確に選びたいのであれば、転職サイトや転職エージェントといったサービスを利用することもおすすめです。

InfomationFF通信 最新コンテンツ