WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 転職の方法 | アパレル店長に必要なスキルとは??

Articleファッション仕事NEWS

転職の方法 | アパレル店長に必要なスキルとは??

毎日たくさんのお客様を迎え、最新のファッションやブランドの世界観を伝えるアパレルショップ。今回はそこで働くスタッフのまとめ役、アパレル店長の仕事や店長に必要なスキルについてピックアップします。

アパレル店長の仕事

アパレルショップの店長の仕事は多岐にわたりますが、代表的な仕事について具体的にみていきましょう。

仕事内容1■魅力的な店舗作り

商品のディスプレイを始めとする売り場作り込み、販売スタッフの育成など、より魅力的な店舗にするための環境作りを主導します。お店の立地や顧客層に合わせた店舗を作ることで売上に影響が出るため、店長は競合店舗のリサーチや本社との折衝などを行なって、「売れる店」を作り上げます。

仕事内容2■スタッフの指導と育成

店舗に所属するスタッフの指導や育成も、店長の重要な仕事です。店長以外のスタッフが新人教育を行えるような仕組みを整えたり、スタッフそれぞれの長所や短所に合わせた指導をすることが必要です。スタッフとの良好な関係作りも店長の大切な仕事といえるでしょう。

仕事内容3■店舗管理、マネジメント

具体的には、本社からの指示や過去の売上を参考にした売上計画の作成、計画遂行のための戦略組み、販促費用の予算組み、シーズンごとのスケジュール設定(店舗MD業)、顧客管理、スタッフのシフト作成などを行います。さらに、売上管理や売上が取れなかった際の原因追究、改善点の分析も店長の仕事です。一般スタッフと同様に接客販売業務をするほか、店舗管理やマネジメントといった事務作業を行う店長。クレーム対応やディベロッパーとのやり取り、商品の管理なども担当しているので、業務範囲は非常に幅広いと言えるでしょう。

出典:FASSIONE https://fassione.com/article/column/196/

アパレル店長に必要なスキルとは

■販売力

お店のスタッフをまとめ、引っ張っていくためには、店長自身の販売力が必要です。自分の販売経験とスキルをもとにスタッフを指導することで、説得力と信頼度が増します。

また店長には、どんなお客様がいらしても対応できる、度量と技術が必要です。お店のリーダーとしてスタッフを引っ張っていくだけでなく、時にフォロー役に周ったりクレーム対応をしたりと、高い能力が求められます。

■売り上げ戦略

店舗の売り上げ戦略を練り、スタッフに伝えていく力は必須です。何をどう打ち出して数字を取るのか、お客様へお店としてどうアプローチするのか、売り上げを上げる為のスタッフの配置など。この戦略が、売り上げを大きく左右します。

また、数字を分析するスキルも重要です。年間/月間/週間/日別/個人別の予算設定と進捗をしっかり把握し、客数/客単価/商品単価などをうまくコントロールして数字をつくる必要があります。

■コミュニケーション力

店長にとってコミュニケーション力は必要不可欠です。店舗のスタッフと信頼関係を築くのはもちろん、本社スタッフとのやり取りも店長の大事な仕事です。店長会で得た情報を、お店のスタッフに落とし込んで販売に活かしてもらうのも店長の役目です。

また、百貨店やファッションビルの場合、ショップ担当者などとの連携も必要なため、店長は人とうまくつきあえるスキルがなくてはならないのです。

■リーダーシップ

店舗のスタッフ全員をまとめるためのリーダーシップが必要です。しっかりとお店の方向性を打ち出し、売上げ予算を守って行かなければなりません。また売上げの面だけでなく、スタッフの指導や日々のオペレーションなど、様々な場面でリーダーシップが求められます。リーダーシップがある店長はスタッフとの信頼関係も強い傾向があります。

■店舗運営能力

店舗の運営をしていると様々な問題が起こります。スタッフが辞めたいと言っている、売上げ目標が達成できない、お客様からのクレーム、など毎日のように頭の痛い問題が山積みで、マニュアル通りにいかないことも多々あります。店長には全体をみて素早く決断する力、優先順位を考えて問題を解決する力が求められます。

出典:elan https://www.elan-jp.com/zukan/store_manager.htm

アパレル店長になる方法

アパレル店長職のやりがいと魅力

店長の仕事や求められる能力は様々ですが、日々の仕事の中でどんなことにやりがいを感じているのでしょうか。

第一に、売り上げ目標に到達したときの達成感は、大きなやりがいといえます。店舗のすべてを任されている店長には、売り上げをとり業績を上げることが常に求められます。大変な責任をともないますが、スタッフと試行錯誤して目標達成したときの充実感は何物にも代えがたいでしょう。

また、お店のスタッフの成長やステップアップも、店長にとって大きなやりがいといえるのではないでしょうか。スタッフの指導と育成は、前述のように店長の重要な仕事のひとつですが、その成果がスタッフそれぞれの成長として現れることは、店長の喜びでありやりがいにつながります。

「店長」というと、スタッフの教育をする人、一番販売の技量が優れている人、商品知識が豊富な人など、人によってイメージは様々だと思いますが、共通して言えることは、「管理者として、関わる人・影響を与える人の数が多くなるということ」です。店長職は大きな責任をともなう立場ですが、たくさんの人との関わりの中で、達成感ややりがいを感じられることが大きな魅力と言えるでしょう。

転職情報 | アパレル店長になるには

アパレル店長になるには、必ずアパレルの販売経験を求められます。販売経験がない方は、ショップ店員からキャリアをスタートしましょう。

アパレル販売員から店長を目指す場合、まずはほかのスタッフよりも高い売上実績を作ることが重要です。売上実績を作ることで、上司や本社スタッフに対して仕事に対する前向きな姿勢をアピールすることが可能になります。店長を目指すのであれば毎月コンスタントに売上実績を作る必要があります。そのためには、何よりも日々の接客を大切にし、より多くのお客様に自分のファンになってもらえるよう、努力を重ねましょう。

コミュニケーション能力や提案力、コーディネートの幅を広げるといったスキルを磨くことも大切です。高いコミュニケーションスキルは、信頼感を得たりリーダーシップを示したりする際に役立ちます。こういった能力が高ければ、上司や本社から注目される機会も増え、店長として採用される可能性が高まるでしょう。

 

また、一般スタッフからすぐに店長になるケースは稀なため、まずはサブマネージャー(副店長)を目指すのも1つの方法です。副店長経験のある人から優先的に店長採用を行うブランドが多いので、店長のサポート役である副店長を目指すのもおすすめです。

InfomationFF通信 最新コンテンツ