WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル業界への転職を成功させる方法とは?面接の想定質問や攻略法を解説

Articleファッション仕事NEWS

アパレル業界への転職を成功させる方法とは?面接の想定質問や攻略法を解説

アパレル業界への転職 攻略法

転職活動で最大の山場といえば面接であり、アパレル業界における転職を成功させるためには、面接対策を欠かすことができません。しかしアパレル業界で転職を行うのがはじめての場合、面接でどの様なことを聞かれるのか分からず不安という方が多いのではないでしょうか。

この記事では、アパレル業界の面接で聞かれることが多い質問と参考回答を紹介します。また、服装や話し方も含めた面接の攻略法もあわせて解説しますので、アパレル業界での転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

アパレル業界への面接で多い想定質問

Q.なぜアパレル業界を選びたいのか

応募者がアパレル業界を志望している理由は、企業にとってしっかりと把握しておきたいポイントです。こだわりを持ってアパレルを選ぼうとしているのか、それともたまたま行き着いたのがアパレルなのかという基本を把握するために質問されます。 この質問には、何がきっかけでアパレルに興味を持ったのかを答えましょう。単純にファッションが好きだからというだけではなく、職業としてアパレルが向いていると考える理由も伝えることを意識するとよいでしょう。

Q.なぜ当社で働こうと思ったのか

多くの企業の中からなぜ自社を選ぼうとしたのか、その理由を明確にするための質問です。その企業から感じ取った魅力を伝え、どうしてその中で働こうと思ったのかを筋道をつけて話しましょう。

面接官に刺さる回答をするためには、事前にブランドの研究を行うことが何よりも重要です。そのブランドが行っている取り組みやコンセプト、ターゲット層といった情報は最低限把握し、その企業でなければならない理由を説得力を持って伝えられるようにしてください。

Q.購読しているファッション誌はあるか

アパレル業界において「流行」は重要なキーワードです。トレンドを掴む努力をしているかどうか、そしてファッションそのものに熱意を持っているかどうかを確認する質問として多用されます。

第一の基本は、面接を受けているブランドのアイテムが頻繁に掲載されているファッション誌やメディアの名前を挙げることです。それが無ければ、ブランドのコンセプトと剥離しない方向性の雑誌やメディアを伝えましょう。

Q.当社の商品にどのようなイメージを持っているか

企業そのものではなく、商品に対する印象を尋ねられていることを明確に意識することが重要です。極端に持ち上げる必要はありませんが、その商品を売り出している企業に就職しようとしているのですから、良いと思った点を素直に伝えましょう。

面接を受ける前に、実際にアイテムを販売しているお店に足を運び、展開しているアイテムのジャンルや種類、店頭でプッシュしている商品の傾向などを把握することが大切です。また、スタッフのコーディネートにも注目することで、ブランドの全体像を見渡しやすくなります。

Q.自己PRをしてほしい

短い面接の時間内で個性をアピールする貴重なチャンスです。自分自身の長所を把握し、端的に伝えるための準備をしておきましょう。ブランドの特徴と自分自身の長所や個性が噛み合うような回答をすることが重要です。

また、面接の終わりに「何か質問はありますか」と尋ねられることもあります。ここでは志望度が高いことをアピールするため、「特にありません」といった回答は避け、どんなことでも良いのでそのブランドに対して聞きたいことを質問してみましょう。

アパレル業界の面接で避けるべき回答

アパレル業界 面接

アパレル業界における面接の想定質問として、特に重要な5つの質問と回答の基本をお伝えしました。ここからは、面接において絶対に避けるべき悪い回答の見本をご紹介します。NGな解答例として反面教師にしてください。

退職した理由をネガティブに話す

前職から離れることになった理由について「他の人と合わなかった」「環境が悪かった」といったネガティブな回答をすることは原則としてNGです。例えそういった事実があったとしても、前職について悪く言うようなことは避けましょう。

同じアパレル業界からの転職を目指すならば「作ろうと思った服を作れない」「客層が合わない」といった回答も避けるべきです。こういった回答をすると、いずれ自社に対する不満をあちこちで述べる人物になりかねないと判断され、採用を見送られやすくなります。

実際にはネガティブな理由からの転職であっても、転職理由は前向きに伝えることが重要です。

土日の勤務に難色を示す

アパレル業界では、営業やデザインといった仕事を志望していたとしても、まずは店頭で販売員としてキャリアを積むことも一般的です。土日祝日の勤務や、18時以降の勤務の提案に難色を示すと、熱意を感じてもらえません。

公にされていることを改めて質問する

面接官に質問するチャンスが訪れた際、ブランドのホームページや募集要項に回答が書かれている内容の質問することは絶対に避けましょう。調査不足・勉強不足という悪いイメージを持たれてしまい、採用が遠のいてしまいます。。

アパレル業界への面接を前に心がけるべき重要なポイント

アパレル業界 ポイント

面接を受ける際には、どのような点に注意を払うべきなのでしょうか。アパレル業界はお客様を相手にする仕事ですから、良い第一印象を与えることが重要です。そのためにできる攻略法のポイントを解説します。

アパレル業界面接ポイント1:服装や身だしなみ

一般企業の転職といえばスーツが基本ですが、アパレル業界では私服で来るようにという指定を受けやすいという特徴があります。応募するブランドのアイテムを持っているならば、それを取り入れたファッションで面接に臨みましょう。

服装ばかりに気が向いてしまいますが、面接官は髪形やメイク、ネイルも含めたファッションを見ています。ここで大切なのは清潔感を感じてもらえるかどうかなので、爪が伸びすぎていないか、洋服にシワが付きすぎていないかといった点も意識することが大切です。

アパレル業界面接ポイント2: 話し方

面接官が複数人いる場合は、質問を行った面接官の目を見て話すことを心がけましょう。大声を出すことはありませんが、何を話しているのかが伝わる声量で回答することを一番に意識して、ハキハキと明るく話すことが重要です。

テンポ良く返答することや、会話を成立させることも、接客を伴う仕事が多いアパレル業界で求められる大切な要素です。面接官からの質問の意図がよく分からないときは正直にそう伝えて、適当な回答をしないように注意しましょう。

アパレル業界面接ポイント3:態度

特にお店に出て仕事をするスタッフは日常的に顧客と接することになりますから、スタッフの態度がブランドイメージを決めることにもなります。そのため、面接においては偉そうに見えない態度を取ることが鉄則です。

椅子に深く腰掛けたりせず、背筋を伸ばして面接に臨みましょう。真剣に臨んでいると余裕がなくなり、つい普段のクセが出てしまうことも多くなります。頻繁に手で顔を触ったり、首を傾げたりといった動作もなるべく減らすように意識しましょう。

まとめ

アパレル業界への転職の際に受ける面接では、なぜこの業界や会社で働きたいのかといった質問のほか、購読しているファッション誌を尋ねられたり、ブランドイメージを尋ねられたりします。回答の基本は押さえつつ、個性的な回答をする準備をしましょう。

面接の内容には、服装や身だしなみ、話し方、態度なども含まれます。外見では清潔感を感じてもらうこと、内面では質問に対する明確な受け答えをすることを心がけて、謙虚な姿勢で面接に臨むことが大切です。

InfomationFF通信 最新コンテンツ