WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • あこがれのアパレル企画職に転職するには?

Articleファッション仕事NEWS

あこがれのアパレル企画職に転職するには?

アパレル業界において、商品を企画、デザインするという重要な役割を担うのが企画職です。自らの手で流行を作り出し、人気商品を生み出すこともできるので、夢とやりがいに満ちて志す人も多いでしょう。ここでは、そんな多くの人があこがれるアパレル企画職の仕事内容、転職方法、そして転職に有利な資格をご紹介します。

アパレル企画職の仕事内容

アパレル企業の中でアパレル企画職は企画部門に属し、最新のトレンドや消費者の動向に沿った商品を企画、販売立案などの仕事をしています。そのため、アパレル企画職はデザイン性だけを求めた商品を企画するのではなく、アパレル市場や他社の商品の調査、マーケティングなども行った上でアイディアを固め、実際の商品を提案しなければなりません。また、アパレル企画は企画部門の中だけの仕事に留まらず、工場や営業部門とコミュニケーションをとりながら業務を進めていく必要があります。

アパレル企画職への転職方法

1.アパレル業界の営業や販売職で経験を積んでから企画職に異動

アパレル企画職の仕事は服作りに関する全体の流れを熟知し、他の部署と連携して仕事をこなす必要があるため、各部署の仕事内容もよく理解しておくことが重要です。そのため、アパレル業界未経験からアパレル企画職への転職はかなり難しいと言えます。

そこでアパレル企画職に転職するには、まずアパレル企業に入社し経験を積み重ねていくことが大切です。特にアパレル業界の中でも、ショップで働く販売員の仕事は未経験者でもチャレンジしやすいので、販売員からスタートし販売現場でのお客様の生の声を聞き、商品の構成や消費者のニーズを熟知していくことが、企画職への転職の第一歩となるでしょう。

またアパレルの営業職からアパレル企画職に異動するという道もあります。なぜなら営業職の仕事は企画職と重なる部分が多いため、営業職の経験が転職の際に有利に働きます。営業職の仕事は企業間のコミュニケーションを円滑に進めるだけでなく、売上に繋がる販売促進案を提案したり、利益や在庫を分析し売上向上を目指すことです。そしてアパレル企画職も常に消費者のニーズに応えるために、売れる商品作りを追求していく仕事のため、営業職での経験を十分に活かすことができる職種であると言えるでしょう。

2.アパレル業界特化型の転職エージェントを活用してアパレル企画職に転職

転職エージェントと聞くと最大手のマイナビやリクルートをイメージする人が多いかと思います。しかし転職したい分野が決まっている場合は、業界特化型の転職エージェントがオススメです。

アパレル企画職に転職するには、アパレル業界特化型の転職エージェントを上手く活用することにより可能性が広がります。アパレル業界特化型の転職エージェントを使う利点はいくつかあります。

まず一つ目の利点は、求人サイトに掲載されていない非公開求人を紹介してもらえることです。大手の有名ブランドなどはエージェントを通して非公開求人で企画職の求人を出していることが多く、エージェントを使うことにより企業選択の幅が広がり、自分の希望する企業の求人をより見つけやすくなります。

アパレル業界特化型の転職エージェントの二つ目の利点は、アパレル業界に精通しているキャリアアドバイザーからキャリアカウンセリングを受けられることです。

自分の実績やスキルを基に、アパレル企画職の求人に対してどのように自己アピールしていけば良いかを的確にアドバイスしてくれます。また自分の希望する条件や待遇面などのヒアリングを行なってくれることは、自分だけで求人探しをしていては気付けないことを気付かせてくれるため、転職エージェントを活用する最大のメリットと言えるでしょう。

アパレル企画職への転職に有利な資格

ファッションビジネス能力検定試験

アパレル業界で働く上で求められる、マーケティングや生産、物流やマネジメント知識、造形の知識などを証明することのできる資格です。特にアパレルの企画、生産、流通などの分野の知識が問われ、これはアパレル企画職の業務内容と重なるため、取得しておくと転職に有利に働くでしょう。3級〜1級まで難易度があり、どの階級も受験資格は設けられていません。

出典:日本ファッション教育振興協会 http://www.fashion-edu.jp/bis/bis.html

アパレル企画職の転職

アパレル企画の現状と将来について

インターネットを通しての消費が増加する現在では、ほとんどのアパレル商品がインターネットショッピングで購入可能です。その結果、消費者の需要は以前にも増して多様化の傾向にあり、有力なニーズの見極めが難しくなってきています。そんな中でもアパレル企画職はさらに新しいニーズを判断し、新たな商品の生産に取り組まなければなりません。

アパレル業界に限ったことではなく、流行を見定め、消費者のニーズに応える商品アイディアを生むという商品企画職は、将来的にも機械で代用することが難しい仕事であると言われています。今後は多様化する消費者のニーズに対応を求められ、アパレル企画部門内でも更に部門の細分化が予想されます。

出典:ESMOD調べ https://www.esmodjapon.co.jp/column/planning/about/

アパレル企画職に転職するためには、アパレル専門の転職エージェントなどを上手く活用し、アパレル企業に転職して業界である程度の経験と実績を積む必要があります。またアパレル企画職に関する資格を取得して、アピールポイントとして活用することも一つの方法です。転職の段階で専門的なスキルが求められるということはなく、転職後に実際の仕事の中でより専門的な知識やスキルを身につけていくことになるでしょう。

InfomationFF通信 最新コンテンツ