WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル・ファッション業界失敗しないオンライン面接のチェックポイント【前編】

Articleファッション仕事NEWS

アパレル・ファッション業界失敗しないオンライン面接のチェックポイント【前編】

女性 パソコン

新型コロナウイルスの感染拡大以降、アパレル・ファッション業界でもオンライン面接が急速に広まりました。慣れないため不安に感じる人もいるようですが、それは他の求職者も同じ。ポイントを押さえておけば、自分の強みを企業にしっかりアピールできます。本コラムでは2回に分けて、オンライン面接を成功させるための8つの秘訣をご紹介します。

そもそもオンライン面接とは?

スマートフォンやパソコンのカメラ機能を利用し、インターネットを利用して面接を行います。面接のために会社を訪問する必要がないため、移動時間や交通費が不要。スケジュール調整もしやすく、遠方からでも気軽に参加できます。対面での接触がないため、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努める企業に利用されています。
コスト削減や出張控えなどもあり、外資系企業や大企業ではオンラインが主流になってきています。全ての面接をオンラインで行う企業もあり、今後この傾向はますます進んでいくものと予想されます。

一方、オンライン面接だけでは判断が難しいと感じる企業は対面での面接も継続して行っています。その場合でも、「一次面接はオンラインで行い、2次面接や最終面接は対面」「1次面接のみで内定を出す」など、全体的にスピード感が増している印象です。

求職者のほうも、「オンラインのみでは会社や職場の雰囲気がつかみにくい」という方もいるでしょう。販売職は店舗に足を運ぶことで、仕事の内容や雰囲気がつかめますが、デザイナーやパタンナー、MD、生産管理などでは、職場を見ておきたいという希望もあるようです。要望を伝えれば対面での面接やオフィス見学をさせてもらえる企業や店舗もあるので、ミスマッチを防ぐためにも確認してみましょう。

オンライン面接の概要がわかったところで、成功に導くための8か条を順にご紹介します。

1.インターネット環境を整える

オンライン面接を実施する場所は、インターネットにつながる環境でなければなりません。面接途中で音や映像が途切れるのを避けるため、安定した通信環境を確保しましょう。有線LANがあれば、万が一のトラブルにも対応でき、スマートフォンよりパソコンの方が動画の安定度や音質が高くなります。長い時間でも問題なく対応できるように、通信制限を回避できるWi-Fi環境での利用がおすすめです。

企業側からツールの指定があるので、必要に応じてアカウントを取得しましょう。新しいツールを使う場合は、事前にツールを立ち上げ、試しておいてください。「PCのOSのバージョンが古くて起動できず、面接が受けられなかった」といった失敗がないようにしましょう。

既に取得しているアカウントがある場合、ユーザー名やアイコン画像を見直しください。プライベート感や遊び要素が強いアイコン画像は避けておいた方が無難です。また、ユーザー名もニックネームや記号入りのものではなく、本名のフルネームに変更しておきます。

万が一、音声や映像が途中で切れたり乱れたりした時も、慌てずに対応しましょう。こちらは切れている、遅れていると思っていても、相手には届いていることもあります。トラブル対処法も、面接で見られているポイントのひとつです。手際よく対応して、高評価を手に入れましょう。事前にトラブルが起きた場合の連絡先を知らされている場合は、手元にメモを置いておくと安心です。

2.背景は清潔感があるものを

自宅など慣れた場所で面接を受けられるため、対面の面接よりリラックスして受けられるのがメリットですが、背景に映り込むものには細心の注意が必要です。事前にカメラを立ち上げ、画角や映り込むものの確認をしておきましょう。

背景としては、白い壁がベストです。淡色のカーテンなどもよいでしょう。顔色も明るく映りますし、面接官は表情や話の内容に集中することができます。家具や荷物が動かせない場合、白や淡い色の布をかぶせるなどの対応をしましょう。
洗濯物が干してある、ごみが散らかっているなど、生活感があふれていたり、雑な印象を与えたりするものはNGです。また、面接を受けているアパレルブランドと全くイメージの異なるインテリアや服が飾ってあるのも良くありません。面接官に「本当にうちを志望しているのか?」と疑われてしまいます。

3.照明は自然光がベスト

薄暗い部屋では顔も表情も暗くうつるため、良い印象を与えられません。昼間なら自然光が最もよく、表情もやさしく明るく映ります。自然光が確保できない場合は、できるだけ明るい照明を選びましょう。

ただし、明るすぎても表情が読み取れなくなるため、事前にカメラを立ち上げて、顔に影ができず表情や肌色がきれいに映るポイントを探しておきます。蛍光灯の真下は顔に影ができて疲れた印象になることもあるので、要注意です。自分の顔の下あたりに、白い紙を置いておくと、レフ板と同じ原理で顔色を明るくすることができるので、おすすめです。

対面の面接とは異なる点も多いオンライン面接ですが、オンライン化の流れは加速する一方です。いち早く慣れて、転職を成功させましょう。最新の求人情報やオンライン面接への不安や疑問なども、弊社のキャリアコンサルタントにお気軽にお問い合わせください。次回は、残り5つの秘訣についてご紹介します。

InfomationFF通信 最新コンテンツ