WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 異業種出身・未経験者は必見!アパレル業界転職の職務経歴書はココをアピール!【未経験編】

Articleファッション仕事NEWS

異業種出身・未経験者は必見!アパレル業界転職の職務経歴書はココをアピール!【未経験編】

洋服 ハンガー

転職の必須アイテムのひとつ、職務経歴書。その名の通り、今まで携わってきた職務の内容をコンパクトにまとめ、自己PRを記入した書類です。職務経歴書の良し悪しが書類選考突破のカギとなり、面接も職務経歴書を参考に行われます。

アパレル未経験や異業種から転職する方の場合、職務経歴書の書き方を間違えると、ハンディキャップが目立ってしまいます。未経験でもライバルたちに差をつける、異業種の前職をアドバンテージにできる職務経歴書のまとめ方やアピール術を2回に分けて指南します。まずは未経験の方向けです。

そもそも職務経歴書とは

履歴書と並ぶ転職時に必要な書類です。今までに経験してきた業務や実績を記入し、転職先で活躍できることをアピールするためのツールでもあります。決まったフォーマットはありませんが、今までの職務をまとめた要約、詳細を記載した職務経歴、保有している資格やスキル、自己PR、志望動機の流れで書くのが基本です。転職成功の秘訣は、まず書類選考を突破すること。じっくりと対策を練ってから書くことが重要です。

未経験からめざせるアパレル業の職種

未経験可の求人の多くは、販売スタッフです。現場で十分に経験を積んでから、店長、エリアマネージャー、バイヤーなどにステップアップすることも可能なため、アパレル業界で活躍したいなら販売スタッフから始めるのが一般的です。
人気の高いバイヤーやプレス、デザイナーは、専門的な知識や経験・実績が求められるため、未経験の場合、アシスタントとしてのスタートになることがほとんどです。

未経験者は自己PRと志望動機が重要!

職務経歴でのアピールが難しい未経験者は、自己PRや志望動機が判断の大きなウェイトを占めます。ファッションやブランドへの情熱、仕事に活かせる自分の長所などを熱く語りましょう。自分のいいところをアピールするのは少し恥ずかしい気もしますが、謙遜せずに書きましょう。書類選考を通らなければ、採用担当者に あなたの魅力を語る機会すら得られないのですから。

PRする内容は「企業が何を求めているか」を考えて選ぶのがポイントです。例えば、カジュアルなブランドなら明るい笑顔や元気のあるエピソード、ハイブランドならマナーなど、ブランドのイメージと自分が合っていることを伝えられるようなエピソードを語ります。

書き方のポイント

自由に表現できる職務経歴書は、うまくまとめればライバルたちに大きく差をつけることも可能です。次の3つのポイントを必ず押さえましょう。

具体的に書く

採用担当者は短い時間の中で、多くの求職者の職務経歴書を確認する必要があるため、客観的に判断できる情報を求めています。数字を添えながら、できるだけ具体的に書くことで、自分のことを冷静に見つめ、分析できているという姿勢も伝わります。

未経験の場合、具体的な数字は少なくなりがちですが、アパレル業界で活かせそうな経験をストーリーにし、語ることでカバーできます。例えば、販売スタッフを目指す場合、友人たちにファッションのアドバイスをしたら好評だったといったという経験は、ファッションセンスの良さや提案力の強さをアピールできます。

また、販売スタッフは店舗内でのチームワークも重要のため、チームで協力して結果を出した経験なども高評価につながります。

パートやアルバイトでも「飲食業や小売店などで接客経験がある」「塾講師など、対面でコミュニケーションを豊富に行った経験がある」場合は、接客・コミュニケーションのコツをつかんでいる人物と判断され、有利になるケースが多いようです。

細かいことでも省略しない

採用担当者はミスマッチを防ぐため、求職者に関する些細な情報でも必要としています。自分では重要ではないと思ったことも、採用担当者からすれば重要なポイントだった、ということはよくあります。

ファッションアドバイスの経験を語る場合なら、どのような色味、スタイルの服装を、どのような人に提案したのか、といった詳細を語ることで、採用担当者が具体的にイメージしやすくなります。

役立ちそうな資格は必ず書く!

未経験の場合、実務に役立ちそうな資格を持っていたら必ず書きましょう。経験はなくても、知識はしっかり身についていることをアピールできるため、アドバンテージになります。例えば、販売スタッフなら色彩感覚をアピールできる色彩検定や、ファッションとビジネスをつなげて考えられるファッションビジネス能力検定などが挙げられます。

エリアによっては自動車の運転が必須の場合もあるため、運転免許の有無についても記入しておきましょう。

書く前に自己分析が必須

職務経歴書をまとめるには、まず自分の経験や得意なこと、キャリアプランなどを見つめ直す自己分析が必要です。細かい点まで全て書き出してから、メリハリをつけてまとめます。

強い職務経歴書を作るためのエピソードの取捨選択は大変難しいもの。転職のアドバイスの経験が豊富なキャリアカウンセラーに相談し、アドバイスをもらうのが近道です。ウィルワークスでは、どんな些細なことでも相談に乗りますので、気軽にご連絡ください。

次回は異業種からアパレル業界を目指す方向けの職務経歴書の書き方をご紹介します。

InfomationFF通信 最新コンテンツ