WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル&ファッション業界・自分に合う企業の選び方

Articleファッション仕事NEWS

アパレル&ファッション業界・自分に合う企業の選び方

多くの方が「今までの経験を活かして転職したい」と考え、以前と似たような分野や職種を選びがちです。しかし、アパレル&ファッション業界の仕事は幅広く、視点を変えるだけでより良い転職先を見つけやすくなります。今回は、自分に合う企業を選ぶ際の基準として、5つの視点をご紹介します。

1.職種で選ぶ~アパレル販売・店長・バイヤー~

まずは、販売や店舗運営に関連する職種について見ていきましょう。

この職種はアパレル&ファッション業界のなかでも求人が多く、未経験でもチャレンジすることが可能です。接客だけでなく、服の陳列、在庫管理、レイアウト設計・管理、レジ対応など、お店の運営に関わる業務全般に携わります。正社員の場合は定時勤務だったりしますが、契約社員やアルバイトのスタッフは「早番」「遅番」などシフト制が一般的で、時には夜遅くなることも。また、立ち仕事がメインなので体力も大事です。

ショップの店長職の仕事は、基本的な接客に加えて従業員の教育やシフト管理、売上管理、本部との連絡や在庫管理、クレーム対応など。責任範囲が広く、必要な知識・スキルは多岐に渡りますが、その分やりがいも大きい仕事です。

バイヤーは、売上が見込める商品を国内外から仕入れるのがメインミッション。多くの場合、店舗やエリア単位で担当が決まっています。常に半年以上先の流行を予測しながら、売れ筋商品を探すため、世の中のトレンドに敏感な方が向いています。

2.職種で選ぶ~デザイナー・パタンナー・マーチャンダイザー~

競争が激しく、流行りすたりのサイクルが速い業界なので、お客様の心をつかむアイテムの開発は重要です。ここでは、商品企画やものづくりに関する職種についてご紹介します。

デザイナーは一見華やかな仕事ですが、実力主義の世界で、人気ブランドとなると転職の難易度が非常に高くなります。ブランドを展開している企業に就職して、戦略やコンセプトに合ったデザインを提供する企業内デザイナーが一般的ですが、独立して複数のメーカーと契約を結んでいるデザイナーもいます。

独立デザイナーの場合、自分の好きな仕事を選べますが、収入は実力次第。企業内デザイナーは、働き方の自由度は低くなりますが、収入や条件は安定しています。

パタンナーはデザイナーが作ったデザインを型紙(パターン)に起こします。工場では、サイズごとのパターンを元に製品化されるため、デザイナーの意図が形になっているか、仕上がりに問題がないかなどのチェックも重要な仕事です。専門的な知識が求められるため、ファッション系の専門学校出身者が大半です。アパレルメーカーでアシスタントとして経験を積み、技術を身につけて活躍するのが一般的です。

マーチャンダイザーとは、ブランドコンセプトをもとに商品の企画から販売までを統括する仕事です。アパレルのトレンドを押さえて新たなアイテムを企画するだけでなく、営業スキルも必要となり、デザインや店舗の現場での経験をベースにしてステップアップする方が多いようです。

3.会社のイメージやブランドで選ぶ

デザイナーやパタンナーなどの専門職や、未経験から販売職にトライしてみようと決めている人は、会社のイメージやブランドに着目するのもいいでしょう。
お気に入りのブランド、新たな商品や取り組みが話題になっているメーカーなど、自分にとって身近なテーマをとっかかりにして、興味がある企業をリサーチしてみてはいかがでしょうか。

会社やブランドで選ぶ際にぜひやっておきたいのは、アパレル業界にはどんな業態の企業があるのか、自分が注目した企業の競合にどんな会社があるのかを把握することです。

メーカー、百貨店、量販店、路面店中心のブランド、ネットショップ、生地メーカー、縫製工場など業態によって求められる人物像やスキルは大きく異なります。ハイブランドとカジュアルブランドでは、ミッションもこだわりも違うので、やりがいを感じられるかどうかが大きく左右されるでしょう。

好調な企業で人気ブランドを広く発信したいのか、シェアが低くても好きなブランドの魅力を伝えていく仕事をするのか、それぞれの企業のポジションと自分に求められる役割を理解しておけば、入社してから後悔することなく働けるはずです。

4.雇用形態で選ぶ

正社員は給与の多さと安定性が見込まれ、ボーナスも期待できます。特に経験や専門性を求められる生産管理やデザイナー、パタンナー、マーチャンダイザー、バイヤーなどの職種は正社員の求人が多くなっています。

一方、販売員や一般事務は、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートといった雇用形態の募集が多い職種です。店長候補や営業など、スキル重視の仕事は正社員が中心ですが、販売職ほど多くの求人があるわけではありません。

契約社員やアルバイト募集が中心の職種でも、企業によっては働き方を評価して正社員への雇用切り替えを行っていたりします。最初は契約社員や派遣、アルバイトやパートで働いて経験を積み、いずれは正社員や店長、商品開発、バイヤーなどにキャリアアップするという道もあります。

5.給与や福利厚生など条件で選ぶ

給与や残業の多さ、他ブランド・他職種への配置転換の有無、福利厚生など、働く際に譲れない条件は人それぞれです。興味ある企業や仕事をピックアップする際に、自分にとって譲れない条件を明確にしておきましょう。産休・育休、介護休業の取得状況などもチェックしておくと、長く安心して働ける企業に出会える確率が高まります。

6.通いやすさで選ぶ

通勤時間が短ければ、体力の負担が少なくてすみます。特に立ち仕事が多いショップ店員・店長は、早朝や深夜のシフトがある場合は、通勤で消耗したくないもの。エリアや店舗を限定して働ける社員制度がある企業も増えているので、通勤時間が気になる方や働きたいエリアにこだわりがある方は、転勤の有無、平均的な出退社時間、人事異動の頻度などについても押さえておきましょう。

上記の視点により、転職するにあてっての優先順位を自己分析し、ここなら働きたいと思える会社やブランドを絞り込んでみてください。業界の現状がわからなかったり、優先順位で悩んだりしたら、キャリアカウンセラーに相談してみるのもいいのではないでしょうか。会社、ブランド、仕事をきちんと理解して、納得いく転職を実現してくださいね!

InfomationFF通信 最新コンテンツ