WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • プロのファッション転職コンサルタントに訊いてみた!2020年5月のファッション業界事情

Articleファッション仕事NEWS

プロのファッション転職コンサルタントに訊いてみた!2020年5月のファッション業界事情

2020年4月から深刻度が急激に高まったコロナ禍において、ファッション業界はどのように動いていくのでしょうか。
ファッション業界における中途採用のプロフェッショナルが 、現在ファッション業界で活躍されている方、これからファッション業界に転職を考えている方に向けたアドバイスをお伝えいたします。

※2020年5月19日のインタビューをもとに構成しております。

目次

1. 【販売職編】 休業続出…2020年4月、5月のファッション業界での働き方はどう変わった?店舗販売職の働き方は?

2. 【EC・物流編】 ECは大忙し! 販売職以外の働き方

3. 春夏商材のセールがポイント!売上げへの施策

4. 今、転職に向いている人 って?注目は「ファン作りスキル」!

5. 未経験でも大丈夫!「年齢が若く経験が浅い」と不安な人へのアドバイス

6. 狙い目は秋オープンの店!プロが予想する2020年6月以降


1. 【販売職編】 休業続出…2020年4月、5月のファッション業界での働き方はどう変わった?店舗販売職の働き方は?

2020年の3月までと比べ、4、5月のファッション業界での働き方の違いはどんなことでしょうか?特に店舗に出勤されている販売職の方はどうですか?


中島さん: 4月から休業の店舗が多く出はじめました。販売スタッフの方は、自宅待機が多く、企業の方針によっては、WEB会議で夏・秋冬商材などの研修会を開くところもあるようです。休業中の給与保障はさまざまですが、4月に休業と社員の給与100%保障を決断した大手アパレルをはじめ、社員の命と生活を守ろうと多くの企業が取り組んでいました。

ファッション業界は横のつながりと言いますか、他社を参考にする姿勢が強い業界なので、先発企業がどのように動くのかということが全体を左右します。ただ、売り上げの関係で、給与保障をしたくても実施できない企業があるのも事実です。

また、外資系企業などでは顧客様にWEB上で商品をお見せしてご購入いただくサービスを行っているようです。海外で多く取り入れられているサービスですね。最近では予約制で店舗を貸し切り、顧客様にお買い物をしていただく施策を打つブランドもあります。販売のチャネル、働き方の選択肢がさらに増えています。


2. 【EC・物流編】 ECは大忙し! 販売職以外の働き方

販売職以外の方の動きはどうでしょうか?


中島さん: 実店舗がオープンできない中、インターネット通販などのECにかかわる職種の方は、まさに多忙を極める状態です。ECサイトを閲覧してくださったお客様に最大限満足いただくことが企業の生命線になりますから。ECの育成と並行して、各社SNSも力を入れています。そのため、自宅待機中の販売スタッフの方がモデル兼インフルエンサーとして依頼され、活躍する場面もあるようです。

4月からはファッション関連の物流もほぼストップし、春物衣料の売上げが厳しい中、モノづくり部隊も、工場も、OEMもストップ。でも、物流関連の情報によるとGW明けから動き出すという話が4月から出ており、どこよりも情報が早かったんです。実際に、GW明けからファッション関係の物流が本稼働し始めています。情報の早さ、それがファッション業界の強みのひとつですね。


3. 春夏商材のセールがポイント! 売上げへの施策

ファッション業界全体の景気はどうでしょうか? 売上げに対して何か施策は行われているのでしょうか?


中島さん: 100%もとに戻ることは、まだかなり厳しい状態といえます。しかしながら、売り上げ対策はECの強化を中心に積極的に組まれています。ミッドサマー(真夏商材)のWEBカタログとECをしっかりと連動させ、打ちだしを積極的に行なっているブランドが多いようです。

もう一つの対策が夏のセールやファミリーセール。残念ながら春夏商材は在庫としてまだ多くあるブランドが多数です。各企業は、春夏商材をセールにして、在庫として残さない努力を進めていくと思います。

社員の命を守るために選択した「休業」という状況は、どこの企業であっても苦しい。でもそれは目先ではなく、先を見据えているということです。今は現金が目減りするかもしれませんが、先を見る力のある会社にジョインすることが自分の仕事を充実させる近道でもあります。


株式会社WILLWORKS 中島正光さん
「 コロナ禍の現在の状況は永遠に続くわけではない。服はヒトにとって必需品であり、ファッションへの需要はいずれ回復します! 」と中島さん

4. 今、転職に向いている人 って? 注目は「ファン作りスキル」!

ズバリ! 今、転職に向いている人はどんな人?


中島さん: 転職を希望されている方とお会いすると、やはり皆さん「求人って無いですよね?」と気にされていますが…ちゃんとあります!春にオープン予定だった駅ビルの販売職募集など、今だからこその募集があります。こういった求人、お仕事に向いている方は、スピード感をもって売上げをつくることができる経験者の方

企業によって基準は異なりますが、販売職でいう「経験」は、売上げ実績以上に”顧客数がどれだけいたか”が大切だと考えています。顧客様が多いということは、その販売スタッフのファンが多かったということ。どのようにしてファンを作ったかというプロセスは就業年数より大事ではないでしょうか。もちろん、他ブランドに顧客様をご案内してしまうのはタブーですが、ファン作りの経験がある方は、新しい場所でもすぐに顧客開拓できるはずです。

販売スタッフの方は、みなさん熱量と誇りをもって仕事をしています。顧客様に愛される能力は、他業界でも活かせる一生もののスキルです。


5. 未経験でも大丈夫!「年齢が若く経験が浅い」と不安な人へのアドバイス

「年齢が若く経験が浅い」という不安のなか、転職を余儀なくされている求職者の方には、面談でどんなアドバイスをされていますか?


中島さん: 経験者が求められがちな昨今の状況でも、未経験者の方が選考に残るケースもよくあります。つまり、未経験でも経験者と張り合えるんです!

(ちょっと説教じみた話で恐縮ですが)未経験者の方が新しい仕事に出会うポイントは「明るさ・元気・笑顔」。未経験者に内定が出るとき、企業の人事の方からいただくフィードバックには「前向きな姿勢が良かった!」「大変でも頑張りたいという意欲を感じた!」「常に笑顔で明るい!」というワードが多く出ます。「自信満々」は良い場合とそうでない場合があります。前職でいくら売上げを出していても、別のブランドに行き、違う文化で仕事をするわけですから「謙虚さ」をお忘れなく。

さらに言うと、自分だけの強みがあることも重要。販売スキルに限らず、「人前で物怖じしない度胸」や「コミュニケーション能力」など。「コミュニケーション」については具体的に”どんなコミュニケーション能力が強みなのか”を過去のエピソードを交えて語れるようになるといいですね。


6. 狙い目は秋オープンの店! プロが予想する2020年6月以降

個人的な予想では、2020年6月以降はどんな動きがみられると思いますか?


中島さん: ファッション業界の転職市場では、秋以降オープンの新店に注目しています。6月のオープン店舗は、まずは決まった人員で6月末から7月のセールを中心に売上げを作り、会社の体力をつけることに専念するのではないでしょうか。秋オープンの店舗であれば7月や8月に募集が出るはず。転職を考えている方は、ぜひそのタイミングを狙ってみてください。

ファッション業界で現在お仕事をされている方の中には、「このままファッション業界にいていいのかな?」と不安に思う方もいるでしょう。ただ、コロナ禍の現在の状況は永遠に続くわけではない。服はヒトにとって必需品であり、ファッションへの需要はいずれ回復します!今は大手企業であっても厳しい事態。 今後の見通しはまだ立ちませんが、 まずは夏のセールでどれだけ売上げ作れるかというところです。

新しい仕事を探している方、転職を考えている方それぞれにとってどのような企業が良いのか…それはぜひ私たち求人や採用に関わるエージェントのプロに訊いてください。ご相談にはさまざまなケースがあります。内定取り消しになってしまった方がご相談にいらっしゃることも。ぜひうわさに惑わされず、正確な情報を得てください。私たちが、ファッションのお仕事を安心して楽しくできる環境を作るお手伝いをいたします!

InfomationFF通信 最新コンテンツ