WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • アパレル・ファッションの注目職種カタログ(5)デザイナー

Articleファッション仕事NEWS

アパレル・ファッションの注目職種カタログ(5)デザイナー

ファッション好きなら、一度はデザイナーに憧れたことがあるでしょう。流行を自ら作り出す花形の仕事は、いつの時代も人気です。では具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?必要なスキルやデザイナーになるための方法など詳しくご紹介します。

どのような仕事をしているの?

洋服、靴、バックなど、ファッションアイテムのデザインをするのが主な仕事。「商品を作って販売する」というアパレル企業の仕事の起点を担う、重要な仕事です。

デザイナーが企画した商品は売上を左右するだけでなく、時に大きな流行を生み出すこともあります。流行を作る側にいるということが、デザイナーの醍醐味とも言えるでしょう。

デザイナーの使命は「売れる」商品を作ること。そのため芸術的・美的センスが高いだけでは優秀なデザイナーとは言えません。お客様が今、何を求めているのかを的確に把握する高度なマーケティングスキルが求められます。

年齢、性別といった大まかな分類だけでなく、どのようなファッションと合わせるか、どのような場面で使われるのか、既存の商品に対する不満や希望はあるのかなど、お客様のニーズやトレンドについて徹底的に調査・分析を行い、ターゲットを明確にします。時にはお客様の生の声を求めて、販売店スタッフに話を聞くこともあるでしょう。

また、競合他社の商品と類似していないか、新しい生地や縫製方法があるかなども細かくチェック。販売戦略を立てることも時にはあります。

丁寧に情報を分析してターゲットや商品コンセプトを明確にしてから、デザイン画を起こします。

デザイン画が出来上がると、パタンナーが型紙を起こし、仮縫いをします。作品が意図した通りに出来がっているか確認し、必要に応じて微調整を繰り返します。満足できる状況になったら、縫製工場で作るための仕様書を作成。縫製工場で実際に作成したサンプルを確認してから量産を行い、販売へとつながっていきます。

デザインのショーやコンテストで賞を取ったり、人気が出たりして有名になれば、仕事も増えていきますし、デザイン単価も上がっていく傾向にあります。

どのような働き方があるの?

ファッションデザイナーには大きく分けて2パターンがあります。

最も一般的なのは、アパレル企業で雇用されているデザイナーです。自社のコンセプトを大事にしながら、新しい商品を生み出していきます。仕事量や収入は比較的安定しており、求人も多いため目指しやすいと言えます。

経験を積んでからは、フリーランスとして活躍する道も開けます。アパレル企業から依頼を受け、ブランドのコンセプトやターゲットに合ったデザインを提供します。特定ブランドの専属になっている場合もありますし、複数企業と契約している場合もあります。実力次第で仕事量も収入も大きく増やすことができるのが魅力です。デザイン関連のコンテストなどで実績があると有利になります。

どのようなスキルが必要?

アパレル企業の売上に直結する仕事をするため、ファッションセンス、マーケティング力など、幅広いスキルや知識が必要となります。

(1)ファッションアイテムに関する専門知識

型紙の起こし方、縫製の技術、生地の特徴といった服や靴、バックなどの作り方に直接関わる内容は必須です。さらに、人間の体の動かし方も把握していないと着心地の悪い服をデザインしてしまうため、幅広い知識が求められます。

(2)常に創造し続ける力

流行を作る側にいるため、常に最先端の情報を求め、貪欲に新しいものを生み出していくパワーが求められます。また、インスピレーションはいつ、どこで湧き出てくるかわかりません。アパレル・ファッション関連以外にも、あらゆること情報のアンテナを張っておく必要があります。

(3)コミュニケーション力

ひとつのアイテムを作るのにも、パタンナー、縫製工場、生地を納入する企業、販売計画・管理をするマーチャンダイザーなど多くの人や企業とやり取りする必要があります。自分の企画意図を伝え、実現してもらうためにコミュニケーション力は重要です。

(4)語学力

海外のデザインのショーやコンテストで実力を試したい場合、英語を中心とした語学力を磨いておきたいところ。また、縫製工場などは国内ではなくアジアにあることが多いため、現地の言葉ができると交渉が有利に進むことが多いでしょう。

デザイナーのステップアップとは?

企業でデザイナーとして活躍している場合、多くの企業で服担当、靴担当など1つのファッションアイテムのデザインから任されます。複数アイテムのデザインを経験したのち、デザイン部門のマネージャー、企業全体のデザインイメージやコンセプトに関わる仕事への道も開けます。

デザイナーとしてのスキルは、どの企業でも共通のため、より自分に合うブランドへの転職も実現しやすい傾向にあります。

また、自分の名前を聞いたらブランドが思い浮かぶような、世界的に活躍するカリスマデザイナーを目指すことも可能です。国内外で数々の賞を取って、足がかりにすることが多いようです。

ファッションデザイナーになるためには?

未経験の場合、専門学校でデザインの基本を学ぶのが近道です。専門学校にはアパレル企業と独自のつながりがあるため、求人も豊富で就職に有利です。学校の成績やコンテストでの評価も採用の判断に使われることがあります。

デザインの専門学校を卒業後は、企業に雇用されてデザイナーとして活躍するのが一般的です。アシスタントとして経験を積みながら、独り立ちを目指します。

また、販売スタッフとして経験を積み、デザイナーとして働きたいと企業に伝え、実力が認められれば異動できる場合もあります。その場合、デザインセンスや実力を上手にアピールすることが重要です。困ったらキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

他にもデザイン事務所や尊敬するデザイナーの元で修業する方法もあり、実力次第で大きく活躍できる夢が広がります。 数多くあるブランドの中から自分に合うブランドやデザイン事務所を探し出すことがデザイナーとして活躍する第一歩。情報量が豊富なキャリアカウンセラーを上手に使って、あなたの夢を実現させてください。

InfomationFF通信 最新コンテンツ