WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • 異業種出身・未経験者のためのアパレル業界転職の職務経歴書はココをアピール!【異業種出身編】

Articleファッション仕事NEWS

異業種出身・未経験者のためのアパレル業界転職の職務経歴書はココをアピール!【異業種出身編】

ハンガー

転職時の書類として必須の履歴書と職務経歴書。履歴書は決まったフォーマットがあり、順番に記入していけば完成します。しかし、職務経歴書は自由なフォーマットで今までの職歴や志望動機などを記入し、自分をアピールするための書類。採用担当者の多くは職務経歴書を中心に書類選考や面接を行うため、職務経歴書の出来栄えが転職の成功のカギとなります。

しかし、異業種から転職する方、アパレル・ファッション業界未経験の方の場合、職務経歴書の書き方を間違えると、ハンディキャップが目立ちがちです。本コラムでは異業種での経験をアドバンテージにする、未経験でもアピールできる職務経歴書のまとめ方を2回に分けて指南します。今回は、異業種からアパレルに転職する方向けです。

まずはキャリアの棚卸から!

職務経歴書をまとめるためには、今までの職歴を全て書き出す「キャリアの棚卸し」が必要です。大変ですが、細かい点まで全て書き出すことで、自分の強みやめざす方向性、強調したいポイントなどが見えてきます。

キャリアを書き出す際には、数字を添えるのが大事なポイントです。社外秘の数字は出せませんが、個人の成績や目標達成率、業務の経験年数など、可能な限り具体的に表現します。また、社内外で表彰歴がある場合は、アピールできる実績になるので、忘れずに記載しておきましょう。

職務経歴書に必要な項目とは

職務経歴書は、職務要約、職務経歴、保有している資格やスキル、自己PR、志望動機の流れで書くのが基本です。職務経歴は、「過去から記入」「現在から遡って記入」「経験職種やプロジェクト単位でまとめて記入」という3つのパターンがあります。どの形にするか、悩むところですが、即戦力として活躍できるかどうかが判断しやすい「現在から遡って記入」がおすすめです。

求人情報に合わせて方向性を決める

自分をアピールするため、職務経歴の全てを詳細に説明したくなりますが、A4で2枚程度にまとめるのが理想です。採用担当者は忙しい中、多くの職務経歴書を確認する必要があるため、だらだらと長く書いても全てに目を通してもらえるとは限りません。企業が求める人物像に合わせつつ、自分の強みが活かせる情報を取捨選択し、メリハリをつけてまとめます。書ききれなかった分は面接で語りましょう。

数字を使って具体的に記入する

職務経歴書には「プレス業務を3年経験」「バイヤーとして前年比売上130%を達成」など、具体的に数字で記入します。さらに、年間での売上実績や業務の伸び率などを表やグラフでまとめられると、採用担当者が一目でわかるため高評価です。また、数字を使って記入することで、自分のことを客観的に理解できていることのアピールにもつながります。

前職についてわかりやすく説明する

異業種からの転職の場合、採用担当者が前職の業界の仕組みや特徴について詳しくないことがほとんどでしょう。基本的な内容を省略して売上などの数字のアピールばかりが目立ったり、専門用語を多く使ったりすると、あなたの魅力が伝わりません。

限られた紙面の中ではありますが、簡潔に前職の業務内容を伝え、異業種の経験をどのようにアパレル業で活かせるのかを説明するスキルが求められます。わかりやすく伝えられれば、コミュニケーション力が高いと評価され、大きなアドバンテージになります。

実績や表彰歴、資格は強調

個人や店舗、部署での表彰歴や実績は、客観的にアピールできる絶好の機会です。また、実務で役立つ資格を持っている場合は、経験がなくても知識が備わっていることの証明になるため高評価につながります。海外とのやり取りがある企業や部署への転職を希望している場合は、外国語のスキルを証明できる資格を持っていると有利です。

志望動機は前向きに

異業種からの転職で避けて通れないのが、志望理由の納得感です。なぜ、アパレル・ファッション業界で働きたいのか?「前職での人間関係が悪かった」「やりたい仕事ができなかった」などと不満だけを語るのはNG。転職しても同様に不満を抱え、すぐに辞めてしまうのではと採用担当者に不安を抱かれてしまいます。また、ファッションが好きという理由だけでは理解してもらえないでしょう。

「前職では自分のやりたい仕事やめざすキャリアパスが実現できながったが、アパレル・ファッション業界なら経験を活かして実現できる」といった前向きな方向性でアピールすることが重要です。

自己PRはアパレル業界への情熱を語る

自己PRのコーナーでは、職務経歴で書ききれなかった自分の強みや仕事に対する姿勢、アパレル・ファッションへの情熱など、数値化しにくい思いを語りましょう。自分の長所をアピールするのは少し恥ずかしくもありますが、最終的にはブランドやファッションへの情熱が転職成功のカギを握ります。

アパレル・ファッション業界で即戦力として採用されるために、異業種での経験をアピールする職務経歴書を作るのは難しい作業で、手間もかかります。アドバンテージを明確にするためには、アパレルに強い転職エージェントに相談し、職務経歴書を一緒に作り上げるのが一番の近道です。ウィルワークスにご登録いただければ、経験豊富なキャリアカウンセラーがサポートしますので、お気軽にご相談ください。

InfomationFF通信 最新コンテンツ