WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • めざす方向別アパレル・ファッション業界のキャリアアッププラン【クリエイティブ編】

Articleファッション仕事NEWS

めざす方向別アパレル・ファッション業界のキャリアアッププラン【クリエイティブ編】

パタンナーM

ファッション好きなら、一度はファッション・アパレル業界で働いてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。本コラムは、アパレル業界のキャリアパスを、「マネジメント編」、「クリエイティブ編」、「スペシャリスト編」の3回に分けてご紹介します。今回は「クリエイティブ編」として、デザイナーやパタンナー、Webクリエイターの3つの職種についてみていきます。

デザイナーとは

服やバックなどのファッションアイテムをデザインするのが主な仕事。デザイン画の作成から始まり、素材選び、縫製の指示、サンプル作成の依頼などを行います。サンプルができあがったら確認し、必要に応じて修正を繰り返します。

デザイナーは自分のファッションセンスやデザインの力だけで勝負しているのではありません。ブランドコンセプトにふさわしく、多くの人に好まれて「売れる」アイテムを作るために詳細な市場分析を行っています。例えば、ターゲットは誰か、身に着ける場所や目的は何か、それにふさわしい素材やデザインは何か、などを考えぬいてデザインしています。

新しいものを生み出す仕事のため、大変なことも多いですが、多くの人が自分がデザインした服を身に着けたり、新しい流行を生み出せたりしたときの達成感は最高です。

めざし方

服飾やデザインの専門知識が必要になるため、未経験の場合は専門学校で知識を身につけるのが一般的です。専門学校の卒業時に、就職先をあっせんしてもらえることもあります。
また、デザイナーのアシスタントの求人は、比較的豊富なので、少しずつ経験を積み一人前をめざすのがおすすめです。

デザイナーになるために必要なスキルや経験

ヒットするアイテムを大量に生み出す、カリスマデザイナーになるために必要なスキルや経験についてご紹介します。

服飾に関する専門知識

生地や素材、縫製や型紙の起こし方など、服の作り方に関する専門知識は必須です。型紙起こしはパタンナー、縫製は縫製工場など、専門の職種や企業がありますが、実際に作る工程まで想像できると仕事がスムーズに進みます。

コミュニケーション力

デザインの魅力を伝え、形にして、販売するためには多くの人の協力が必要です。たとえば、デザインの前に、販売企画を立てるMD(マーチャンダイザー)と相談したり、デザイン後はパタンナーや縫製工場と連絡を取り合ったりなど、多くの人と関わります。皆に気持ちよく働いてもらうためのコミュニケーション力が求められます。

情報収集力

ヒットするためには、自分の作りたいものではなく、世の中が求めているデザインである必要があります。そのため、ファッション業界に限らず、日ごろから多くの情報を集め、デザインのヒントを集めておくことが重要です。

パタンナーとは

デザイナーが描いた平面のデザイン画から、型紙(パターン)を作ってサンプルを作成し、デザイナーのイメージを実際の形にする仕事。少しのずれで着心地やシルエットが変わってしまうため、高度な服飾の技術と知識が求められます。最近は、アパレルCAD(製図ソフト)を使って作業をすることが増えています。

めざし方

型紙や縫製、生地など服飾の専門知識が求められるため、専門学校で知識を身に着けてからめざすのが一般的です。未経験の場合、アシスタントの求人は比較的見つけやすいので、少しずつ経験を積んでいく方法もあります。

パタンナーになるために必要なスキルや経験

デザイナーから信頼され、着心地のよい服を生み出すパタンナーになるために必要なスキルや経験をご紹介します。

服飾の専門知識

服飾の知識は必須のため、専門学校やアシスタントとして現場で学ぶ必要があります。最近は、アパレルCAD(製図ソフト)を使うことも増えたため、操作スキルを身に着けていると有利です。

コツコツと正確に作業するスキル

ほんの少しの大きさの違いや縫い目の違いで、服の着心地や印象は変わってしまいます。正確にコツコツと細かい作業を積み上げていける人には適性があるといえるでしょう。

コミュニケーション力

デザイナーや生産管理部門、縫製会社など、さまざまな立場の人とコミュニケーションとりながら仕事を進めるため、高いコミュニケーション力が求められます。縫製工場が海外にある場合は、語学力も必要になります。

Webクリエイターとは

インターネット通販で服を購入する人が増えてきたため、アパレル各社もECサイトでの販売に力を入れてきています。実際に手に取って質感を確かめたり、試着したりできない分、アイテムの魅力や特徴をどのようにお客様に伝えるかはクリエイターの腕の見せ所。サイトでの見せ方ひとつで売上が左右されるため、シビアではありますが、達成感もあります。

また、サイト内で購入まで行うため、個人情報の管理を厳重に行う必要があり、セキュリティに関する知識も求められます。

めざし方

Webデザインを学んでから求人に応募する方法が一般的です。Webに力を入れている企業が多いため、他業種での経験がある場合、転職時に有利です。
または、販売員としてアパレル業界に入り、アパレルの見せ方や売り方などを学んでからWebクリエイターへの異動を目指す方法もあります。独学やオンライン、働きながらでも通いやすいスクールなど、学べる場所は豊富にあります。

Webクリエイターになるために必要なスキルや経験

企業の売上アップに大きく貢献するwebクリエイターになるために必要なスキルや経験をご紹介します。

Webに関する専門的な知識

デザインソフトやプログラミングなど、webに関する専門的な知識が必要です。プログラミングに関しては専門職もありますが、知識があると作業がスムーズです。Webは常に進化しているので、最新の情報を学び続ける努力も求められます。

マーケティング力

Webには店舗とはまた違った、売れる見せ方や売るためのノウハウがあります。最近ではSNSの活用も重要なポイントです。どのようなサイトで、どのように見せたら売れるのかといった、マーケティング力も求められます。

次回はアパレル・ファッション業界のキャリアアッププラン【スペシャリスト編】をお届けします。

InfomationFF通信 最新コンテンツ