WILL WORKS ウィルワークス アパレル・ファッション業界をよく知る転職支援・人材紹介サービス「ウィルワークス」

WILL WORKS ウィルワークス

  • TOP
  • めざす方向別アパレル・ファッション業界のキャリアアッププラン【マネジメント編】

Articleファッション仕事NEWS

めざす方向別アパレル・ファッション業界のキャリアアッププラン【マネジメント編】

 M アパレルショップ

憧れのアパレル・ファッション業界で、いつかは働いてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、身近な販売員を除いて、どのようなキャリアパスがあるのかはあまり知られていません。

本コラムでは、アパレル業界でめざせるキャリアパスについて、「マネジメント編」、「クリエイティブ編」、「スペシャリスト編」の3回に分けてご紹介します。初回は「マネジメント編」として、店長とエリアマネージャーについて、見ていきます。

店長とは

店舗の責任者として魅力的な店舗を作り、売上や利益を拡大することが求められます。そのため、店舗の売上や在庫の管理、店内のレイアウトやディスプレイ、スタッフの指導やシフト管理、クレーム対応など、店舗のすべての業務の責任が店長にあります。仕事量と責任が増えますが、やりがいも大きく、給与も一般の店員よりアップします。

時には、本社やエリアマネージャーから販売促進やプロモーションの企画提案を求められることがあります。よりブランドの魅力を多くのお客さまに伝える喜びや楽しさをより味わうことができるでしょう。

めざし方

店員として働きながら経験を積んで店長になるのが一般的です。店長を目指すと決めたら、早めに店長に相談し、少しずつ仕事を教えてもらうとよいでしょう。
また、アパレルの経験がなくても、販売やサービスでリーダー職の経験がある場合、店長職の求人にも応募可能です。

店長になるために必要なスキルや経験

スタッフに慕われ、上司となるエリアマネージャーからも信頼が厚い店長になるためには、店員のうちに身につけたおきたいスキルや経験がいくつかありますので、ご紹介します。

マーケティング力

売上を伸ばすためには、お客様が何を望んでいるのかを的確に判断し、対応する必要があります。来店したお客様だけでなく、店舗があるエリアのお客様のニーズを把握し、商品やレイアウトに反映させていく力が求められます。

チームをまとめる力

店舗全体をまとめるためには、スタッフと良好な関係であることが重要です。店長の評価が気になって、なかなか悩みや不安を言い出せないスタッフもいます。そのようななかでも、接客で培ってきたコミュニケーション力を活かしてスタッフの本音を聞き出せれば、チームとしての一体感をもって働ける職場づくりができるでしょう。

自ら課題を見つける力

上司にあたるエリアマネージャーからアドバイスをもらうことはあるものの、自ら店舗の問題点や課題を発見し、解決策を考えていく力が必要です。店員として現場で働いている頃から課題を明確にして、店長に提案したりスタッフを巻き込んで解決すしたりする経験を積んでおくと、管理職としての判断力を養うことができます。

部下を指導する力

マネージャーは、チーム全体で結果を出すことを求められるため、部下の育成がカギを握ります。模範となるような接客をしたり、ほめて伸ばしたりと、状況に応じた多様な指導ノウハウが必要です。部下が力をつけてきたら、自らの仕事を部下に託し、全体の統括や店舗運営の改善に力点を置くということも可能になります。

エリアマネージャーとは

担当となるエリア(地域)の複数の店舗を統括し、エリア全体で売上を増やしていくことが使命です。立地や規模が異なる店舗を客観的に分析し、営業戦略を立て、店長と連携しながら売上目標を達成します。本社からの指示を各店舗にフィードバックするのも、エリアマネージャーとしての大事な役割です。本社勤務となる企業が多く、給与も大きくアップします。

めざし方

店長として十分にマネジメントの経験を積んでから、エリアマネージャーにステップアップ。より自分の強みを活かせるブランドへの転職もめざせます。アパレル・ファッション業界は未経験でも、複数のチームを管理した経験があれば、他業種からの転職も可能です。

エリアマネージャーになるために必要なスキル・経験

店長からも、本社からも一目置かれるエリアマネージャーになるために必要なスキルや経験についてご紹介します。

情報収集・データ分析力

担当エリアの売上拡大のためには何が必要か、さまざまな情報を収集・分析し、戦略を立てます。各店舗の売上数値、在庫数、来店者数など多くの数字を管理する必要があるため、分析力や業績管理スキルも重要です。

目標から逆算して計画する力

担当エリアには売上目標があります。達成のためにはいつまでに何をしたらよいか、目標から逆算して計画を立て、実行する力が必要です。着実に目標達成をしていくことで、営業スキルもアップし、MD(マーチャンダイザー)などへステップアップしやすくなります。

コミュニケーション力

本部からの指示や自分が企画した営業戦略を各店舗に伝え、実行するためには日ごろから良好な関係を築いておく必要があります。気持ちよく協力してもらえるような、高いコミュニケーション力が求められます。

次回は、アパレル・ファッション業界のキャリアアッププラン【クリエイティブ編】をお届けします。

InfomationFF通信 最新コンテンツ